« 2013年12月 | トップページ | 2016年8月 »

2014年6月

★作曲 〈大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある〉version 6

01_題名
〈大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある〉version 6  (おとな は ておくれ かも しれない が こどもたち に つたえなければならないこと が ある ゔぁーじょん ろく)
 大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある ヴァージョン6
③英訳:Adults may be too late, but I have to inform children.(初出:2015年2月15日 YouTube HarouenのChannel

02_形式

2014年に作曲されたオリジナル合唱曲ピアノ伴奏付(後でリンク設定)の異なる編成・機会のための1ヴァージョン。

03_編成 

① Soprano, Ténor, Flûte, Violon, Violoncelle et Piano
② [Sop, Ten, Fl, Vn, Vc, Pf]

 

04_作詩 
山崎 康彦 (やまざき やすひこ)

05_作曲
 

髙橋 喜治

09_完成の日付
 

2014年6月16日(オリジナルは2014年2月20日)

11_初演


13_演奏記録


14_録音

媒体:CD
出版:音楽工房Amakane
販売:2014年10月1日より、Haruan shop, 音楽工房Amakane, CD録音での作者&演奏者(現定数)にて販売

15_楽譜

原譜:コンピュータ浄書原稿(高橋喜治所有)
複製:PDFを初演演奏者と作曲者が所有
印刷:②を印刷したものを製本。演奏者と作曲者が所有
出版:音楽工房Amakaneより予定
販売:Haruan shop より予定


16_作品について


「【市民革命派】のネットジャーナリスト&社会政治運動家」でいらっしゃる山崎康彦さんの放送番組YYNewsLiveでの「どなたか作曲くださいませんか?」という呼掛に応えて混声合唱とピアノという編成で書下したのが2014年2月20日のことでしたが、演奏してくださる合唱団を募集するもなかなか決まらず、その後山崎さんよりCD化のお話を戴き、その時点で考えられるベストな編成[Sop,Ten,Fl,Vn,Vc,Pf]での、このversion6を新たに書下したのが同年6月16日でした。

3.11以降、私は言い知れぬ恐怖を覚えたものですが、何故?! 何故?! 何故?! という強い疑念から、藁をも掴む思いで情報を収集していました。その結果得られた認識の核となるものとは、人類を破滅に導く原子力政策を抱えた体制 その不条理 努力すればするほど破滅に至るしかない、その不条理でした。元々原子力政策とは決して電気のために在るのではなく、戦争のため、戦略のために在るのでしたが、福島第1原発事故は、1986年に起きたチェルノブイリの事故(参考⇒Wikipedia)からの教訓もほとんど活かされないまま、今も尚、生命の被曝と生存環境の汚染を齎し続けているわけです。

私にとって、この〈大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある〉の作曲は、事故後の絶望から何らかの希望の糸口を見出すに至るプロセスでもあったのでしたが、曲は終盤の“祈り”に向って形作られました。

山崎さんの詩は脚韻を踏んだ形式美を持った言葉でしたが、第三連が、他の連より一行分少なかったことが、この作品を劇的形態へと導いてくださった大きな要因でもありました。戦争に触れた第三連は重く、要であると思います。この第三連の御陰で、後々の更なる劇的流れへと繋がって行けたのでした。

恐らく私の作品群の中では異色の存在となるとは思いますが、“祈り”という点では〈父は空 母は大地〉と同等の切実さを持った創作であったとは思います。

17_関連情報
風の耳:〈大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある〉
歌詞⇒ブログ:風に舞う葉
ブログ:風の耳
作詞者 山崎康彦さんのブログ:杉並からの情報発信です
          ツイキャス:YYNewsLive

18_備考

視聴1:大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある ヴァージョン6 - YouTube

視聴2:大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある ヴァージョン6s 抜粋 - 短縮版 - その1【Excerpt 1】- YouTube

視聴3:大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある ヴァージョン6s 抜粋 - 短縮版 - その2【Excerpt 2】- YouTube


このページのトップ

| | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2016年8月 »