飛永悠佑輝

2012年10月29日 (月)

♪Virtuoso The 30th CONCERT 輝ける光彩と律動 〜ドビュッシー生誕150周年に寄せて〜

ピアニスト飛永美保子さんの桐朋学園大学時代のお仲間によるコンサートのご案内です。毎年定期公演を実施されている“Virtuoso”の皆さんによるコンサートです。今年はドビュッシー生誕150周年に寄せて企画されたプログラム。

♪Virtuoso The 30th CONCERT
  輝ける光彩と律動 〜ドビュッシー生誕150周年に寄せて〜

日時▶2012年10月31日(水)19時開演
会場▶神奈川区民文化センター「かなっくホール」
   交通アクセス→こちら
料金▶2000円
お問合せ▶ヴィルトオーソ事務局 045-562-7555(飛永)
プログラム等詳細は下のチラシをご参照ください。クリックしますと拡大表示されます。
Virtuoso30
飛永美保子さんは新日鐵君津合唱団と合唱団カベル合同委嘱によって書かれた私の合唱作品〈父は空 母は大地〉が合唱団それぞれの本拠地である君津(2003年)と日立(2004年)で初演された時のピアニストで、指揮者の飛永悠佑輝さんの奥さん。ご夫妻には大変お世話になっています。
今回の会場では、おふたりが指導されているアットホームな合唱団=女声合唱団Asukaの皆さんの委嘱により書かれた寮美千子さんの詩による作品が初演されたこともあり(参照)、私には懐しい場所です。寮美千子さんがわざわざ聴きにいらしてくださった所でもありました。その時のピアニストは成光直子さんでしたが、成光さんのご主人がリーダーのコーラスグループ“アンサンブル大倉山”はアカペラヴァージョンの“YAISAMANENA”を取上げてくださっているのです(既載記事参照)。成光さんもまたこのVirtuosoのメンバーで、今回の会にもご出演されます。
素晴らしいピアニストの皆さんです。また、指揮者の飛永さんがドビュッシーのヴァイオリン・ソナタでゲスト出演されることも乞うご期待の演奏会であると思います。是非、お出かけください。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bouquet des Tons | Ensemble l'Étoile | etc. | Fluty Creation(内谷貴志) | Haruan shop | YAISAMANENA | YouTube | □新 月巡りの歌□ | □楽譜 | ◇お報せ | ◎CD | ◦monologue intérieur | ★作曲 | ★編曲 | ☆作曲 | ☆編曲 | ♪演奏会案内 | ♪演奏会記録 | ♪演奏会随想 | ♪発表 | ♪試聴♪ | 〈YAISAMANENA〉 | 〈大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある〉 | 〈父は空 母は大地〉 | 《Bouquet des Tons》 | 《Nostalgia》 | 《Spring ephemeral》 | 《YUKAR fragments》 | 《お月さまのかお》 | 《ポール・クローデルの『百扇帖』による二重奏詩》 | 《ラヴェルの墓》 | 《三つの影像》 | 《季節の子供》 | 《小さな挿絵》 | 《星の音楽》 | 《月巡りの歌》 | 《柔らかく澄んだ時の旅》 | 《油屋お紺》 | 《雨》 | おすすめCD | おすすめYouTube | おすすめサイト | おすすめツイキャス | おすすめブログ | おすすめ映画 | おすすめ本 | おすすめ音楽 | ご挨拶 | ご案内 | はるあんノート - 作品 - | ぼっくすおふぃす(神品正子) | アンサンブル室町 | ツイス五重奏団 | ドビュッシー | ドビュッシー:《ペレアスとメリザンド》 | ニュース | ポエトリー・リーディング | メシアン | ラヴェル | ラヴェル:《子どもと魔法》 | ローラン・テシュネ | 予告 | 人類滅亡への道 | 写真展案内 | 写真展随想 | 勉強会案内 | 募集 | 北絵三子 | 南部合唱団 | 原発震災 | 叫び | 合唱団ルミル | 問答 | 基地問題 | 大坂寛 | 奈良英子 | 好きな詩 | 学会案内 | 寮 美千子 | 平和への歩み または 揺籃 | 心に響くことば | 思考メモ | 意見 | 放射能対策参考情報 | 旅 随想 | 早島万紀子 | 映画上映案内 | 朗読サロン案内 | 朗読サロン随想 | 望月裕央 | 柳町正隆 | 歎き | 演劇案内 | 物理学 | 独りデモ | 現代邦楽グループ真珠 | 生徒募集 | 絹の会 | 署名 | 美術 | 美術展随想 | 西川浩平 | | 説明 | 論考 | 講演会案内 | 辻井甫山 | 随想 | 音楽 | 響きあう詩 | 飛永悠佑輝 | 飛永美保子 | 飯島 星 | 鶴岡恵