« ★作曲 《月巡りの歌》より“4月”(…美しき御寺に風は時折海の予感を運び) | トップページ | ★作曲 《月巡りの歌》より“3月”(…小さな讃美歌) »

★作曲 《月巡りの歌》より“3月”(…海の雪)

01_題名 ①《月巡りの歌》より“3月”(…海の雪) (つきめぐり の うた より さんがつ うみ の ゆき)
        ②原題:3月 (さんがつ)
          標題の(...海の雪)は、ドビュッシーの《前奏曲集》に倣って、楽譜の曲の終りに記されている。
        ③英訳:(...Snow on the Sea)MARCH from MOON VOYAGE SONGS(初出:奈良英子CD「サティ:スポーツと気晴らし」2003

02_形式 一曲集の中の一曲
03_編成 ピアノ
04_作詩 なし
05_作曲 高橋 喜治
06_編曲 なし
07_委嘱 なし
08_献呈 なし
09_完成の日付 1997年11月29日(土)
10_改訂の日付 2006年8月23日(水)...出版に際しての校正の日付として楽譜の最後に記載。
           手書原稿からコンピュータ楽譜作成ソフトで浄書する際に、拍子記号の位置やトレモロの音価の変更など書き方の上での変更が多少行われた。(鑑賞上での違いはほぼ生じてない。)


11_初演  1997年12月6日(土)テラノホール(横浜市磯子区) 髙橋喜治音楽展
      演奏 ピアノ/磯川美香
12_改訂初演 なし ...厳密に言うと、北矢由美さんのリサイタルの時に1小節だけなおし、その後も何度か別のピアニストの演奏会でそのバージョンが再演されたが、2014年以降では元に(奈良英子さんのCD収録時のものと同じに)戻している。

13_演奏記録
♪2000年12月12日(火) みなとみらい小ホール 奈良英子 ピアノリサイタル ピアノ/奈良英子
♪2001年2月1日(木) モントリオール大学 西川アンサンブル・ワークショップ ピアノ/奈良英子

♪2001年4月27日(金) 松山市民会館 北矢由美ピアノリサイタル ピアノ/北矢由美
♪2001年5月22日(火) トッパン・ホール 北矢由美ピアノリサイタル ピアノ/北矢由美

♪2001年9月7日(金) 横浜市吉野町市民プラザホール フライデー・コンサートVol.71「語りと音楽の夕べ」 ピアノ/奈良英子
♪2001年11月23日(火)テラノホール 火曜コンサート「秋の日の午後 二人のピアニストによるコンサート」 ピアノ/奈良英子

♪2005年10月28日(金) 港南区民文化センター ひまわりの郷 笛は歌い、ピアノは奏でる〜バレエと共に〜 モダンバレエ/井上節子 ピアノ/奈良英子

♪2007年10月12日(金) ムジカーザ ぼっくすおふぃす・朗読さろんVol.5 お月さまのかお ピアノ/奈良英子

♪2008年5月31日(土) 森の風「森の集会場」 風と花のコンサート ピアノ/北絵三子

♪2008年7月20日(日) 熊埜御堂 雅夫邸(宇佐市) ミニコンサート ピアノ/北絵三子

♪2008年7月27日(日) 森の風レストラン「かなかな」 若い芽を育てるハートフルコンサート2008 台湾プレステージ ピアノ/北絵三子

♪2008年8月26日(火) 國立台南大學雅音樓 台灣・日本音樂交流盛會 蓬瀛交響樂音樂會(若い芽を育てる ハートフルコンサートin台湾) ピアノ/北絵三子

♪2008年8月27日(水) 高雄市音樂館演藝廳 台灣・日本音樂交流盛會 蓬瀛交響樂音樂會(若い芽を育てる ハートフルコンサートin台湾) ピアノ/北絵三子

♪2008年8月28日(木) 屏東縣中正藝術館演芸廳 
台灣・日本音樂交流盛會 蓬瀛交響樂音樂會(若い芽を育てる ハートフルコンサートin台湾) ピアノ/北絵三子
♪2012年10月18日(木) 昭和音楽大学ユリホール 平成24年度教員・研究員研究発表 ピアノ/奈良英子
♪2013年6月2日(日) 高木学園2Fホール ピアノと笛のコンサート〜楽しいお話を交えて〜 ピアノ/奈良英子
♪2014年3月30日(日) 八戸市公民館ホール 諏訪内昌子ピアノリサイタル ピアノ/諏訪内昌子

14_録音 1)CD 奈良英子「サティ:スポーツと気晴らし」所収。2003年12月15日発売 ナミ・レコード WWCC-7464
     2)自主制作CD ぼっくすおふぃす朗読さろんVol.5「お月さまのかお」所収。2007年 音楽工房Amakane  

15_楽譜 ①原譜:1)手書原稿 2)コンピュータ浄書電子ファイル 高橋喜治が所有
      ②複製:1)手書原稿のコピー 2)PDF 高橋喜治他演奏者が所有
      ③印刷:②の2)を印刷したもの
      ④出版:2013年 音楽工房Amakane
            2017年2月 電子出版開始(ホームページ

16_作品について 1997年1月に日本合唱指揮者協会からの委嘱により作曲(大変僭越ながらアイヌ語による作詞も自ら)いたしました〈YUKAR fragment〉が初演されました(後でリンク設定します)が、当時より私はアイヌ民族の音楽・言語・文化に傾倒していました。同じ頃、私が知っていたアイヌ民謡の幾つかを編曲して発表したいとも考えて、一曲が3分にも充たない歌のその歌詞を楽譜に書くために何ヶ月もかかってしまいましたが、同じ年の3月に、その民謡についての「手がかり」を求めて、その民謡の発祥の地である白老を私は訪れたのです。そうしたプロセスの中で、私は改めてアイヌ民族と日本の関係史を知ることになりました。それは民謡の解釈と〈YUKAR fragment〉の着想に多大な影響を与えましたが、そうしたプロセスの余波として生まれたのが、この“3月”(…海の雪)であると言えます。

この“3月”(…海の雪)は、「表意性」に拘った作品であると言えます。これまた僭越ながら、メシアンの「伝達可能な音楽」を、私なりにその方法を考えた作品である とも言えると思います。それは客観的真理に基づくもので、聴く人が「それ」を知ってさえいれば、その音楽は「それ」であると解る音楽を考えました。
ですから、初演の時は、プログラムにも解説を掲載しませんでした。言葉が付与されて解るのではなく、言葉の伴わない音楽そのものによって、ある意味が伝達されることを望んでいたからでした。それでも、後々再演の時には主催者の求めに応じて、曲が生まれる背景のようなものとして何度かプログラム・ノートを書きました。「それ」については後回しにして、先にそれらの中のひとつを以下にご紹介いたします。

以下、転載。

“3月”(…海の雪)

「海の雪」とは、以前作曲者が、ある民謡についての手がかりを求めてアイヌモシリ(北海道)のシラウォイ(白老)を訪れた時に見た海に降り注ぐ雪のことであり、曲はその印象に基づいて書かれた。 凍てつく透明な大気の中、降り注ぐ雪をただ一向《ひたすら》に吸い込んでゆくばかりの海 ーその「海」とは、癒しても癒しても尚癒しきれることの決してないであろう深い傷のような深淵を視えざるその底に秘めたー そんな恐ろしい「海」であるにも関わらず、その海の景色はあまりにも美しく、私は寒さも忘れてそれに魅了され暫し佇んでいたのを、恰もそれが「罪」であったかのように思い起こすのである。

~「北矢由美ピアノリサイタル」(2001年5月22日 トッパンホール)プログラムノートから

転載、以上。

文中1行目の「ある民謡」とは、前述の民謡のことで、〈YUKAR fragment〉が初演された同じ1997年の12月に初演の《三つのアイヌ民謡》の第三曲 “iyohay-ocis” のことです。(後でリンク設定します) 
また、終りから2行目にある「罪」について、ある音楽家から「それは“原罪”のことですか?」と問われたことがあり、私はその時それを肯定したのでしたが、その後で「原罪」と言うよりは日本人としては「穢れ」と言った方が適っていたかも知れないと思い直したことがありました。しかし聖書では、人類最初の音楽家はユバルであり、その祖先は人類最初の殺人者(同胞殺し)でした。そういう意味で結局のところ、「原罪」でも「穢れ」でも、どちらでもいいのですが、「深い傷のような深淵」を秘めた海に、その美しさに魅了されればされるほど罪障感に嘖まれるといったアンビバレンツに私は捕われていましたし、その「傷」はいつしか私自身の心の底にも宿り拡がり始めたのです。
「癒しても癒しても尚癒しきれることの決してないであろう」という表現は、決して癒されないと思うことで癒されるような気がする そんな気持から出た言葉であったと今思うのですが、そうした魂を鎮める意味としての「それ」がこの音楽であり、まさにこの曲の演奏自体が「それ」であることを願って作曲した と言っても、作曲を始める前からそれを意図していた訳ではなく、作曲を始めて、そのプロセスの途中で、そのことを発見したと言った方が正しいです。その発見の瞬間というのは天と地の間に何かが繋がって一気に電流が流れて自然と涙が溢れてくる瞬間なのですが、あまりこういうことを話しますと「胡散臭い人」と思われるようですので止めておきます。(でも本当だからしょうがない...。)

さて、「それ」とはいったい何なのか? ・・・それはやはり秘密にしておきます。
ヒントは音楽それ自体にあります。
作者としては、いつしか、この作品を演奏してくださる人と聴いてくださる人との間で、暗黙の了解の元で、それが「それ」であることを解り合い、「それ」が成されることを切に願っています。(2014年3月21日春分 高橋喜治)

17_関連情報 Nami Records co.,Ltd.(CD 奈良英子「サティ:スポーツと気晴らし」広告)
        ★作曲 《月巡りの歌》: 雲
          ★作曲 《YUKAR fragments》: 雲
        ♪諏訪内昌子さんのピアノリサイタル..... :風の耳
        高橋喜治作品の楽譜 ピアノ曲 月巡りの歌|作曲家 高橋喜治 の ホームページ

18_備考

|

« ★作曲 《月巡りの歌》より“4月”(…美しき御寺に風は時折海の予感を運び) | トップページ | ★作曲 《月巡りの歌》より“3月”(…小さな讃美歌) »

作曲」カテゴリの記事

独奏曲」カテゴリの記事

ピアノ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31162/59324407

この記事へのトラックバック一覧です: ★作曲 《月巡りの歌》より“3月”(…海の雪):

« ★作曲 《月巡りの歌》より“4月”(…美しき御寺に風は時折海の予感を運び) | トップページ | ★作曲 《月巡りの歌》より“3月”(…小さな讃美歌) »