〈YAISAMANENA〉

2016年3月14日 (月)

“Spring has come”

artpocket concert series 1
“Spring has come”

日時▶2016年3月27日(日) 13時半開演(13時開場)
会場▶東京オペラシティ・リサイタルホール
料金▶一般¥4,000
   ジュニア(中学生以下)¥1,000
   artpocket 友の会 ¥2,000
問合▶artpocket company 090-2559-5629
   〈神尾〉kamius.tone@gmail.com

さらに詳しくはこぼれおちる月をご覧ください。

20160327operacitya_2



以上のコンサートで、ピアニストの古関美香さんの演奏で高橋喜治作曲のYAISAMANENAが初演されます。
このYAISAMANENAは古関美香さんの依頼によって新たに書かれました既掲載記事参照)。元々は合唱曲でしたが、その後いろいろな機会にさまざまな演奏形態で自身により編曲或いはリコンポーズされ、今回で version 26 となります。

オリジナルは合唱曲(2打楽器・5風鈴・ハープ・ピアノを伴う混声合唱)でしたが、例えば、2000年の横浜美術館中国文明展併催のひと月の間に毎週30分ずつ催されたロビーコンサートでは毎回異なる編成で5つのヴァリアンテを発表したのですが、その時は開催趣旨に合わせてメロディ自体にも手を加えたりもしました。

現在、オリジナルの前半部分(※1)とversion19でもある(※3)《月巡りの歌》より“9月”(…猿田彦の夢)(※2)の二つを私のYouTubeチャンネルで公開中です。

※3:このversion19は奈良英子さんに献呈されたのですが、“9月”(…猿田彦の夢)としてピアノ曲集《月巡りの歌》に編入される小品となったのには、前述の横浜美術館での仕事の流れから自ずとそうした発想に至った経緯がありました。

その二つの例で、それらの“違い”を聴き比べて戴けます。全く違う曲にも感じられると思われますが、これらは作曲者の中ではちゃんと繋がっています。

※1:合唱団うたおにの皆さんによるオリジナル前半
※2:ピアノニスト奈良英子さんによる《月巡りの歌》に“9月”(…猿田彦の夢)として編入されたversion19
 

でも、今回のヴァージョンは「天の川777」の時(※4)発表されたversion02,や03からそれ程離れてはない感じになっているとは思います… と言うか意識的にそう書いたつもりです。

※4:この「天の川777」については、以下に昔のHP版風の耳の記事から引用しておきます。

以下、引用。

“YAISAMANENA”は1995(平成7)年7月7日に横浜の本牧地区で「北海道と本牧を天の川で結ぶ会」の主催で開催されたイヴェント「天の川777フェスタ」の記念曲として作曲された作品。「自然の豊かな北海道も、都市開発のすすむ本牧も、同じ地球星という共通の空間にあります。/地理的 に離れ環境の違う所で暮らす人々が、平成7年7月7日に『天の川を通し、大空や大自然に対する畏敬の念をあらためて意識しあう。』ことが出来たら素晴らし く、ビルに囲まれた横浜の子供達にも自然を意識させるいい機会だと思う。」(当時の会の計画書からそのまま引用)という会の趣旨に概ね賛同して「新しい七夕の歌を」という要望にも応えて、飯島星とのコンビで(本ブログ註※5)作曲し、その777のラッキーデイに、横浜の本牧のかささぎホールで、中館伸一さんの指揮によるウイングコール(女声合唱団)と かながわフリーダムシンガーズ(男声合唱団)の皆さんによる合同演奏、ソリストに鶴岡恵さんのソプラノ、藤崎啓之さんのバリトン、桜井理恵さんのピアノ、 金田真一さんのパーカッションというまさにVSOP(Very Special One time Performance)による初演がなされたのでした。この会では以上のような理念の基に横浜の本牧地区と北海道の上ノ国町との交流を行いましたが、双 方の子供たちのホームステイや天の川※の公園に飾るレリーフや天の川※の小石などのプレゼント交換なども行われ、今でも交流は続いているようです。

※「天の川」という美しい川が実際にあり、翌月の旧暦の七夕に併せて行われたその川にかかる「天の川橋」の開通式に私は子供たちに同行して行ったのでしたが、その辺のことは機会があればまた書きます。

引用、以上。

本ブログ註※5:訂正。「飯島星とのコンビ」は実際に発表されたヴァージョン02その他では正しいのですが、ほぼ2倍の長さを要する未発表のオリジナルは「飯島星と馬神陽子とのトリオ」が正でした。


●天の川を通し、大空や大自然に対する畏敬の念を…

この一番最初の作曲の契機となった時の会の主旨である「天の川を通し、大空や大自然に対する畏敬の念をあらためて意識しあう」ということは、私の創作行為にとっては今もまったく重要なことなのです。

特に311以降、死と隣合せのような心地の方は決して私だけではないでしょう。

311以降とそれ以前で決定的な違いが私にはありました。それは世界的な領域での支配と搾取の構造への意識です。既にサブブログやツイッターなどで何度も書いてきましたが、311はその支配者が執行した人為的な大災害でした。そうした意識は以前の私に全くなかった訳では決してありませんが、311を契機により鮮明に見えてきたとは言えます。これまで歴代の作曲家たちが独自な方法で触れもしてきたそうした世界像ですが、ここ最近、私なりの観点からとらえ直す時がやって来たのだと感じています、生命の大切さ と共に。

私の作曲にとってこれまで以上に重要なテーマとなっているという訳です。

| | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

〈YAISAMANENA〉抜粋 - オリジナル前半 - YouTube公開!

合唱団うたおにの皆さんが2000年6月11日に三重県文化会館大ホールでの「第40回三重県合唱祭」で演奏くださいましたライヴ録音を以前にお贈り戴いたCDからYouTubeにアップさせて戴きました。

全曲ではこの後に、馬神陽子の詩による後半の合唱が、星型に配置された5名の風鈴奏者・二人のパーカッション・ハープとピアノ といった室内楽を伴って演奏されるのですが、その全曲は未だ未発表です。

歌詞⇨ブログ風に舞う葉


| | トラックバック (0)

《月巡りの歌》より“9月”(…猿田彦の夢) YouTube公開!

《月巡りの歌》より“9月”(…猿田彦の夢) YouTube公開!

一昨日に続き、ピアニストの奈良英子さんのCD「サティ:スポーツと気晴し」所収の《月巡りの歌》からの小品をYouTubeにアップさせて戴きました。


CDでは標題が“ヤイサマネナ天空篇または猿田彦の夢”と長い名前になっていましたが、その後、手書の原譜からコンピュータ浄書する際に、短く“猿田彦の夢”と改題しました。
この曲は初演者の奈良英子さんに献呈されています。

出典のCDについては⇨ホームページ内のこちら
をご参照ください。

【CD】奈良英子 サティ:スポーツと気晴し 販売サイトはこちら



| | トラックバック (0)

2015年12月17日 (木)

☆YAISAMANENA version 26/26s 完成

☆YAISAMANENA version 26/26s pour Piano 完成。(2015.12.14)
  委嘱はピアニストの古関美香さん。
  詳しくは後ほど…。

Yaisamav26

| | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

☆YAISAMANENA version 25(後註追加)

神奈川フィルハーモニー管弦楽団のチェリスト只野晋作さんからのオファーにより自作の〈YAISAMANENA〉をチェロとピアノのデュオのために編曲しました。

来る2015年7月15日(水)横浜市栄公会堂ホワイエに於けるロビーコンサートで
チェロ/只野晋作さん、ピアノ/古関美香さんのお二人でご発表くださいます。
開演時間は、①11時〜11時半 ②12時半〜13時 ③14時〜14時半の3回。
栄区誕生30周年プレイベントの一貫として企画されたミニコンサート。
(後註:この日演奏されるYAISAMANENA version 25 は【短縮版】で、その演奏は前記①と②の2回。③の14時から14時半の回では演奏されません。)

20150715_sakae

1995年のオリジナルの作曲以来様々な演奏形態の編曲の機会に恵まれたこの曲も、この稿でversion 25 となりました。しかも短縮バージョンも というご注文でしたので、二通りの楽譜が出来ました。1995年のオリジナルも含め、それらの楽譜は、いずれ Haruan shop より販売したいと思います。

オリジナルは、姉の飯島星(いいじま せい)と馬神陽子(まかみ あきね)の作詞によるピアノとハープとパーカッションと星型に配置された5人の風鈴奏者を伴う混声合唱のための作品でしたが、いろいろな事情でこのオリジナルの全曲はいまだ未発表です。が、機会がありましたらさらに編成を拡大したオーケストラ編成で発表できたらと思っています。

その全歌詞はこちら⇨http://goo.gl/nbdy3o

| | トラックバック (0)

2014年10月24日 (金)

♪アカペラコーラス「アンサンブル大倉山」コンサート@大倉山記念館

昨年に引続きアカペラコーラスの「アンサンブル大倉山」の皆さんに拠るコンサートのご案内です。

11月2日(日)14時半開演 会場は大倉山記念館 第四集会室 入場無料
お知らせ戴いている予定されているプログラムは以下のような内容です。

Maurice Duruflé       
    Notre Père   
    Quatre Motets sur des themes gregoriens    

三善晃       
    小さな目   

Wilhelm Stenhammar       

    September
    I Seraillets Have
    Havde jeg, o Havde jeg enDattersøn, o ja !

高橋喜治       
    時(作詞/高橋 喜治)
    ヤイサマネナ(作詞/飯島 星)
    花の子供(作詞/寮 美千子)

The King's singers       
    Swing low, Sweet Chariot
    The water is wide

武満徹       
    さくら(日本古謡)
    小さな空(作詞/武満 徹)

いつもながら感心させられるプログラミングです。
12月10日に心ない破壊者安倍晋三内閣が目論む秘密保護法が施行されてしまったら日本も暗黒時代へと突入し悲しく不幸な世の中になってしまうでしょう。決してそうならないことを祈りながらコンサートにでかけましょう。

| | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

秋の随想 その1(追記あり)

メインのホームページが震災のあった年2011年の11月でストップしていましたが、漸く復活しました。と言ってもまだまだ未完成です。

風の足跡などは旧ページと新に作り直してるページとが併存した状態ですが徐々に新たな方へと直して行きます。

楽譜や試聴ページがあった.macの音楽工房Amakaneのページは、昨年6月一杯でのMobilMeの終了と同時に消滅してしまいましたが、バックアップはちゃんととってあり、装いを変えて新に作り直しています。が、今度は音楽工房Amakaneのページではなく、高橋喜治のホームページ内に作ります。

そんな訳で、まだ暫くお見苦しい点あるかと思いますが、どうかご容赦ください。

世界中に異常な空気が流れていて秋の情緒に浸っている余裕もなかなかなく落着かない日々が続いていますが、ここで少し振返ってみようと思います、時の過去るのを惜しむかのように...。


♪2013年11月3日(日) 大倉山記念館第四集会室
 アンサンブル大倉山 in 大倉山 秋の芸術祭2013
  アカペラコーラスによる歌の集い

アンサンブル大倉山の皆さんとは、嘗て委嘱を受けて組曲を書かせて頂いていた飛永悠佑輝さん指揮する女声合唱団Asukaの皆さんが2006年の11月にかなっくホールで寮美千子さんの詩による〈雨月夜〉と〈月への翼〉を初演くださった時の伴奏ピアニストがいつもの飛永さんの奥さん 美保子さんではなくアンサンブル大倉山のリーダー成光勝さんの奥さん 直子さんだったのでしたが、その折にご主人がアカペラのコーラスを為さっているというお話を伺い、それなら曲を提供いたしましょう ということで、それ以来のご縁なのですが、今回は、飯島星(実姉)と実家の母と義姉を誘って大倉山公園を散策しながら会場へと向いました

   (写真右の歩道の先に会場がある) Okurayamapark_2

大倉山記念館にはピアノが常設されている礼拝堂のようなホールもあるのですが、アンサンブル大倉山の皆さんの会場は第四集会室という、黒板のある小振の学校の教室のような部屋でした。ところが、これが流石に古代ギリシャ以前のプレヘレニック様式と東洋の様式とを融合させた古典主義建築の第一人者 長野宇平治(1867-1937)の設計による建築の為か、天井も高く、コーラスにとってはとても響きが良い。特に人の声の響きの波動は直に聴手の心に届き魂を共振させるようです。公式ページの施設概要ご参照ください。)

Okurayamakinenkan当日プログラム・ノートによると、アンサンブルの皆さんはこれまで外国の作品を手掛けることが多かった所為か、メンバーに「日本語禁断症状」が現れてしまわれたそうで、そのため今回は邦人作品に拘ったプログラミングになったということでした。

まず最初に坂本龍一さんの“CANTUS OMNIBUS UNUS”。
ラテン語のタイトルの意味は「歌は人々を結ぶ」で、歌詞もこの言葉のみの反復で成立っていたようです。言葉は旋律に乗って優しい呪文のように繰返され、美しいハーモニーがその言葉の意味通りに聴手の心をも結びつけ会場を神聖で平和に充ちた幸せな空気に変えてしまいました。
冒頭にこの曲をもって来たのはなかなか心憎いプログラミングだと思いました。

2番目は三善晃先生の子供の詩に曲を付けられた《小さな目》より “せんせい” “かめ” “先生のネックレス” “ひろちゃん” “みそしる” “やけど” “ピアノ” の7曲。
三善先生の合唱曲はひばり児童合唱団による《オデコのこいつ》をはじめとして子供の時から驚きをもって聴いていましたが、ここでもまた歌われている内容のその場の情景がありありと浮かび、楽しく、またちょっぴり切なくなるような、なんともいえない心地になりました。
こうした作品のみならず、実に多様な作品を書かれた大作曲家でした。
…先月お亡くなりになられたことがまだ信じられないでいます。

3番目はプーランクの《悔悟の時のための四つのモテット》より第四曲を欠いた3曲。第四曲はこの日のメンバーの人数によるためだということでした。それにしても難曲で、よくチャレンジされたものだと感心しましたが、これを聞くのは今回で2回目でした。

以下に、成光さんのプログラムノートからちょっと引用させ戴きます。

 1曲目は、罪ある人間が救いから見放され闇の中に放置されてしまった時に、神を頼みとしてひたすら祈り、神は逃れ場であり、助けであり、もし神の名を呼び続けていれば、心乱れることはない、という神への信頼を語っています。
 2曲目はキリストが人類を救うためにこの世に来たにもかかわらず、人々はキリストを十字架につけた。キリストは人類のために垣根を作り、石を取り除き、守りの塔を建てたにもかかわらず、人々はキリストを十字架につけた。この文章は、キリストの大いなる苦悩であり、悲しみであるでしょう。そして、人類はそのような悲しみを、人類を救ってくださった人に対して与えてしまったことに対する、大きな、まさに「悔悟」があるように思います。
 3曲目はキリストの最後の場面です。「私の神よ、私の神よ、どうして私を見捨てられたのか」と。そして、「父よ、私の魂を御手にゆだねます」が最後の言葉です。この死があって、そこに人類の救済が成就するわけです。聖金曜日のクライマックスとなるこのレスポンソリウムがあり、ミサでも福音書の受難のテキストが読まれ、キリストの死が完全なる「闇」となって象徴化されます。しかし、それだけでなく、その次に来る「復活」こそが、キリスト教の根幹をなす理念なのです。

引用、以上。

プーランクと言えば生粋のパリジャンで、洒落っ気と奔放さのイメージがあるかと思えば、こうした敬虔なクリスチャンとしての側面も強い(特に晩年は...)作曲家なのです。
20131103okurayama

4番目は信長貴富さんの 《季節が僕を連れ去ったあとに》で、同名の寺山修司の短歌集の中の十首を8曲に纏めた小曲集。
短い言葉に付けられた音の構成・その彩が本当に面白く、私にはそれが言葉を超えているように思えました。まだ何度も聴いてみないと何とも言難いですが、ひょっとしたら別の言葉であったとしても素晴らしく聴けるのではないかとも...ちょっと思いました。
信長貴富さんと言えばとても著名な方なのですが、実は昔から、お名前を見るにつけどちらが姓でどちらが名なのかと一瞬考え込んでしまう私なのでした。すみません...

さてプログラム最後は私の三つの作品でしたが、曲の説明は別の機会に譲ります(今ホームページで作品リストを作り始めていますので、完成しましたらそちらをご参照くだされば幸です※後註)。〈YAISAMANENA〉の作詞者である姉の飯島星はこの日のすべてに感動してたようです。
〈花の子供〉は、作家で詩人の寮美千子さんに詞を付けて頂いた歌曲をアカペラ用に作りかえたものでしたが、きっと寮さんがこの場にいらっしゃったら、やはり涙を流して感動されたことでしょう。


いつもプログラムが素晴らしく、なかなか得難い内容に果敢に(?)或いは楽しくチャレンジされてるアカペラ・コーラス アンサンブル大倉山では、メンバーを募集されています! 本拠とされてる会場もとても素敵な場所です!
ご興味ある方は、是非、既載記事:♪アカペラ・コーラス アンサンブル大倉山 in 大倉山秋の芸術祭2013のチラシ内の成光さんのお問合せ先に、ご連絡とられてください。

.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.

この「秋の随想」は時を遡るようにほんのもう少しだけ続けます。

つづく

【追記】※後註:取合えず〈YAISAMANENA〉の作曲の経緯などについてはこちらの既掲載記事をご参照下さい。〈花の子供〉についてはこちらを...。

| | トラックバック (0)

2013年10月31日 (木)

♪アカペラ・コーラス アンサンブル大倉山 in 大倉山 秋の芸術祭2013

成光勝さんご夫妻のアカペラコーラスグループ アンサンブル大倉山の皆さんによる大倉山記念館秋の芸術祭参加コンサートのお知らせです。

日時▶2013年11月3日(日)14時半開演
会場▶大倉山記念館第4集会室
   入場無料

  ♫メンバー募集中!!(だそうで〜す)

20133_2
クリックしますと拡大されます。

私=高橋喜治の曲は、作家で詩人の寮美千子さん作詞による“花の子供” 自作の詩による“時” 姉の飯島星作詞による“ヤイサマネナ”の3曲です。いずれもアカペラ用に編曲したヴァージョンで、この“花の子供”は初演になります。

| | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

合唱曲“原爆を許すまじ”の編曲と“YAISAMANENA”version 24

1995(平成7)年7月7日に私の合唱曲“YAISAMANENA”(飯島 星/作詞)は初演されました。(この初演についてはこちらの過去記事をご参照ください。) その初演の際にソプラノのソロを受け持ってくださった日本合唱協会の鶴岡恵さんからお話をくださったのですが、現在鶴岡さんがヴォイストレーナーを務めていらっしゃる混声合唱団「南部合唱団」からの依頼で、浅田石二/作詞 木下航二/作曲の“原爆を許すまじ”を編曲しました。恐らく多くの人たちの思いの染み込んだ古典とも言える歌なのでしょう。合唱団の加山明美さんより頂きましたお手紙によると「うたごえ運動」の創成期と言えるのではないかと想われる1953年に生まれた歌だそうで(後註参照)、ちょっとロシア民謡風。
またこれを機会に自作の“YAISAMANENA”も混声合唱とピアノのためにリニューアルしました。先日version 23を書いたばかりでしたが、今回のversion 24も23同様 version 1を基にしたもの。2000年の時は拍子や元のメロディラインまで変えましたが、今回のものは復帰的再編曲です。


後註:南部合唱団の「うたごえ新聞」の方が作詞者の浅田石二さんを取材されたところ、1953年ではなく1954年であるということでした。その取材の詳しい記事は「うたごえ新聞」の2010年10月18・25日合併号に掲載とのこと。→うたごえ新聞

| | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

☆YAISAMANENA version 23、 花の子供 新アレンジ

自作のYAISAMANENAをアルトフルートとピアノのために編曲した。元は飯島星作詞による混声合唱のための曲で、今回でヴァージョン23となる。
また、自作の“花の子供”と下総皖一作曲の“七夕さま”をフルートとピアノのために編曲した。“花の子供”は部分的に新たな和声付けをし、フルート四重奏版の要素も加味した。

“七夕さま”は来月7月7日千葉大附属病院コンサートで齊藤佐智江さんのフルートと猿渡紀子さんのピアノで他数曲の編曲作品と共に演奏されると猿渡さんよりお知らせ頂いている。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bouquet des Tons Ensemble l'Étoile etc. Fluty Creation(内谷貴志) Haruan shop YouTube □新 月巡りの歌□ □楽譜 ◇お報せ ◎CD ◦monologue intérieur ★作曲 ★編曲 ☆作曲 ☆編曲 ♪演奏会案内 ♪演奏会記録 ♪演奏会随想 ♪発表 ♪試聴♪ 〈YAISAMANENA〉 〈大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある〉 〈父は空 母は大地〉 《Bouquet des Tons》 《Nostalgia》 《Spring ephemeral》 《YUKAR fragments》 《お月さまのかお》 《ポール・クローデルの『百扇帖』による二重奏詩》 《ラヴェルの墓》 《三つの影像》 《季節の子供》 《小さな挿絵》 《星の音楽》 《月巡りの歌》 《柔らかく澄んだ時の旅》 《油屋お紺》 《雨》 おすすめCD おすすめYouTube おすすめサイト おすすめツイキャス おすすめブログ おすすめ映画 おすすめ本 おすすめ音楽 ご挨拶 ご案内 はるあんノート - 作品 - ぼっくすおふぃす(神品正子) アンサンブル大倉山 アンサンブル室町 シュプレヒコール ツイス五重奏団 ドビュッシー ドビュッシー:《ペレアスとメリザンド》 ニュース ポエトリー・リーディング メシアン ラヴェル ラヴェル:《子どもと魔法》 ローラン・テシュネ 予告 人類滅亡への道 写真展案内 写真展随想 勉強会案内 募集 北絵三子 南部合唱団 原発震災 叫び 合唱団ルミル 問答 基地問題 多希まゆ美 大坂寛 奈良英子 好きな詩 学会案内 寮 美千子 平和への歩み または 揺籃 心に響くことば 思考メモ 意見 放射能対策参考情報 旅 随想 早島万紀子 映画上映案内 朗読サロン案内 朗読サロン随想 望月裕央 柳町正隆 歎き 演劇案内 物理学 独りデモ 現代邦楽グループ真珠 生徒募集 絹の会 署名 美術 美術展随想 西川浩平 説明 論考 講演と演奏 講演会案内 辻井甫山 長澤依子 随想 音楽 音楽エッセイ 響きあう詩 飛永悠佑輝 飛永美保子 飯島 星 鶴岡恵 齊藤佐智江