ニュース

2011年9月24日 (土)

タイム・トラヴェル

二ヶ月ほど前、香港の物理学研究チームにより、「タイムトラヴェルは不可能である」ことが証明されたばかりでしたが(「タイムトラベルは不可能」と証明、香港物理学者 〜AFP BBNews)、昨夜、最近になって大変興味深く読ませて頂いている井口博士のブログ(Kazumoto Iguchi’s blog:光より速いニュートリノ登場!?:相対性理論の終焉か!?)経由で、ジュネーブ郊外にあるCERN=ヨーロッパ合同原子核研究機関など、各国の研究機関で作る国際共同研究グループが行った実験(その名もなんと「OPERA実験」!)によりニュートリノの速度が光よりも速いという結果が齎されたことを知りました(根底崩れた?相対論…光より速いニュートリノ〜YOMIURI ONLINE)

本ブログ「風の耳」の前の記事で、「このタイムトラヴェルのシリーズ、今度は未来へ旅立ちたいと思っています。(是非、書かせて欲しい!)」と締括りましたが、私の場合は内面的な心の「時」を扱っていますので、元々その「時」とは、「感受性における幻想」により、因果律さえ壊すものであるのです。
それでも、心の領域のことではあっても、音楽においては、物理学的な「時」との照応において表現が実現されるということは言えるので、全く無関係とは言えないし、こうした話題に無関心ではいられない...。

以下、転載。

根底崩れた?相対論…光より速いニュートリノ

 名古屋大などの国際研究グループは23日、物質を構成する素粒子の一種であるニュートリノが、光の速度より速く飛んでいるとする観測結果を発表した。

 現代物理学の基礎であるアインシュタインの特殊相対性理論では、宇宙で最も速いのは光だとしている。今回の結果は同理論と矛盾しており、観測結果が事実なら物理学を根底から揺るがす可能性がある。

 この観測結果が得られたのは、スイス・ジュネーブ郊外にある欧州合同原子核研究機関(CERN)の「OPERA実験」。ニュートリノ(ミュー型)を加速器という装置で打ち出し、約730キロ・メートル離れたイタリアのグランサッソー地下研究所へ地中を通して飛ばした。201109233866041n

 光はこの距離を0・0024秒で飛ぶが、今回の観測によって、ニュートリノは光より1億分の6秒早く到達していることが分かった。これは、光の速度より0・0025%だけ速く飛んだことを示している。

 ニュートリノの飛行速度を巡っては、2007年に米国の研究チームが論文を発表している。しかし、この時は誤差と区別がつかなかったため、「光速と差がない」と結論づけられた。今回は原子時計を備えた全地球測位システム(GPS)と光学測量を組み合わせ、3年間かけて約1万5000個分の飛行速度を精緻に測定した。その結果、誤差を考慮しても、光速を超えていることが判明した。

 この観測結果は現代物理学では説明できない。観測に参加した名古屋大の中村光廣准教授は「物理学全体への影響が大きいため、解釈は加えないと研究グループ内で合意している」と述べ、他グループの実験による検証を求めるために発表に踏み切ったとしている。

 ◆ニュートリノ=電気的に中性で、物質を透過する。「電子型」「ミュー型」「タウ型」の3種類があり、飛行中にそれぞれ別の種類に変化するニュートリノ振動という現象を起こす。以前は質量がゼロと考えられていたが、故・戸塚洋二東京大特別栄誉教授らによる観測で、質量があることが明らかになった。
(2011年9月23日21時28分  読売新聞)

転載、以上。
もうひとつ、同じことのNHKのニュース。以下、転載。

ニュートリノ 検証協力呼びかけ

国際研究グループによる実験で、素粒子の1つ「ニュートリノ」の速度が光より速いという結果が発表され、これがアインシュタインの相対性理論と矛盾することから、研究グループでは、世界の科学者に実験結果の検証への協力を呼びかけています。

この実験は、ジュネーブ郊外にあるCERN=ヨーロッパ合同原子核研究機関など、各国の研究機関で作る国際共同研究グループが行ったもので、実験結果は、23日、正式に発表されました。実験では、素粒子の1つ「ニュートリノ」をCERNの研究所から発射し、730キロ離れたイタリア中部の研究所で観測して速度を測定したところ、光よりも1億分の6秒=60ナノ秒だけ早く到着したということです。これは「質量のある物質は光より速く移動することはできない」としたアインシュタインの特殊相対性理論と矛盾するものです。研究結果が発表された会場では、測定の方法を巡ってさまざまな質問や疑問が出され、研究チーム側も実験結果を検証するため、世界の科学者や研究機関に協力してほしいと呼びかけました。CERNの広報責任者は、NHKの取材に対して「日本はニュートリノの研究で世界的にも優れた業績があり、素晴らしい実験施設もある」と述べ、日本からの協力に期待を示しました。
(2011年9月24日 9時37分 NHKニュース)

転載、以上。

もうひとつおまけに、タイムトラヴェルが否定された二ヶ月前のニュースもメモしておきます。以下、転載。

「タイムトラベルは不可能と証明」、香港物理学者

「どんな物体も光の速度を超えることはできない」との理論物理学者アルバート・アインシュタイン(Albert Einstein)の理論に、光の粒子である「光子1個」が従っていることを証明したと、香港の物理学者たちが発表した。つまり、SFの物語外では、タイムトラベルが不可能であることが示されたことになる。

 

Du Shengwang氏率いる香港科技大学(Hong Kong University of Science and Technology)の研究チームは、光子1個が「宇宙の移動の法則に従っている」ことを証明したと発表した。

 香港科技大学のウェブサイトに掲載されたプレスリリースは、「アインシュタインは光速が宇宙の移動の法則であること、単純にいえば、どんな物体も光速を 超えることはできないことを主張した」「Du教授の研究は、光の量子である光子1個が、電磁波と同様に、宇宙の移動の法則に従うことを証明した」と述べて いる。

 タイムトラベルの可能性は、10年ほど前に科学者らが、光速を超える「超光速」の光パルスの伝播を特定の媒体で発見したことで持ち上がった。その後、そ の現象はたんなる視覚効果であったことが分かったものの、研究者たちは光子1個が光速を超える可能性があるかもしれないと考えてきた。

 だが、Du氏は、アインシュタインが正しかったと考え、議論に決着をつけるために、史上初めて光子1個の最高速度を測定することにしたという。

 プレスリリースによると、研究の結果、「光子1個は光速を超えることはできなかった。アインシュタインの因果律、すなわち結果は原因なくして起こりえないとする主張が正しかったことが確認された」という。

 研究は、米国の科学査読論文誌「Physical Review Letters」に発表された。(c)AFP

2011年07月25日 08:42 発信地:香港 〜AFP BBNews

転載、以上。

| | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

ある「作家」の死

「太陽の季節」の作家は死んだ、この報道が真実なら。
以下、転載。


  東京都の石原知事は5日の記者会見で、米国のオバマ大統領がノーベル平和賞受賞後にコンピューターを使った新しい核弾頭のシミュレーションを実施したことに触れ、「日本だってそれぐらいのことやったらいい。3カ月でシミュレーションできる。プルトニウムは山ほどある」と述べ、核保有のための模擬実験は短期間で可能との認識を示した。

 知事は、日本の防衛政策に関連し「日本は強力な軍事国家にならなかったら絶対に存在感を失う」と主張。「スーパーコンピューターを駆使した原爆のシミュレーションなんかすぐできる。(日本は)やったらいい」と指摘した。               2011/08/05 22:14   【共同通信】

転載、以上。
余所で自分ひとりでやってなさい。

| | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

今、国が最優先すべきこと

前記事:「捨てられた日本国民」、次なる悲惨梅雨と放射能を承けて

何事も諦めてしまったら終りだ。
福島第一原発事故はついに史上最大級のものとなってしまった。来日したIAEAは原子力推進の立場から日本の事故処理に対して褒めていたが、事実は「遅すぎた」ために、それによる放射能被害は甚大なのだ。
IRSNの発表に対する米環境エネルギー研究所所長アージュン・マキジャーニ氏(物理学者)のコメントがPeace Philosophy Centreのサイトで紹介されている。
以下、転載。

この被曝予測は本当にひどいと思います。この地域の人たちはこのような被曝を積み重ねることを許されてはいけません。汚染地域の除染対策は、特に子どもを守るために必要です。避難政策は、最初の数週間は(混乱しても)理解できますが、事故が継続するにつれ、益々の混乱を来していることがわかります。一つの原因としては、汚染パターンは放射状に減少するのではないことと、ホット・スポットが各地にできてしまったこと、汚染は選択的方向性を持って広がることがわかってきたことです。

内部被曝の予測(経口摂取、吸入)を予測するのは重要です。IRSNも注記しているように、今回の分析に内部被曝は考慮されませんでした。さらに、放射性ヨウ素の諸同位体も分析対象となっていません。

さらに、この事故はまだ終わっていないのです。ということは、既に沈着したセシウム134(半減期2.1年)が減衰している途中とはいえ、同時に、セシウム134とセシウム137による汚染は増え続ける可能性があるのです。

この事故へのドイツとスイスの(脱原発への)反応のみが、日本に残された賢明な道と言えるでしょう。具体的に言うと、日本が同様の決定をしたら、原発を稼働し続けることに気を取られずに、除染や市民の保護に専念することができるでしょう。また、使用済み燃料をより安全な乾式施設に移し、津波の脅威から守ることができるでしょう。

転載、以上。

また、国内電力の80%をも原子力に依存している原発大国フランスでさえ、脱原発の動きが出てきた。
以下、フランスメディアニュースより

フランス人の62%が段階的な脱原発を望む

*6月5日付けリベラシオン(AFP共同)がJDD紙上で発表された世論調査結果を報じた。

10人のうち6人のフランス人は「25年〜30年」をかけて脱原発を望んでいる。 この調査によると、15%はフランス原発の速やかな停止を望み、逆に22%は原発推進を望んでおり、1%が無回答だった。 過半数を占める55%はフランス原発に対して不安は感じておらず、不安を抱いているのは45%である。

この調査は、ドイツが脱原発を発表した後の6月1日から3日に18歳以上の大人1005人をサンプリングして実施された。

「ソルティール・デュ・ニュクレール(脱原発)」ネットワークにとって、この結果は「フランス世論が福島によって危険の重大さに気付いた」ことを示しているとステファン・ロム広報担当は述べた。
「発生当時の動揺(感情的)が収まっているにもかかわらず、この数字は非常に高い」とAFPに答えている。
「25年間、チェルノブイリはソビエト連邦の所為であり、アメリカやフランス、日本のような先端技術の国ではこのような事態は起こらないと言っていたが、この論拠は崩れてしまった」とロム氏は語る。

「これが言わなければならないこと!」ヨーロッパ・エコロジー緑の党代表セシル・デュフロ書記はこう言う。「脱原発問題に関して政治リーダーたちより市民の方が早く目覚めるとずいぶん前から確信していました」

ナタリー・コシュスコ・モリゼ環境相は「最も優れたエネルギー、それは私たちが消費しないこと」
(後略)
転載、以上。 全文はこちら

................................................................................
................................................................................
「核と人類は共存できない」〜森滝市郎
................................................................................
................................................................................

国が最優先すべきことは、被災者救済と同時に、次の震災に備えての全原発停止。それに一刻も早い民間への具体的な放射能対策ではないのか⁈ こんな時に改憲PC監視法などといった憲法違反に感(かま)けてるなんて、なんて酷い国なんだ!

| | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

梅雨と放射能(リンク追加)

広島 長崎 第五福竜丸 といった史実を経て、私たちには、「黒い雨」という共通認識がある。井伏鱒二の小説「黒い雨」もあり、今村昌平監督によって映画化もされた(音楽を担当されたのが亡き武満徹さんということで、私には記憶されていたが、ついこの間、主演の田中好子さんが亡くなられたばかりである)。因みに私の作品にも、飯島星の詩による原爆による「黒い雨」をテーマとした“8月の雨”という声楽作品がある。指揮者の飛永悠佑輝さんが指導されている女声合唱団Asukaの委嘱によって生まれた組曲〈雨〉の第6曲として書かれた女声(または童声)合唱版をはじめとして、その後に混声合唱版、ソプラノ(またはテノール)独唱版も書かれ、少しでも多くの人たちに歌って頂きたいと思い、ホームページよりそれらの楽譜のPDFを無料配信している。
梅雨時ともなれば、福島第一原発事故による影響が懸念されるが、今のところ、黒い雨が降って来るという話は聞かれない。
しかし、実際のところ、放射能の雨への影響はどうなのか?

おすすめサイトです。前記事に続いて、「現代ビジネス」昨日の記事。
さぁ6月「放射能と梅雨」にはこう立ち向かえ

◆「黒い雨」に関するYouTube:“黒い雨”その実態が明らかに

| | トラックバック (0)

「捨てられた日本国民」、次なる悲惨(追記あり)(リンク追加)

原発震災関連おすすめサイトです。

「捨てられた日本国民」 政府は本当のことは教えない。国民がパニックになるから、だって

「茨城沖が震源、関東を大震災が襲う」米科学誌『サイエンス』衝撃のレポートを緊急検証する!
............
............
異常即決

YouTube:衆院本会議「コンピュータ監視法可決」2011.5.31

菅内閣が急いだコンピュータ監視法案の“本当に危険な箇所”
以下、一部転載。

(前略)
問題は法案の中身だ。ネットでは、「閣議決定」の部分だけでなく、法案そのものが「ウイルス作成を禁じるもので、ネット監視の内容ではない」と、本誌報道を批判する声が多かった。確かに政府は「ウイルス防止」を前面に押し出し、大メディアは、〈ウイルス作成罪新設へ 閣議決定 サイバー犯罪に対応〉(朝日)、〈ウイルス作成に罰則 刑法改正案閣議決定 ネット犯罪抑制〉(日経)などと報じた。本誌への批判は、そうした大メディアの報道を引用していた。

しかし、法案の本当の危険は別の箇所にある。「情報処理の高度化等に対処するための刑法等の一部を改正する法律案」という長い名称と長い条文のうち、刑事訴訟法第197条に新たに加えられた「3項」を引用する。

〈検察官、検察事務官又は司法警察員は、差押え又は記録命令付差押えをするため必要があるときは、(中略)電気通信を行うための設備を設置している者に対し、その業務上記録している電気通信の送信元、送信先、通信日時その他の通信履歴の電磁的記録のうち必要なものを特定し、三十日を超えない期間を定めて、これを消去しないよう、書面で求めることができる〉

日本弁護士連合会国際刑事立法対策委員会委員長でネット犯罪に詳しい山下幸夫・弁護士が解説する。

「この条文は、捜査当局がプロバイダなどに対し、裁判所の令状を受けていなくても通信履歴の保管を要請できるようにするもので、当局が『あいつは怪しい』と思えば、捜査のためと称してメール履歴をプロバイダに保管要請できる。この手続きには裁判所のチェックも働きません」

だからコンピュータ監視法案、もしくはネット監視法案と見られるのである。

そもそもこの法案をその観点から問題視しているのは本誌だけではない。もともとは小泉政権時代の2003年に法制化が検討されたものの、野党だった民主党や日弁連が「令状なし捜査」は問題だと指摘し、何度も条文改正が協議されてきた問題法案なのである。

その後も日弁連は法案に反対する立場を変えていないが、菅政権になった民主党はガラリと態度を変え、問題個所をほとんど直さないまま閣議決定→国会提出を急いだのである。しかも「震災のドサクサの中」で。

※週刊ポスト2011年4月29日号

転載、以上。全文はこちら

こうした国の不正(憲法違反)に対して国民が本気で怒って止めさせなければさらなる地獄がやって来るだろう。

関連おすすめサイト
〈民主党がこの災害時に言論弾圧のPC監視法案を閣議決定→衆院通過〉

関連おすすめブログ

”現代版・治安維持法”「コンピュータ監視法案」が衆議院にて可決

| | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

原発は全面廃炉の道しかない(追記訂正あり)

慣れない携帯からの更新で、前に投稿したふたつの記事を誤動作で消去してしまった。
本質的な重要点だけ再記すると、原子力は元々無くてもエネルギーは足りるので、原発は全面廃炉へ向けて動き出すしかない。原発は稼動してても停止しているだけでも危険だからだ。
所謂「原子力村」とは憲法違反の利権互助集団だ。被曝労働者にたいする恐ろしい人権侵害の上に築き上げられたおぞましいバベルの塔である。滅び去るべくして滅び去るのみである。
ところが、政府は原子力推進をやめるつもりがなさそうであることから、まだまだ犠牲者が絶えそうもない。本当に救いのない悲惨な酷い国である。
以下、Y!ニュースより転載。

菅首相 G8演説で「原発継続」表明へ

毎日新聞5月21日 2時33分配信

菅直人首相=国会内で2011年5月20日、藤井太郎撮影(写真)
 菅直人首相が26、27日にフランス・ドービルで開かれる主要国首脳会議(G8サミット)で行うエネルギー政策に関する発言の概要が20日、分かった。東京電力福島第1原発事故を受け、太陽光や風力など再生可能エネルギーの普及を推進するなど4本柱で構成。原発の安全性を向上させたうえで継続利用する方針を示し、日本が「脱原発」に転じたとの見方を払拭(ふっしょく)する。

菅首相:G8サミットで新エネルギー政策表明へ

 発言は26日昼(日本時間同夜)のG8のワーキングランチの冒頭で行われる。4本柱は(1)原子力の安全性向上(2)再生可能エネルギーの推進(3)石油、石炭など化石燃料の二酸化炭素(CO2)排出量削減(4)省エネ・節電。特に再生可能エネルギーを基幹エネルギーに加える方針を強調する。化石燃料のCO2排出量については、日本は石炭をガス化するなど最先端の削減技術を持つため、普及を促進する。【大貫智子】〜毎日jp

転載、以上。
菅首相の掲げた四本柱中(1)は不要。ただし、全面廃炉にむけた取組上での安全性向上でなら必要。例えば、このブログ上でも何度か紹介したフランスのCRIIRADのような第三者機関の、廃炉への過程での存在意義は、事故後の放射線被害の予報や警報を出すことやデータ化などといったことの意義と併せて大きいと思う。
(3)は?
菅首相よ、いずれにしましても、私たちの望むところは「脱原発」です。

| | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

遅報:メルトダウン

以下、転載。

福島第1原発:地震16時間後、燃料の大半溶融 1号機

2011年5月15日 21時36分 更新:5月16日 3時40分

福島第1原発を津波が襲った瞬間=東電提供(写真)
 福島第1原発事故で東京電力は15日、1号機では地震発生から16時間後には燃料の大部分が溶融したとする暫定解析結果を発表した。地震直後の炉心の状況が判明したのは初めて。1号機の燃料損傷について東電は、3月に70%と発表し、4月に55%へ修正。経済産業省原子力安全・保安院も当時、メルトダウン(炉心溶融)に否定的な見解を示しており、当事者の見通しの甘さが示された。

 5月上旬に必要なデータが判明し、重大事故を解析するプログラムにデータを入力して炉心溶融したとみられる1号機の圧力容器内の状況を解析した。

 東電によると、地震発生直後には圧力容器内の蒸気を冷やす「非常用復水器」が働いていたが、3月11日午後3時半ごろに1号機に津波が到達して機能が喪失したと仮定した。

 解析の結果、津波到達直後から圧力容器内の水位が急激に下がり始め、午後6時ごろに燃料頂部が水面から露出。同7時半ごろに燃料が完全に水面上に出て空だき状態になって損傷が始まり、同9時ごろには炉心の温度が燃料の融点(2800度)に達した。

 同日の午後7時50分ごろには燃料上部が溶融して崩落し始め、16時間後の12日午前6時50分ごろには、燃料の大部分が溶融し圧力容器底部に落下するメルトダウンの状態になった。東電は、この時点で圧力容器の底が損傷して水が漏れ始めたと推定している。ただ、損傷は限定的とみている。

 同午前5時50分ごろから炉心に淡水を入れ始めた。しかし、解析によると水位は容器が損傷した同6時過ぎに急激に下がって燃料の下端から4メートル下になり、その後、海水を注入しても変化はなかった。

 東電は「その後の注水で継続的に燃料の冷却ができている。今後大規模な放射性物質を放出する事態にはならない」としている。

 地震から2カ月以上たった15日に発表したことについては、5月上旬から原子炉の温度や圧力など詳しいデータが入り始めたため解析を始め、13日に結果が出たという。2、3号機でも同様の解析を実施する。【関東晋慈、江口一、藤野基文】

【毎日jp】より転載、以上。

| | トラックバック (0)

原発停止による「夏の電力不足」は本当か⁈(リンク追加)

東電+政府発表の原発停止に伴う「夏の電力不足」は本当か⁈
それは嘘。

とり急ぎ(このところこのフレーズが続いて恐縮ですが)、おすすめブログへのリンクを。http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/d61fa1d5352ed222be71be793161d94d?fm=rss

.......................................................................................................................................

You Tube のリンク追加します。必見!(20110625)

http://www.youtube.com/watch?v=xf9j7ov7apU

http://www.youtube.com/watch?v=aJAHUHGpslo&feature=related

| | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

今日はマスクが手放せない

福島第一原発、1号機建屋の二重扉を開けるため、今日の午後にも放射性物質が放出されるようです。東北関東の皆さん、外出時はマスクを!
以下、Y!ニュースより転載。

1号機二重扉開放へ、放射性物質放出の可能性

読売新聞5月7日 20時17分配信
 東京電力は7日、福島第一原子力発電所1号機の原子炉建屋内から8日午後にも、放射性物質が外部へ放出される可能性があると発表した。

 原子炉建屋内で人が本格的な作業を始めるのに先立ち、建屋の二重扉を開放するため。東電は放射線量の監視を強化する。

 東電によると、タービン建屋との間にあるこの二重扉を利用して敷設した配管で、原子炉建屋内の空気をタービン建屋側に設置した浄化装置に引き込み、浮遊する放射性物質を除去している。二重扉はタービン建屋側に作った小部屋で覆っているため、両方の建屋は事実上は仕切られていた。

 5日に始めた浄化で原子炉建屋内の放射性物質濃度は下がり、作業を本格化させるめどがついた。今後はこの二重扉から作業員が出入りできるよう、東電は8日午後にも小部屋を取り払い、扉を開放する。

 扉を開放すると、放射性物質を含む原子炉建屋内の空気が、タービン建屋側から流入する空気で押し出され、水素爆発で崩れた天井部分から屋外へ放出される。東電は、周辺の放射線量の数値を変えるほどの量ではないと試算している。
最終更新
5月8日 2時5分

転載、以上。

| | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

「福島第1原発:内閣官房参与、抗議の辞任」

以下、毎日jp転載。

福島第1原発:内閣官房参与、抗議の辞任

2011年4月29日 21時8分 更新:4月29日 22時16分

 東日本大震災発生後の3月16日に内閣官房参与に任命された小佐古敏荘・東京大教授(放射線安全学)が29日、菅直人首相あての辞表を首相官邸に 出した。小佐古氏は国会内で記者会見し、東京電力福島第1原発事故の政府対応を「場当たり的」と批判。特に小中学校などの屋外活動を制限する限界放射線量 を年間20ミリシーベルトに決めたことに「容認すれば学者生命は終わり。自分の子どもをそういう目に遭わせたくない」と異論を唱えた。

 小佐古氏は、政府の原子力防災指針で「緊急事態の発生直後から速やかに開始されるべきもの」とされた「緊急時迅速放射能影響予測システム (SPEEDI)」による影響予測がすぐに運用・公表されなかったことなどを指摘。「法律を軽視してその場限りの対応を行い、事態収束を遅らせている」と 批判した。

 小佐古氏はまた、学校の放射線基準を年間1ミリシーベルトとするよう主張したのに採用されなかったことを明かし、「年間20ミリシーベルト近い被 ばくをする人は放射線業務従事者でも極めて少ない。この数値を小学生らに求めることは、私のヒューマニズムからしても受け入れがたい」と述べた。【吉永康 朗】

転載、以上。

菅首相は国民にとってとても危険です。いのちを何だと思っているのでしょうか?

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bouquet des Tons | etc. | Haruan shop | YAISAMANENA | YouTube | □新 月巡りの歌□ | □楽譜 | ◇お報せ | ◎CD | ◦monologue intérieur | ★作曲 | ★編曲 | ☆作曲 | ☆編曲 | ♪演奏会案内 | ♪演奏会記録 | ♪演奏会随想 | ♪発表 | ♪試聴♪ | 〈YAISAMANENA〉 | 〈大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある〉 | 〈父は空 母は大地〉 | 《Bouquet des Tons》 | 《Nostalgia》 | 《Spring ephemeral》 | 《YUKAR fragments》 | 《お月さまのかお》 | 《ポール・クローデルの『百扇帖』による二重奏詩》 | 《ラヴェルの墓》 | 《三つの影像》 | 《季節の子供》 | 《小さな挿絵》 | 《星の音楽》 | 《月巡りの歌》 | 《柔らかく澄んだ時の旅》 | 《油屋お紺》 | 《雨》 | おすすめCD | おすすめYouTube | おすすめサイト | おすすめツイキャス | おすすめブログ | おすすめ映画 | おすすめ本 | おすすめ音楽 | ご挨拶 | ご案内 | はるあんノート - 作品 - | ぼっくすおふぃす(神品正子) | アンサンブル・レトワール | ドビュッシー | ドビュッシー:《ペレアスとメリザンド》 | ニュース | ポエトリー・リーディング | ラヴェル | ラヴェル:《子どもと魔法》 | 予告 | 人類滅亡への道 | 写真展案内 | 写真展随想 | 勉強会案内 | 募集 | 南部合唱団 | 原発震災 | 叫び | 合唱団ルミル | 問答 | 基地問題 | 好きな詩 | 寮 美千子 | 平和への歩み または 揺籃 | 心に響くことば | 思考メモ | 意見 | 放射能対策参考情報 | 旅 随想 | 映画上映案内 | 朗読サロン案内 | 朗読サロン随想 | 歎き | 演劇案内 | 物理学 | 独りデモ | 生徒募集 | 署名 | 美術 | 美術展随想 | | 論考 | 講演会案内 | 随想 | 音楽 | 響きあう詩