おすすめCD

2016年4月 4日 (月)

オーケストラの魔術師ラヴェル 5 - ラヴェルにとってワルツとは?(つづき) - - ラヴェル週間 -

オーケストラの魔術師ラヴェル 5
- ラヴェルにとってワルツとは?(つづき) - - ラヴェル週間 -

ラヴェルが作曲したワルツは他に、《高雅で感傷的なワルツ》以前の作では、《マ・メール・ロワ》の中の“美女と野獣の対話”があります。《マ・メール・ロワ》は、オリジナルは子供のためのピアノ連弾のための組曲でしたが、これもまたラヴェル自身が書いた台本によるバレエ化のために管弦楽化されました(よく知られたお伽噺※1を基に独自に脚色されている )。バレエでは前奏曲&新曲と各曲の間に間奏が加えられ、且つ、曲順も若干替えられています。「ラヴェルにとってワルツとは?」がテーマでしたが、折角ですので両者全曲を是非共有させて戴きたく思います。…名演です!

※1:シャルル・ペローの童話集


【おすすめYouTube】
《マ・メール・ロワ》
オリジナルピアノ連弾版

1_眠れる森の美女のパヴァーヌ
2_親指小僧
3_パゴダの女王レドロネット
4_美女と野獣の対話
5_妖精の園

マルタ・アルゲリッチ&ラン・ラン/ピアノ連弾


【おすすめYouTube】
《マ・メール・ロワ》
バレエのためのオーケストラ版

前奏曲
第1場_紡ぎ車の踊りと情景
第2場_
眠れる森の美女のパヴァーヌ
第3場_
美女と野獣の対話
第4場_
親指小僧
第5場_パゴダの女王レドロネット
フィナーレ_妖精の園

アンドレ・クリュイタンス指揮
パリ音楽院管弦楽団



ラヴェルのメルヘンチックなファンタジーの世界全開の曲でしたが、この世界は後のファンタジー・リリック《子供と魔法》へと繋がるでしょうし、私はあの少々不道徳的なオペラ《スペインの時》でさえ、大人のメルヘン 大人のファンタジーであると思っています。
そう言えば、今思い出しましたが、《スペインの時》の中にもワルツはありました!

でも今回は最後のオマケに、ラヴェルが書いた最後のワルツであると思われます、私の大好きな《子供と魔法》の中のワルツをアップさせて戴き、この記事を終えようと思います。
それは後半の昆虫の羽音や梟の鳴声や蛙の合唱が響き渡る夜の庭のシーン既掲載記事参照されたし)、蝙蝠の歎きの歌の後から始まる音楽。ラヴェルのピアノ曲《夜のガスパール》の第3曲“スカルボ”を思わせる音形で始まるホルンのソロのメロディの最中、雨蛙たちが少しずつ池の縁に段々一杯に集まって来て、そして皆で踊り始めるその音楽が、テンポの速いワルツなのです。私は子供の頃(前世紀70年代はじめ)、アンセルメ指揮のスイス・ロマンド管弦楽団のレコード※2で、このオペラに取憑かれたように何度も聴いていましたが、特にこの箇所の音楽には、何故か異常に心躍らされました。その胸のときめきが今でも甦ります(笑)。

※2:現在CDが市販されています。
後註2参照されたし
 

それを僭越ながら、私の編曲によります室内オーケストラ版でお聴き戴きたく思います。



♪《子供と魔法》第2部より“雨蛙のダンス”♪
高橋喜治編曲の室内オーケストラ版

演奏:園田隆一郎指揮 O.E.K.


後註1:《子供と魔法》の中のワルツはこれだけでなく、蜻蛉の歎きの歌もそうでした。楽譜には曲想の標語として“Valse Américaine”(アメリカのワルツ)とあり、ジャズの影響濃厚です。これはいずれ「ラヴェルとジャズ」のテーマで取上げます。

後註2:《子供と魔法》は最初から最後まで通して聴かなければオペラとしてのその良さは解らないと思います。ラヴェルのこのファンタジー・リリック《子供と魔法》は、本当に感動的な作品なのです。是非、全曲を聴いて欲しい! おすすめCD⇒http://goo.gl/Owfg7E


オーケストラ版《マ・メール・ロワ》のリンク先アカウントが削除されてしまったようですので共有先を変更しました。20160520
.....

| | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

《月巡りの歌》より“3月”(…海の雪) YouTube公開!

《月巡りの歌》より“3月”(…海の雪) YouTube公開!

ピアニストの奈良英子さんのCD「サティ:スポーツと気晴し」所収の“3月”(…海の雪)をYouTubeにてアップさせて戴きました。

曲について⇨ブログ 雲

出典のCDについては⇨ホームページ内の こちら をご参照ください。

【CD】奈良英子 サティ:スポーツと気晴し 販売サイトはこちら




| | トラックバック (0)

《月巡りの歌》より“9月”(…猿田彦の夢) YouTube公開!

《月巡りの歌》より“9月”(…猿田彦の夢) YouTube公開!

一昨日に続き、ピアニストの奈良英子さんのCD「サティ:スポーツと気晴し」所収の《月巡りの歌》からの小品をYouTubeにアップさせて戴きました。


CDでは標題が“ヤイサマネナ天空篇または猿田彦の夢”と長い名前になっていましたが、その後、手書の原譜からコンピュータ浄書する際に、短く“猿田彦の夢”と改題しました。
この曲は初演者の奈良英子さんに献呈されています。

出典のCDについては⇨ホームページ内のこちら
をご参照ください。

【CD】奈良英子 サティ:スポーツと気晴し 販売サイトはこちら



| | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

《月巡りの歌》より“4月”(…美しき御寺に風は時折海の予感を運び) YouTube公開!

《月巡りの歌》より“4月”(…美しき御寺に風は時折海の予感を運び) YouTube公開!

ピアニストの奈良英子さんのご承諾を戴き、奈良さんがCDに収録くださいました《月巡りの歌》より“4月”(…美しき御寺に風は時折海の予感を運び)のオーディオ・ファイルをYouTubeにアップしました。


この曲については⇨ブログ をご参照ください。

【CD】奈良英子 サティ:スポーツと気晴し 販売サイトはこちら



| | トラックバック (0)

2013年7月25日 (木)

◎高橋喜治作品が収録されているCD

◎髙橋喜治作品が収録されているCD

.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.

Nou1_2
『脳を学ぶ(3)音楽CD付』
~アンサンブル・グループ「ブーケ・デ・トン」との対話~
            ISBN978-4-7639-1063-9 定価3990円(税込)

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

Cdanthologie0_2
 Anthologie Bouquet des Tons
 R-1140077JV 定価2000円(税込)

〜・・〜・・〜・・〜・・〜・・〜・・〜

Cdotsukisamanokao_2
 ぼっくすおふぃす・朗読さろん Vol.5
 お月さまのかお(自主製作)
 定価1800円(税込)

._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._.

Cdnishikawa_2
 西川浩平「Flutist from the East Vol.4」
 WWCC-7495 定価2625円(税込)

〜_-〜_-〜_-〜_-〜_-〜_-〜_-〜_-〜

Cdnara_2
 奈良英子「サティ:スポーツと気晴らし」
 WWCC-7464 定価2625円(税込)

〜..〜..〜..〜..〜..〜..〜..〜..〜..〜..〜

Cdsaji
「響け佐治谷ばなし Part III」
~音楽物語/音楽狂言~

 TKS-04 定価2000円(税込)

| | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

〈三つの影像〉について ♪箏合奏団絹の会 第32回演奏会 19日(火)

来週の火曜日(19日)に箏合奏団絹の会の演奏会があります。詳しくはこぼれおちる月にアップしてありますのでご参照ください。

今回は、1999年に三重県の現代邦楽グループ真珠(あらたま)の委嘱により作曲した〈三つの影像〉第一集が再演されます。この作品は絹の会の皆さんによって取上げられた最初の作品で、この後、宮澤賢治の童話を題材とした第二集と、作曲者の夢を題材とした第三集が、絹の会の委嘱によって作曲され発表されました。つまり〈三つの影像〉はシリーズとして全三集九曲あるのです。第二第三は二面の箏と十七絃の三奏者のためのものですが、この第一集のみ、それに尺八を加えた四奏者のための作品です。

以下に、〈三つの影像〉の全貌を記します。

〈三つの影像〉第一集 [尺八,2箏,十七] 現代邦楽グループ真珠 委嘱
  一、海の子供
  二、uekap(ウエカ または ウエカブ)
  三、踊り

〈三つの影像〉第二集 〜宮澤賢治の童話による〜 [2箏,十七] 箏合奏団絹の会  委嘱
  一、双子の星
  二、銀河鉄道の夜
  三、星めぐりの歌

〈三つの影像〉第三集 〜箏夢〜 [2箏,十七] 箏合奏団絹の会  委嘱
  一、繭の中で
  二、綾取
  三、海の夢

第一集は作曲者の私的思いでに基づく作品で、第一曲“海の子供”は幼い時に父の会社の同僚の方のその時の私と同年くらいの女の子と海で遊んだ時の思いでと、中学生になった時に、その女の子が、夏に花火で遊んでいたら着物に引火してしまい、それが元で亡くなられてしまったという話を父から聞いた時のショックから着想された作品。後に作家で詩人の寮美千子さんにイメージにぴったりの素敵な詩を付けて頂いて歌曲にもなり、また、お馴染のBouquet des Tonsのファーストアルバム〈Anthologie〉にもBouquet des Tonsの編成(Fl,Vn,Pno)のための編曲のヴァージョンが収められています。
第二曲“uekap”は、1997年に親しいボランティアの方々とテラノホールで「アイヌジョイント展」を開催した折の 故 杉村満エカシとフサフチ(ご夫妻)との交流の思いでに拠る作品。その時同時併催の「上川アイヌコタン写真展」の写真をお持ちでいらした畑野さんのお父さん=昔、旭川のアイヌコタンの方々とと親交のあった故 松実政勝氏撮影による写真の中の美しい姉妹=杉村京子さんとフサさんのuekapと、フサさんより直接伺ったお話の思いでです。
第三曲“踊り”は、青春時代の心象風景のようなもので、Memento Mori という言葉に象徴されるような「生」の束の間の体現としての「踊り」です。

第二集は宮澤賢治の先立たれた妹トシに関連した童話に基づく作品ですが、賢治が、当時話題になっていた相対性理論や量子力学を拠所に、死者の世界とのコンタクトを本気で考えていたという寮美千子さんの論考からもヒントを得て、発想されています。

そして第三集は作曲者の実際に見た夢を題材に、さらなる意識(心)の深層への旅を試みました。

今回、絹の会の皆さんによって再演される第一集は、以上のように、「若書き」の作で、本当はもっともっと若い時に書かれて然るべき作品であった、と言えそうです。


絹の会の皆さんは、その名の「絹」をイメージさせる独特な柔らかさしなやかさを持った音色で、ジャンルを超えた親しみやすい箏アンサンブルの音楽を探求され、続々とCDもリリースされています。検索→Amazon

今回は、東日本大震災復興支援コンサートで、前半に上野哲生氏の〈三つの舞〉、飯島俊成氏の〈琉球の風〉、私の〈三つの影像〉、そして後半に菊田郁氏の追悼詩集『沈黙の海』の朗読と伴に、島津秀雄氏編曲による〈祈り〉が演奏されます。
会場はいつもの日本橋劇場。開演は19(午後7)時。全自由席3千円。
こぼれおちる月

| | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

♪ピアノと笛のコンサート 明日

明日開催の演奏会のお報せです。
20111113concert_3



長年その作曲に取組んでいるピアノのための
〈月巡りの歌〉の新作“1月(...海の夢)”の初演と、フルートとピアノのための〈星の音楽〉全曲の再演があります。



“1月(...海の夢)”はそのタイトル通り、作者の「夢」(夜眠って見る夢)を題材にした作品。



〈星の音楽〉は四季の代表的な星を題材とした以下の4曲から成ります。
I  スピカ 〜春の誘い星〜
II  ヴェガとアルタイル 〜織女と牽牛〜
III アルリシャ 〜美と愛の結び目星〜
IV アルデバラン 〜幸せの星〜



いずれも夢幻的な作品です。



お馴染のピアニスト 奈良英子さんと、フルートと日本の横笛の第一人者 西川浩平さんの 素晴らしいお二人(ご夫妻)のヴィルトオーソによるコンサートです。



西川浩平さんのホームページ 〜東西東西〜 西川浩平氏

西川浩平さんについてのおすすめサイト


後註: リンクが無効でしたのでリンク設定を外してあります。

.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.



◆プログラム

ピアノと笛のコンサート



 第1部



ドビュッシー:〈版画〉より “塔” “グラナダの夕暮”
ラヴェル:〈鏡〉より “洋上の小舟” “道化師の朝の歌”
高橋喜治:〈月巡りの歌〉より “1月(...海の夢)” 【初演】
    以上、奈良英子/ピアノ



高橋喜治:〈星の音楽〉全曲
         西川浩平/フルート  奈良英子/ピアノ



 第2部



日本の笛 西川浩平/お話と演奏
吉松隆:〈鳥のいる間奏曲〉
シャミナード:コンチェルティーノ
     以上、西川浩平/フルートと日本の横笛その他
          奈良英子/ピアノ

 ●日時 2011年11月13日(日)
       2回公演 1回目:14時開演
             2回目:17時開演
             (開場はどちらも30分前)



 ●会場 東京いずみ幼稚園3Fホール
       Tel. 03-3605-3341 アクセスマップ



      (JR亀有駅からタクシーで千円ほどです)





 ●入場無料(未就学のお子様の入場はご遠慮ください)全自由席



それでは明日、会場でお会いできますことを願っています。…とは言え、放射能には呉々もお気をつけてください。  



............................................................................................................................................................................



◎おすすめCD



 奈良英子 サティ:スポーツと気晴らし



 西川浩平 フルーティスト・フロム・ジ・イースト Vol.4





◎〈星の音楽〉収録のCD



 お月さまのかお (Amakaneレーベル)





後註:次の記事に随想あり→芸術が生かす

| | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

聖なる光差す一宮の午後

Bouquet des Tons 西日本ツアー最終日、去る8月30日に開かれた一宮聖光幼稚園主催の「音の花束コンサート」の随想です(既掲載記事参照)
Img_6646 夕闇に包まれ行く一宮聖光教会(終演後)

私の中では3.11の大災害(今年2011年3月11日に起きた東日本大震災)はまだ終わっていません。そうした中でのこうした心暖まる演奏会は空からの恩寵のように感じられました。音楽は、日記のようなものでもあり、それを書いた時のことをありありと甦らせてくれます。だから、大切な人やことごとなど忘れようもありません。Bouquet

演奏会半ば、私がブーケ・デ・トンの飯島多恵さんから聴衆の皆さんに紹介されると、その後、隣にお母さんと一緒に座っていた小さな女の子に握手を求められました。打上の後、駅までお見送りくださった松本牧師の奥様とも握手を交わしました。その優しいぬくもりを私は忘れないでしょう。

Bdtichinomiya01_2 Bdtichinomiya02_2

138tower_3 演奏会までのちょっとの時間、138タワーパークに立寄りました。

138tower4_2

138tower3_3                                                      遠く伊勢湾が霞んでいます。

◎Bouquet des Tons の CD:Anthologie 好評発売中!
 

| | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

♪Bouquet des Tons 西日本ツアー

今日から始まるBouquet des Tons西日本ツアーのご案内です。
以下、Bouquet des Tonsのページより。

27日(土) ビッグハート出雲(島根) 島根シュタイナーの会
28日(日) わらべ館(鳥取) わらべ館イベント情報
29日(月) 奈良基督教会(奈良) Bouquet des Tons
30日(火) 一宮聖光教会(名古屋) Bouquet des Tons

.......................

今日、島根でのコンサートでは書下しのフルート独奏のための“夏の風”の初演予定があります(既掲載記事参照)
明日、鳥取では日本の歌の編曲作品など先頃発売されたCD(Anthologie,脳を学ぶ3)収録曲が...。
明後日、奈良では奈良在住の詩人で作家の寮美千子さんの朗読と共に、〈季節の子供〉〜儚きいのちめぐる歌〜全曲と、日本の歌の編曲作品。それに先日作曲したばかりの“くも”(既掲載記事参照)の初演もある予定(寮美千子さんの掲示板参照)
30日、名古屋では、やはりCD収録曲などが演奏される予定です。
お近くの方、是非お聴きにお出かけください。

| | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

「言葉と音楽の幸福な結婚」 〜歌になったラヴェルのピアノコンチェルト第2楽章〜

Bouquet des Tonsの齊藤さんが送ってくださった1枚の奇跡のCD。
「コンセール・パリ・トーキョウ」の野瀬百合子さんが、ラヴェルの<ピアノ・コンチェルト ト長調>の第2楽章のメロディに詞を付けられてCDにされたのです。

思い出 Dans mes souvenirs

 原曲:ラヴェル:ピアノ・コンチェルト ト長調 第2楽章
 作詞:野瀬 百合子
 編曲/ピアノ:Febian Reza Pane
 歌:高瀬“mokoring”麻里子
 企画:野瀬 百合子
 制作:松下 眞子
 発売元:from30 INC.
 (P)(C)2011 from30 INC. F30-0002 定価¥1500(税込)

素晴らしい音楽の前にことばはありません。
オリジナルのピアノ・コンチェルトのYouTubeをご紹介→ラヴェル:ピアノコンチェルト第2楽章
ラヴェルが苦心惨憺して書いたと言われている、まるで天上から降ってきたようなメロディに、どのような言葉が付けられたのか、想像しながら聴いてみてください。そして、野瀬さんのCDを、是非聴いてほしい...。

コンセール・パリ・トーキョウのサイト http://www.concert-paris-tokyo.com

野瀬百合子さんのブログ http://paris-tokyo.cocolog-nifty.com

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bouquet des Tons | etc. | Haruan shop | YAISAMANENA | YouTube | □新 月巡りの歌□ | □楽譜 | ◇お報せ | ◎CD | ◦monologue intérieur | ★作曲 | ★編曲 | ☆作曲 | ☆編曲 | ♪演奏会案内 | ♪演奏会記録 | ♪演奏会随想 | ♪発表 | ♪試聴♪ | 〈YAISAMANENA〉 | 〈大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある〉 | 〈父は空 母は大地〉 | 《Bouquet des Tons》 | 《Nostalgia》 | 《Spring ephemeral》 | 《YUKAR fragments》 | 《お月さまのかお》 | 《ポール・クローデルの『百扇帖』による二重奏詩》 | 《ラヴェルの墓》 | 《三つの影像》 | 《季節の子供》 | 《小さな挿絵》 | 《星の音楽》 | 《月巡りの歌》 | 《柔らかく澄んだ時の旅》 | 《油屋お紺》 | 《雨》 | おすすめCD | おすすめYouTube | おすすめサイト | おすすめツイキャス | おすすめブログ | おすすめ映画 | おすすめ本 | おすすめ音楽 | ご挨拶 | ご案内 | はるあんノート - 作品 - | ぼっくすおふぃす(神品正子) | アンサンブル・レトワール | ドビュッシー | ドビュッシー:《ペレアスとメリザンド》 | ニュース | フリー・エネルギー | ポエトリー・リーディング | ラヴェル | ラヴェル:《子どもと魔法》 | 予告 | 人類滅亡への道 | 写真展案内 | 写真展随想 | 勉強会案内 | 募集 | 南部合唱団 | 原発震災 | 叫び | 合唱団ルミル | 問答 | 基地問題 | 好きな詩 | 寮 美千子 | 平和への歩み または 揺籃 | 心に響くことば | 思考メモ | 意見 | 放射能対策参考情報 | 旅 随想 | 映画上映案内 | 朗読サロン案内 | 朗読サロン随想 | 歎き | 演劇案内 | 物理学 | 独りデモ | 生徒募集 | 署名 | 美術 | 美術展随想 | | 論考 | 講演会案内 | 随想 | 音楽 | 響きあう詩