辻井甫山

2010年9月29日 (水)

♪甫山尺八リサイタル 2

一昨昨日、三重県松阪市で開催された演奏会の記録です。

 

♪甫山尺八リサイタル 2 油屋お紺〜伊勢音頭恋寝刃〜

▶日時 2010年9月26日(日) 14時開演
▶会場 松阪コミュニティ文化センター

▶プログラム

1 アランフェス協奏曲【編曲初演】  ホアキン・ロドリーゴ 作曲
                        愛澤伯友 編曲

2 風神&雷神  吉崎克彦 作曲

3 三つの追想【編曲初演】 アルルの女 組曲第1番第1曲“プレリュード”  ジョルジュ・ビゼー 作曲
                  ダニー・ボーイ  アイルランド古謡
                  悲しい酒  古賀政男 作曲
                   高橋喜治 編曲

       ー 休憩 ー

4 本曲 木枯  流祖 中尾都山 作曲

5 三曲 御山獅子  菊岡検校 作曲

6 油屋お紺〜伊勢音頭恋寝刃〜【委嘱初演】  高橋喜治 作曲
   一 序:伊勢の夏
   二 油屋お紺
   三 二見が浦
   四 万野と貢
   五 青江下坂〜伊勢音頭

▶出演 辻井甫山/尺八(1,3,4,5,6)

     中西勲/指揮(6)【客演】

     檜垣修/三絃(5) 小林ちひろ/箏(5) 【客演】

     中西京子/ヴィブラフォン(3)・打楽器(6)【客演】

     浦田繁/チェロ(3,6)【客演】

     入交裕子・藤堂恵生/箏  大西雅世/十七絃 【賛助出演】

▶司会 今村英靖     

▶照明 有限会社アトリエ(津)
▶音響 有限会社ジーボックス(松阪)
▶舞台設営 三味富(松阪)

▶会場装花 こもの花苑(佐々木直喜 監修)

▶主催・企画 甫山リサイタル実行委員会

★辻井甫山 プロフィール

1969年 名城大学理工学部尺八部入部

      都山流尺八を加藤名山師に師事

1976年 都山流尺八(日本尺八連盟)師範 首席

1983年 第8回都山流全国尺八コンクール大会 首席

1988年 日本尺八連盟4部門合格

2008年 第1回甫山尺八リサイタル 開催

2009年 甫山尺八古典一管 開催

1989年に「邦楽合奏団 真珠(あらたま)」を結成し、真珠のメンバーの一人として、演奏者の中心となり、15年間に渡り現代邦楽の普及のため活動してきた。

自分への挑戦を含めて、尺八で良質なオリジナルティのある音楽を提供していきたい。 三重県三曲協会 会員

                             (辻井甫山)

「自分への挑戦を含めて、尺八で良質なオリジナルティのある音楽を提供していきたい」という辻井甫山さんのお言葉、一人の尺八奏者の果敢な挑戦、素晴らしいと思います。今後益々のご発展祈らずにはいられません。

| | トラックバック (0)

2009年11月30日 (月)

☆3つの仕事の正式タイトル

今年の残りと来年のはじめにかけての3つの仕事の正式タイトルが決定した。

1 二重奏詩《スプリング・エフェメラル》

2 ポール・クローデルの『百扇帖』による二重奏詩

3 《伊勢音頭恋寝刃》

1はフルート愛好家の田中和子さんの依頼による2管のフルートのための連作掌品集。Fluty Creationの内谷貴志さんのプロモーションによって実現。
田中さん撮影によるスプリング・エフェメラルの写真からの印象と、草津の野山を旅した想い出が重ねられた作品となる。Fluty Creationからの出版も検討される予定。

2はチェンバリストのローラン・テシュネ氏プロデュースのコンサートシリーズ「チェンバロ+」のための作品で、今回はチェンバロとオルガンのデュオのための作品。「ポール・クローデルの『百扇帖』による作曲」とはテシュネ氏より頂いたテーマである。
『百扇帖』は、日本を愛した外交官詩人クローデルと、彼と当時親交のあった仏文学者山内義雄・書道家有島生馬とのコラボレーションによる、クローデルの日本との別れに際して制作された詩的遺産である。
来年(2010年)2月24日カザルス・ホールにて、テシュネ氏のチェンバロ、早島万紀子氏のオルガンによる初演が予定されている。

3の《伊勢音頭恋寝刃》とは歌舞伎狂言・文楽の人気演目のひとつとして今日でもしばしば上演されている演目のタイトルに同じ。(いせおんどうこいのねたば)と読む。「音頭」は(おんど)ではなく(おんどう)。
来年9月26日三重県松阪市の松阪コミュニティセンターにて予定されている尺八奏者 辻井甫山氏のリサイタルのための委嘱作品である。編成は尺八 チェロ 二面の箏 十七絃 打楽器。役者や声は一切なく音楽だけの作品である。
近松徳三の台本における人間洞察力もさることながら、その手法の現代性にも驚いた。音楽だけでそれをいかに表すかが最大の課題のひとつでもある。

*「二重奏詩」という名について
「二重奏曲」ではなく「二重奏詩」というこの聞きなれない名は、二重奏による詩的世界を意味する私の造語である。楽器の組み合わせに決まりはない。今回はたまたま1のフルート2本であり、2のチェンバロとオルガンであったが、1989年に旧芸大奏楽堂で開かれた当時マナ・オルゲルバウのビルダーであった木村秀樹さん主催のコンサートで初演された二重奏詩《ヒポロロとサンサ》で使ったのが最初だ。その時はクラリネットとオルガンであった。それから20年経過した今、また新たな境地で、ふたつの「二重奏詩」を書いている。

いずれの仕事もそれなりのウェイトを占めてはいるが、すべて芸術的意義をもって進められている。

感謝いたします。

※(後註) 後に委嘱元からの要請で 《油屋お紺》〜伊勢音頭恋寝刃〜 と改題。

| | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

みんしゃん亭テーマ曲 完成

 《みんしゃん亭テーマ曲》が完成した(7月29日)。「みんしゃん亭」は現代邦楽グループ真珠(あらたま)の主宰であられる伊藤紀子さんとお仲間方々が新たに今年の9月27日伊勢河崎商人館街の角吾座でオープンする邦楽寄席だ。伊藤さんは会場とその近辺の写真を前以てお送りくださったので作曲のイメージ作りに拍車がかり、この場所でこれからどんな音楽の世界が繰り広げられるのだろう?! という、どこか懐かしさも入り交じった期待感そのままが曲になった、と言えようか… ともあれ江戸の風情をそのまま残したような佇まいのたいそう床しい場所でこのみんしゃん亭テーマ曲が奏でられることになる。演奏は来年9月26日に第二回目のリサイタルをご予定されている尺八の辻井甫山さんと箏と十七絃のトリオの編成による。テーマ曲と同時に依頼されていた《フルート&箏メドレー》の編曲ものも完成。詳細はまた後日に...。

| | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

cup kamuy ho

cup kamuy ho
e=ray na ho
yaynupa ho

もうすぐ日蝕。(後註:7月22日)
以上はアイヌの呪文だ。「太陽の神様/貴方は死にます/(...そして)蘇ります」

コンピュータが壊れて久しく更新が途絶えた。ホームページの方は未だ更新がとても面倒な状態だ。この状態はまだ当分続きそうだ。

近況
 6月7日に横浜国立大学グリークラブOB合唱団のミューザ川崎シンフォニーホールで開催された第9回定期演奏会で横浜の名歌「赤い靴」の編曲(無伴奏男声合唱)が飛永悠佑輝氏の指揮で発表された。残念ながら私は仕事で行かれず聴逃したが、私の知っている無駄のない的確な、しかも情感を大切にした飛永氏の指揮で、悲惨な戦争の傷跡が感動的に歌われたことであろうと信じている。この編曲は現場で合唱団のことを知り尽くしている飛永氏のアドバイスを聞きながら私の個性も反映できた非常に幸な機会であったと関係者の皆さんに感謝している。
 この前の記事でも唐突に書いたように、7月3日に歴史あるツイス五重奏団主催の「連続演奏会 室内楽の変遷 第125回」で内谷貴志さん主宰のFluty Creation出版より出版された二作が初演された。低音フルートを導入したフルートアンサンブルの創始者であられる青木明先生、子供の時からその音色に魅了されていた野口龍先生、と、フルート界の大御所が並ぶ凄さもさることながらフルート音楽の魅力を満喫するに余りある素晴らしい演奏会であった。そして後半に用意された拙作二作の初演では、澤田由香さん(アルトフルート)と斉藤惟吹さん(ギター)の二人の才能によって《NOSTALGIA》に躍動感溢れる生命が吹き込まれたことは大きな喜びだった。またこの作品は内谷貴志さんと建築家の高島祐三さんのお二人なくしては生まれなかった。お二人並びに応援してくださった全ての皆さん、素晴らしい機会を与えてくださった 青木先生 野口先生、そしてツイス五重奏団の皆さんに心から感謝いたします。→演奏会記録

 自主的なものとして、やっと、ソプラノとオーケストラのための《三つのアイヌ民謡》の加筆修正しながらのコンピュータ浄書を一先ず終えることができた。また、昨年4月より開始した「新 月巡りの歌」で、ピアノ独奏のための組曲《月巡りの歌》2008(全12曲)をほぼ完成することができた。「ほぼ」と言うには未だ若干未完成の箇所があるのだが。6月(...風のおしえ)の浄書ももうすぐ。組曲《小さな挿絵》IIは“春の雨”の「三つの表情」で止まっている。

 また出来立てのほやほやに、寮美千子さん作詞 清田愛未さん作曲の「あおによし」。これは奈良市民合唱団の委嘱で編曲。

予定
 数年ぶりに真珠(あらたま)の伊藤紀子さんからお声がかかり9月オープンの邦楽寄席「みんしゃん亭」のテーマ曲[尺八,箏,十七]を書くことに →7月中完成、9月27日初演。
 組曲《柔らかく澄んだ時の旅》第二弾[Q.fl](Fluty Creation) →8月〜9月中完成、その後出版&初演。
 《二重奏詩》(仮題)[Cem,Org](Laurent Teycheney) →9月〜10月中完成、来年2月24日初演。
 《SPRING EPHEMERAL》(仮題)[2Fl](田中+Fluty Creation) →10月〜11月中完成、その後出版&初演。
 《伊勢音頭恋寝刃》[尺八とチェロと二面の箏と十七絃と打楽器](甫山尺八リサイタル) →12月末完成。来年9月26日初演。

           ※(後註) 後に委嘱元からの要請で 油屋お紺〜伊勢音頭恋寝刃〜と改題。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bouquet des Tons Ensemble l'Étoile etc. Fluty Creation(内谷貴志) Haruan shop YouTube □新 月巡りの歌□ □楽譜 ◇お報せ ◎CD ◦monologue intérieur ★作曲 ★編曲 ☆作曲 ☆編曲 ♪演奏会案内 ♪演奏会記録 ♪演奏会随想 ♪発表 ♪試聴♪ 〈YAISAMANENA〉 〈大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある〉 〈父は空 母は大地〉 《Bouquet des Tons》 《Nostalgia》 《Spring ephemeral》 《YUKAR fragments》 《お月さまのかお》 《ポール・クローデルの『百扇帖』による二重奏詩》 《ラヴェルの墓》 《三つの影像》 《季節の子供》 《小さな挿絵》 《星の音楽》 《月巡りの歌》 《柔らかく澄んだ時の旅》 《油屋お紺》 《雨》 おすすめCD おすすめYouTube おすすめサイト おすすめツイキャス おすすめブログ おすすめ映画 おすすめ本 おすすめ音楽 ご挨拶 ご案内 はるあんノート - 作品 - ぼっくすおふぃす(神品正子) アンサンブル大倉山 アンサンブル室町 シュプレヒコール ツイス五重奏団 ドビュッシー ドビュッシー:《ペレアスとメリザンド》 ニュース ポエトリー・リーディング メシアン ラヴェル ラヴェル:《子どもと魔法》 ローラン・テシュネ 予告 人類滅亡への道 写真展案内 写真展随想 勉強会案内 募集 北絵三子 南部合唱団 原発震災 叫び 合唱団ルミル 問答 基地問題 多希まゆ美 大坂寛 奈良英子 好きな詩 学会案内 寮 美千子 平和への歩み または 揺籃 心に響くことば 思考メモ 意見 放射能対策参考情報 旅 随想 早島万紀子 映画上映案内 朗読サロン案内 朗読サロン随想 望月裕央 柳町正隆 歎き 演劇案内 物理学 独りデモ 現代邦楽グループ真珠 生徒募集 絹の会 署名 美術 美術展随想 西川浩平 説明 論考 講演と演奏 講演会案内 辻井甫山 長澤依子 随想 音楽 音楽エッセイ 響きあう詩 飛永悠佑輝 飛永美保子 飯島 星 鶴岡恵 齊藤佐智江