« ★作曲 《月巡りの歌》より “4月”(...樹) | トップページ | ★作曲 《月巡りの歌》より“3月”(…海の雪) »

★作曲 《月巡りの歌》より“4月”(…美しき御寺に風は時折海の予感を運び)

01_題名
《月巡りの歌》より“4月”(…美しき御寺に風は時折海の予感を運び)
   (つきめぐり の うた より しがつ うつくしき みてら に かぜ わ ときおり うみ の よかん を はこび) 
 4月 (しがつ)
  標題の(…美しき御寺に風は時折海の予感を運び)は、ドビュッシーの《前奏曲集》に倣って、楽譜の曲の終りに記されている。
(...The majestic temple where the wind occasionally brushes it with odor of the sea)APRIL from MOON VOYAGE SONGS(初出:奈良英子:CD「サティ:スポーツと気晴らし」)

02_形式

一曲集の中の一曲

03_編成
ピアノ

04_作詩
なし

05_作曲
高橋 喜治

06_編曲
なし

07_委嘱
なし

08_献呈
なし

09_完成の日付

1997年11月26日(水)

10_改訂の日付
なし

11_初演
1997年12月6日(土)テラノホール(横浜市磯子区) 髙橋喜治音楽展      演奏 ピアノ/磯川美香

12_改訂初演
なし

13_演奏記録
♪2000年9月16日(土)横浜美術館 グランドギャラリー 『中国文明展「クラシック・ライブ」』
♪2000年12月12日(火) みなとみらい小ホール 奈良英子 ピアノリサイタル ピアノ/奈良英子

♪2001年9月7日(金) 横浜市吉野町市民プラザホール フライデー・コンサートVol.71「語りと音楽の夕べ」 ピアノ/奈良英子
♪2001年11月23日(火) テラノホール 火曜コンサート「秋の日の午後 二人のピアニストによるコンサート」 ピアノ/奈良英子
♪2007年9月26日(水) サンハート音楽ホール ピアノとフルートのコンサート アンコール ピアノ/奈良英子

♪2007年10月12日(金) ムジカーザ ぼっくすおふぃす・朗読さろんVol.5 お月さまのかお ピアノ/奈良英子
♪2008年5月31日(土) 森の風「森の集会場」 風と花のコンサート ピアノ/北絵三子
♪2008年7月20日(日) 熊埜御堂 雅夫邸(宇佐市) ミニコンサート ピアノ/北絵三子

♪2008年7月27日(日) 森の風レストラン「かなかな」 若い芽を育てるハートフルコンサート2008 台湾プレステージ ピアノ/北絵三子
♪2008年7月31日(木) 慈光保育園(宇佐市) 慈光保育園ミニコンサート ピアノ/北絵三子
♪2009年12月20日(日) 
永山公民館 5F ベルブホール ピアノリサイタル“ちょっと素敵な日曜日の夜” ピアノ/奈良英子
♪2014年3月30日(日) 八戸市公民館ホール 諏訪内昌子ピアノリサイタル ピアノ/諏訪内昌子


14_録音
1)CD 奈良英子「サティ:スポーツと気晴らし」所収。2003年12月15日発売 ナミ・レコード WWCC-7464
2)自主制作CD 「ぼっくすおふぃす朗読さろんVol.5「お月さまのかお」所収。2007年 音楽工房Amakane  

15_楽譜
①原譜:1)手書原稿 2)コンピュータ浄書電子ファイル 高橋喜治が所有
②複製:PDF 高橋喜治が所有
③印刷:②を印刷したもの
④出版:2013年 音楽工房Amakane
            2017年9月1日(金) Haruan Shopより電子出版

16_作品について
この作品はドビュッシーへのオマージュです。私が作曲家を志す契機になったのがドビュッシーの音楽との出会で、小学校6年生の時に将来の夢を作文に「ドビュッシーのような作曲家になる」と書いたほどでした。(因にそれ以前にはベートーヴェンやシューベルト - チャイコフスキー - ドヴォルザークなどを始めとした古典からロマン派の音楽、と言っても、ブラームス - マーラー - ブルックナー - ワーグナーはほとんど聴きませんでした...。それからルロイ・アンダースンや映画音楽、それに兄姉がよく聴いていた当時流行のシャンソン(フレンチ・ポップス)やカンツォーネ(イタリアン・ポップス)などを一緒によく聴いていました。ドビュッシーの後は、ラヴェル - レスピーギ - ストラヴィンスキー - バルトーク - メシアン - 現代音楽 - モダンジャズ - 民族音楽(特にアフリカとアイヌ) - 民俗音楽 - ルネッサンス(特にデュファイ) - イタリア・オペラ(レスピーギ - プッチーニ - ヴェルディ) - ムソルグスキー - ヤナーチェク - コダーイ - シューマン - ブラームス - マーラー - モーツァルト - バロック(特にバッハ) - 日本の伝統音楽 -  と いろいろ遍歴を重ねましたが、灯台下暗しの日本の伝統音楽についてはこれからもっと知りたいと思っています。まったく駄目なのは、と言うか無知な領域は演歌・歌謡曲・ロック、それに流行にはほとんど関心がない... トータルしてドビュッシーとラヴェルは今までの人生で一番多くの時間を割いている長い付合いだったと思います。尚自らの前衛はこれからがいよいよ本番だと思ってます。)
以下、転載。

初めて横浜市磯子区に在る宝積寺を訪れた時の印象 - 春の風が木々を揺らし、その葉と葉の間から漏れる木洩れ日や、そよぐ風の音や香り、鳥の囀りなど それらが春の気分と混然一体となった目眩く印象 - に基づいて、ドビュッシーの語法の尊敬の念を込めたパロディで作曲。 

〜2001年に開かれた奈良英子さんのリサイタルのために書いたプログラムノートより

転載、以上。(2014年6月4日記 高橋喜治)

17_関連情報
Nami Records co.,Ltd.(CD 奈良英子「サティ:スポーツと気晴らし」広告)
♪諏訪内昌子さんのピアノリサイタル 明後日(30日)八戸で: 風の耳
宝積寺ウェブサイト→テラノホール  

【YouTube】にて公開(2016.2.18)

18_備考


|

« ★作曲 《月巡りの歌》より “4月”(...樹) | トップページ | ★作曲 《月巡りの歌》より“3月”(…海の雪) »

作曲」カテゴリの記事

独奏曲」カテゴリの記事

ピアノ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31162/59757466

この記事へのトラックバック一覧です: ★作曲 《月巡りの歌》より“4月”(…美しき御寺に風は時折海の予感を運び):

« ★作曲 《月巡りの歌》より “4月”(...樹) | トップページ | ★作曲 《月巡りの歌》より“3月”(…海の雪) »