合唱

★作曲 〈小さな木〉〜Tinkle Tree〜 20161204

01_題名
〈小さな木〉〜Tinkle Tree〜 20161204  ちいさな き てぃんくる とぅりー
原題:小さな木
副題:Tinkle Tree
ピアノ教室の小さな生徒のための教材として1992年に書かれた連弾曲がオリジナル。、後に連弾曲集《小さな挿絵》の第3曲として編入(後でリンク設定します)。2005年に作家で詩人の寮美千子さんに詞を付けて戴きましたが、これはその稿から更に2016年12月4日の『聖夜に祈る クリスマスコンサート』のアンコール曲として出演者全員で演奏可能なように書下された稿です。

02_形式

(現時点では)単独の小品

03_編成

① Soprano solo, Ténor solo, Chœur de femmes et Piano
② [Sop,Ten,Co.fem(3/2/2),Pf] 略記の説明

04_作詩

寮 美千子

05_作曲

髙橋 喜治

08_献呈

献辞:鶴岡恵,  望月裕央,  女声ア・カペラアンサンブル N*G, 関美奈子,   「聖夜に祈る クリスマスコンサート」
そして、寮美千子と総ての生き物と地球と宇宙の平和のために   

09_完成の日付
2016年10月29日(土)

11_初演

2016年12月4日(日)14時開演 サンハート 音楽ホール 聖夜に祈るクリスマスコンサート Sop/鶴岡 恵 Ten/望月裕央 Co.fem/女声ア・カペラアンサンブルN*G Pf/関 美奈子

12_改訂初演


13_演奏記録

♪2017年12月17日(日)19時開演 サンハート 音楽ホール 聖夜に祈る クリスマスコンサート Sop/鶴岡 恵 Ten/望月 裕夫 Co.fem/アンサンブルN*G Pf/関 美奈子

14_録音

媒体
出版
販売

15_楽譜

原譜:コンピュータ楽譜浄書ソフトファイル(高橋喜治が所有)
複製:PDF(作曲者と初演奏者が所有)
印刷:②の印刷
出版:音楽工房Amakane(Amakane出版)よりPDF無料公開中(2016年12月27日まで) 
販売:Haruan shop(来年予定)

16_作品について

オリジナルピアノ連弾曲は1分にも充たない極短い小品でしたが、寮美千子さんが3コーラス分の歌詞を付けてくださったのでそれなりの長さになりました。寮美千子さんのご了承の下に、最後に第1連(1コーラス目)の第3行,第4行を繰返しています。

17_関連情報

寮美千子さんのオリジナル歌詞の掲載ページ

18_備考


このページのトップ

| | トラックバック (0)

★作曲〈花の子供〉(アカペラ)

01_題名
〈花の子供〉(アカペラ)  はな の こども あかぺら
原題:花の子供  はな の こども

副題:なし
ジャンル名:無伴奏混声三部合唱曲
作曲者のピアノ教室の小さな生徒のための教材として1993年10月に書かれた連弾曲集《小さな挿絵》第4曲がオリジナル。2005年に作家で詩人の寮美千子さんに詞を付けて戴き声楽曲に生まれ変わりましたが、2010年にソプラノの鶴岡恵さんを通じて声楽トリオの“ももたらう”を知り、その編成のためにリメイクした(備考欄参照されたし)。

02_形式

単独の小品

03_編成

②[Sop, Cont, Ten]

04_作詩

寮 美千子  りょう みちこ

05_作曲

髙橋 喜治  たかはし よしはる

06_編曲



07_委嘱

なし

08_献呈



09_完成の日付

2010年10月18日(月)

10_改訂の日付



11_初演

2013年11月3日(日)大倉山記念館
アンサンブル大倉山 in 大倉山 秋の芸術祭2013 アカペラコーラスによる歌の集い
演奏/アンサンブル大倉山

12_改訂初演



13_演奏記録



14_録音

媒体
出版
販売


15_楽譜

原譜:コンピュータ浄書ソフトファイル
複製:PDF
印刷:②の印刷したもの
出版 
販売


16_作品について

前述のように、声楽グループ“ももたらう”の編成に合わせて彼らに提供したものの、彼らによる発表はされず、2013年の大倉山記念館での秋の芸術祭におけるアンサンブル大倉山の皆さんによって初演がなされました。
原曲とは和声付けも少し異なり、殊に2コーラス目からは転調を繰返して行き、原曲とはまた違った趣となっています。

17_関連情報

歌詞掲載ページ:HARMONIA:Voice/寮美千子の詩

18_備考




このページのトップ
 

| | トラックバック (0)

★作曲〈時〉(アカペラ)

01_題名
作者のウェブページ上での分類表記 〈時〉(アカペラ)  とき あかぺら
主たる題名 時  とき
英語の題 Hometown in the twilight
  歌の作者自身に拠るアカペラ用編曲作品


02_形式

単独の無伴奏合唱掌品

03_編成

② Coro a cappella a 5 parti [Sop, M-Sop, Cont, Ten, Bas]
  ※初稿では[2Sop,Cont,2Bas]でしたが、実質 音に違いはありません


04_作詩

作曲者

05_作曲

髙橋 喜治 (たかはし よしはる)

06_編曲

作曲者

07_委嘱



08_献呈



09_完成の日付

2006年12月21日
オリジナルソングは1974年頃

10_改訂の日付



11_初演

♪2007年11月3日(土)大倉山記念館 第5集会室 久し振りの歌の集い
演奏&主催:アカペラコーラス/アンサンブル大倉山
 

12_改訂初演



13_演奏記録

♪2013年11月3日(日)大倉山記念館 3階 第4集会室 アカペラコーラス/アンサンブル大倉山
2018年11月3日(土)大倉山記念館 3階 第4集会室 アカペラコーラス/アンサンブル大倉山 


14_録音

媒体
出版
販売


15_楽譜

原譜:コンピュータ浄書ソフトファイル。ソングである原曲は手書譜
複製:PDF
印刷:②の印刷
出版 
販売


16_作品について

作者は、幼稚園に通っていた途中(2年目)で引越したのでしたが、ある日、12年振りかで郷里を訪れたことがありました。その時「こんなに小さかったっけ?! こんなに狭かったっけ?!」と、その場所の大きさや広さの感覚が、想い出の中の幼年期の印象からは余りにもギャップがあり違和感を覚えたものでした。
帰りの駅のホームに佇んで暮れ行く郷里の街を眺めながら人生の時の流れに対する感慨に耽っていたその時に、作者の背後で通過電車が忙しく過ぎて行き…
そうしたちょっとした体験から生まれた歌なのです。

17_関連情報


18_備考




このページのトップへ
 

| | トラックバック (0)

★作曲〈YAISAMANENA〉version 9

01_題名
YAISAMANENA version9  やいさまねな ゔぁーじょん きゅう
YAISAMANENA
ヤイサマネナ
なし



02_形式

単独の作品: 1995年に作曲されたオリジナル合唱曲ピアノとハープと打楽器7奏者付(後でリンク設定)の異なる編成・機会のための1ヴァージョン。

03_編成

アカペラコーラス[Sop, Cont, Ten, Bas]

04_作詩

飯島 星 いいじま せい

05_作曲

髙橋 喜治 たかはし よしはる

06_編曲



07_委嘱

トヨタカレリア事業室

08_献呈



09_完成の日付

1996年6月3日

10_改訂の日付



11_初演

1996年8月9日 かささぎホール
Sop/関東美樹 Cont/村田悦子 Ten/中館伸一 Bas/根岸一郎

12_改訂初演

♪2013年(後で追記)

13_演奏記録



14_録音

媒体
出版
販売


15_楽譜

原譜: 手書 後にコンピュータ浄書ソフトファイル
複製
印刷
出版 
販売


16_作品について



17_関連情報

歌詞掲載のページ: YAISAMANENA:風に舞う葉

18_備考




このページのトップ
 

| | トラックバック (0)