« 2014年6月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

★編曲・改訂 《オーヴェルニュの歌》

01_題名 ①《オーヴェルニュの歌》 (おーゔぇるにゅ の うた)
     ②原題:CHANTS D'AUVERGNE DE CANTELOUBE
     ③和訳:カントルーブのオーヴェルニュの歌
02_形式 組曲
      1 UNO JIONTO PASTOURO(可愛い羊飼いの娘)
        2 LOU DIZIOU BÉ(みんなよく言ったもの)
        3 LA DELAÏSSÁDO(捨てられた女)
        4 DEUX BOURRÉES(ふたつのブーレ)
         a)N'aï pas iéu de mîo(私には恋人がいない)
          Interlude(間奏曲)
         b)Lo Calhé(うずら) 

03_編成 Flûte, Violon, Violoncelle  et  Clavecin (フルート、ヴァイオリン、チェロ、チェンバロ)
04_作詩 カントルーブのオリジナルでは民謡の歌詞がある。
05_原曲 オーヴェルニュ地方の民謡
06_編曲 オリジナルスコア(ソプラノとオーケストラ):カントルーブ
     Bouquet des Tonsのための室内楽編曲:髙橋 喜治
07_委嘱 Bouquet des Tons 2004年/2016年
08_献呈 
09_完成の日付 2004年3月14日(日)
10_改訂の日付 2016年8月28日(日)
11_初演 2004年7月11日(日) すみだトリフォニー小ホール 
     Bouquet des Tons Vol.14
12_改訂初演 2016年9月4日(日) すみだトリフォニー小ホール
       Bouquet des Tons Vol.29
13_演奏記録 改訂以前についてはこちらを参照下さい。(後ほどリンク設定します)
14_録音
15_楽譜 ①原譜:コンピュータ浄書電子ファイル 高橋喜治が所有
      ②複製:PDF Bouquet des Tonsのメンバーと高橋喜治が所有
16_作品について
17_関連情報 風の耳 こぼれおちる月 Bouquet des Tons のブログ
18_備考




このページの先頭へ

| | トラックバック (0)

★作曲 “海の子供”

01_題名
“海の子供” 
原題:海の子供
1999年三重県の現代邦楽グループ真珠(あらたま)の委嘱作品《三つの影像》の第1曲として尺八と二面の筝と十七絃のために書かれたものが最初のオリジナル。その後いくつかのヴァリアントを作っている※1(それらについては後でリンク設定します)。2005年に詩人で作家の寮美千子さんに作詞して戴き、歌曲集《季節の子供》に編入。

02_形式
歌曲集《季節の子供》(作詞:寮 美千子)※2の第2曲

※2
歌曲集《季節の子供》
     1 花の子供
     2 海の子供
     3 山の子供
     4 雪の子供


03_編成 

ソプラノとピアノ

04_作詞
寮 美千子

05_作曲
髙橋 喜治

09_完成の日付

2016年8月14日(楽譜に記載無し。歌曲版の最初は2005年。オリジナル邦楽アンサンブル曲は1999年)

11_初演

2016年12月4日(日)14時開演 サンハート 音楽ホール 聖夜に祈るクリスマスコンサート Sop/鶴岡 恵 Pf/関 美奈子

13_演奏記録


14_録音

媒体
出版
販売

15_楽譜

原譜 コンピュータ浄書ソフトファイル(作曲者が所有)
複製 PDF(作曲者と初演演奏者が所有)
印刷 ②の印刷(初演者が所有)
出版 音楽工房Amakane(近日予定)
販売 Haruan shop (近日予定)

16_作品について

作曲者の少年時代の想い出に基づいている。
また後で追記します。

17_関連情報

寮美千子さんの詩の掲載ページ⇒VOICE
♪聖夜に祈る クリスマスコンサート:風の耳

18_備考

DTM版の試聴:♪海の子供♪



このページのトップ 
 

| | トラックバック (0)

★作曲 “花の子供”(歌曲)

01_題名
“花の子供”(歌曲)
原題:花の子供
作曲者のピアノ教室の小さな生徒のための教材として1993年10月に書かれた連弾曲集《小さな挿絵》第4曲がオリジナル。2005年に作家で詩人の寮美千子さんに詞を付けて戴き声楽曲に生まれ変わりましたが、これはその声楽曲としての二度目のヴァージョン。※1(一度目については後でリンク設定します)

02_形式
歌曲集《季節の子供》(作詞:寮 美千子)※2の第1曲

※2
歌曲集《季節の子供》
     1 花の子供
     2 海の子供
     3 山の子供
     4 雪の子供


03_編成 

ソプラノとピアノ

04_作詞
寮 美千子

05_作曲
髙橋 喜治

09_完成の日付

2016年8月12日(楽譜に記載無し。歌曲版の最初は2005年。オリジナル連弾曲は1993年)

11_初演

2016年12月4日(日)14時開演 サンハート 音楽ホール 聖夜に祈るクリスマスコンサート Sop/鶴岡 恵 Pf/関 美奈子

13_演奏記録


14_録音

媒体
出版
販売

15_楽譜

原譜 コンピュータ浄書ソフトファイル(作曲者が所有)
複製 PDF(作曲者と初演演奏者が所有)
印刷 ②の印刷(初演者が所有)
出版 音楽工房Amakane(近日予定)
販売 Haruan shop (近日予定)

16_作品について

はじめにピアノ教室の小さな生徒のための教材としてのピアノ連弾曲として書かれてから以降さまざまなヴァージョンを作る機会がありました(参考⇒風の耳過去記事)が、いずれにしても掛替えのない育ち行くいのちに対する想いと母なるものへの想いに根差したイメージによる小品です。

17_関連情報

寮美千子さんの詩の掲載ページ⇒VOICE
♪聖夜に祈る クリスマスコンサート:風の耳
 


18_備考




このページのトップ
 

| | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2016年9月 »