ぼっくすおふぃす(神品正子)

2016年11月11日 (金)

◎CD: ぼっくすおふぃす・朗読さろん Vol.5 お月さまのかお

  ◎CD: ぼっくすおふぃす・朗読さろん Vol.5
 お月さまのかお
Cdotsukisamanokao_3  

既にホームページ上でも販売していましたが、今日から Haruan shop からも販売します。

この風の耳の右サイドバーにある“風の耳飾り”の中にもページがあります。
 ⇒こちら

定価¥2000(税込) 販売は1回のご注文につき1枚までとさせて戴き、送料は無料です。

◎Amakane Label
Amakanelogo



このページのトップ

| | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

随想「ぼっくすおふぃす・朗読さろん Vol.6」

昨日ご案内させて頂きました神品正子さんの「ぼっくすおふぃす・朗読さろん Vol.6 神品友子没後10年〜ドイツ現代童話を聴く夕べ」の随想です。

まずは、当日プログラムを以下に。

 プログラム

★お話
  神品芳夫

★ねこのアイウエオ  Zupp
  ハンス・マグヌス・エンツェンスベルガー/作
  神品友子/訳(晶文社)

  

朗読/越前屋加代 佐々木優子 青木勇二

     休憩(10分)

★R.シュトラウス(フバイ編曲):モルゲン!〜「4つの歌」op.27より第4番
★ドルドラ:思い出(スーヴェニール)
★クルト・ヴァイル(クリティアン編曲):モリタート(マック・ザ・ナイフ)〜「三文オペラ」より
★ポリディーニ(クライスラー編曲):踊る人形

  ヴァイオリン/油井ユリ子  ピアノ/本間有紀



★お月さまのかお  Das Mondogesicht
  ゲルダ・マリーシャイルド/作
  神品友子/訳(ほるぷ出版)

  朗読/三好美智子

プログラム、以上。

今回は、神品さんのお母さんの没後10年を記念した会。
はじめに、お父さんの神品芳夫先生のお話。「学問的な話は抜きで、夫として故人を偲びたい」と前置きされた上で、まだ女性が学問のため海外に行くことさえもが憚られるような古い空気が残っていたご結婚当時のご苦労話などと共に、文学にも三人のお子さんを育てることにも力を惜しまなかった神品友子先生のご生前が偲ばれました。

続いて作者と作品について簡潔なご解説がありました。
「ねこのアイウエオ」の作者ハンス・マグヌス・エンツェンスベルガー氏は、今も精力的に活躍されているドイツの作家・詩人・批評家・翻訳家で、この「ねこのアイウエオ」にも、虚偽に充ちた大人社会へのチクリとした批判が込められていること、そして、私が特に共感を持って心に止めたのは「子供の心でなければ社会変革は為し得ない」というお言葉でした。確かに日本の今を見てもそう思います。

※ 原題は“Zupp”ですが、「ねこのアイウエオ」という日本語のネーミングは神品芳夫先生のアイデアということでした。

一方「お月さまのかお」の作者は「ねこのアイウエオ」の作者に比べるとあまり有名ではないそうですが、この作品は、エンツェンスベルガー氏とは対称的に、社会的思想的なことはなく、ひたすら叙情的な作品であると語られました。私もそう思っていました。
この絵本のお話は、マリオンという少女が絵に描いた「月のこども」が、絵から抜け出して、家から出てあちこち冒険を始めるというお話。(以下、ある程度内容を明かしてしまいますので絵本を読まれることを楽しみにされている方は跳ばしてください) 

月のこどもはいろいろな人たちや動物たちとの交流を経た後、「本物の月」と肩を並べることになるのですが、月のこどもは星々を掃除する「星みがき」によって、さっと拭き消されてしまうのです。しかし、それを後悔した星みがきはマリオンのもとへ飛んで行って、雑巾の皺と皺の間に隠れていた月のこどもを紙の上に甦らすのでした。そうして、「それで 月のこどもは?/また マリオンのうちへ かえってきたのです/月のこどもは おおよろこびで 光りました/なにもかも うまくいって ほんとによかったですね」と、ハッピーエンドで終わります。
私は4年前のぼっくすおふぃす・朗読さろんVol.5で、この「お月さまのかお」に作曲させて頂いたのでしたが、エンディングでは何故かホロッとなってしまうほど、いまだに非常に好きな作品となっています。

後半のはじめに神品さんの妹さんによるヴァイオリン演奏がありました。曲目をこの日のために考えに考えた上での演奏と言うことでした。ピアニストはお母さんのこともご存知の気心の知れたお友達ということでした。妹さんはとても明るい方で、演奏の後での「幾つか事故がありましたが…」という言い訳もご愛嬌の内に、ご自身による解説と相まって、楽しい一時を作っていました。

最初に、神品先生は、「この会は私が提案したことではなく、娘たちが自主的に企画してくれたこと」とお断りなさってましたが、実にアットホームな暖かい雰囲気に包まれて、ドイツ現代童話を味わうことのできた会でした。

| | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

「ぼっくすおふぃす・朗読さろん Vol.6 神品友子没後10年〜ドイツ現代童話を聴く夕べ」

日が迫ってのご案内で恐縮ですが、明日開催の劇作家・演出家の神品正子さん主宰の朗読さろんのご案内です。
今年はドイツ文学者であられました神品正子さんのお母様=神品友子先生の没後10年ということで、朗読に「お月さまのかお」「ねこのアイウエオ」が取上げられ、お父様の神品芳夫先生によりますお話(作品解説)も併せございます。
私は、2007年のぼっくすおふぃす・朗読さろんVol.5(風の耳 こぼれおちる月 参照)にて、「お月さまのかお」の音楽を担当させて頂いたこともあり、絵本の独特な色彩の絵と共に魅了された「お月さまのかお」の愛読者の一人です。また、その折に神品さんより頂いた「ねこのアイウエオ」も愛読していました(本のご購入は下記リンクより可能です)。
今回は、神品正子さんの妹さんの油井ユリ江さんのヴァイオリン演奏付ということで、アットホームな雰囲気でドイツ現代童話の魅力を味わうことの出来る貴重な機会ではないかと期待されます。

ぼっくすおふぃす・朗読さろん Vol.6
神品友子没後10年〜ドイツ現代童話を聴く夕べ


▶日時 2011年8月20日(土) 開場/16:30 開演/17:30
▶会場 自由学園明日館 講堂
     Tel 03-3971-7535
▶入場料金 2500円(全自由席)
▶お問合せ ぼっくすおふぃす


♪プログラム

お月さまのかお Das Mondgesicht
 ゲルダ・マリー・シャイドル 作
 神品友子 訳(ほるぷ出版刊)

 朗読/三好 美智子

ねこのアイウエオ Zupp
 ハンス・マグヌス・エンツェンスベルガー 作
 神品友子 訳(晶文社刊)

 朗読/青木 勇二  越前屋 加代  佐々木 優子


  構成・演出     神品 正子
  お話         神品 芳夫
  ヴァイオリン演奏 油井 ユリ江


おすすめ本の購入:Amazonへのリンク

お月さまのかお

ねこのアイウエオ

| | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

…風のおしえ 響きあう詩

予感

わたしは遠方にとり囲まれた旗のようだ、
風がくるのを予感する。かなたで物たちが、まだ身じろぎも
しないのに、わたしは風を生きねばならない。
扉はまだやわらかに締まり、暖炉には静けさがある。
窓の列はまだふるえず、埃もまだ積もったまま。

それなのにわたしはすでに嵐の到来を感じ、海のように荒れる。
そしてわたしは自分を広げ、自分の中へ転落する。
自分の身を投げ出し、全くひとりで
大きい嵐の中にいる。

                        

     Vorgefühl(リルケ 作 神品芳夫 訳)


◎月巡りの歌 6月(...風のおしえ) CD→ぼっくすおふぃす・朗読さろん Vol.5 お月さまのかお

◆予感 詩集→『リルケ詩集』 神品芳夫 編・訳 小沢書店

□月巡りの歌 6月(...風のおしえ) 楽譜→こちら

| | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

◎ぼっくすおふぃす・朗読さろん Vol.5 お月さまのかお

◎ぼっくすおふぃす・朗読さろん Vol.5 お月さまのかお

劇作家・演出家の神品正子さん主宰のぼっくすおふぃす公演。2007年10月12日、ムジカーザでのライヴ録音CDです。2000円にて販売します。
Cdotsukisamanokao_2
お申し込み・お問合せはメールにて(右サイドバーの「メール送信」より)お願いいたします。


構成・演出 神品 正子
音楽     高橋 喜治

出演     多希 まゆ美/朗読
        奈良 英子/ピアノ
        齊藤 佐智江/フルート&アルトフルート

収録内容

01 月の記憶[フルートとピアノ]
02 「月巡りの歌」より4月(...美しき御寺に風は時折海の予感を運び)[ピアノ]
03 「月巡りの歌」より3月(...海の雪)[ピアノ]
04 雲[アルトフルート]
05 予感(ライナー・マリア・リルケ/詩 神品芳夫/訳)[朗読]
06 「月巡りの歌」より6月(...風のおしえ)[ピアノ]
07 「星の音楽」 I スピカ〜春の誘い星〜[フルートとピアノ]
08 「星の音楽」 II ヴェガとアルタイル〜織女と牽牛〜[フルートとピアノ]
09 「星の音楽」 III アルリシャ〜美と愛の結び目星〜[フルートとピアノ]
10 「星の音楽」 IV アルデバラン〜幸せの星〜[フルートとピアノ]
11 お月さまのなかにはなにがある?(イタリア民謡)[フルートとピアノ]
12〜30 「お月さまのかお」(ゲルダ・マリー・シャイドル/作 神品友子/訳)[朗読とフルートとピアノ]

ぼっくすおふぃす

こぼれおちる月 

追記:ライヴ録音CD発売中⇒ Haruan shop

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bouquet des Tons | Ensemble l'Étoile | etc. | Fluty Creation(内谷貴志) | Haruan shop | YAISAMANENA | YouTube | □新 月巡りの歌□ | □楽譜 | ◇お報せ | ◎CD | ◦monologue intérieur | ★作曲 | ★編曲 | ☆作曲 | ☆編曲 | ♪演奏会案内 | ♪演奏会記録 | ♪演奏会随想 | ♪発表 | ♪試聴♪ | 〈YAISAMANENA〉 | 〈大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある〉 | 〈父は空 母は大地〉 | 《Bouquet des Tons》 | 《Nostalgia》 | 《Spring ephemeral》 | 《YUKAR fragments》 | 《お月さまのかお》 | 《ポール・クローデルの『百扇帖』による二重奏詩》 | 《ラヴェルの墓》 | 《三つの影像》 | 《季節の子供》 | 《小さな挿絵》 | 《星の音楽》 | 《月巡りの歌》 | 《柔らかく澄んだ時の旅》 | 《油屋お紺》 | 《雨》 | おすすめCD | おすすめYouTube | おすすめサイト | おすすめツイキャス | おすすめブログ | おすすめ映画 | おすすめ本 | おすすめ音楽 | ご挨拶 | ご案内 | はるあんノート - 作品 - | ぼっくすおふぃす(神品正子) | アンサンブル室町 | ツイス五重奏団 | ドビュッシー | ドビュッシー:《ペレアスとメリザンド》 | ニュース | ポエトリー・リーディング | メシアン | ラヴェル | ラヴェル:《子どもと魔法》 | ローラン・テシュネ | 予告 | 人類滅亡への道 | 写真展案内 | 写真展随想 | 勉強会案内 | 募集 | 北絵三子 | 南部合唱団 | 原発震災 | 叫び | 合唱団ルミル | 問答 | 基地問題 | 多希まゆ美 | 大坂寛 | 奈良英子 | 好きな詩 | 学会案内 | 寮 美千子 | 平和への歩み または 揺籃 | 心に響くことば | 思考メモ | 意見 | 放射能対策参考情報 | 旅 随想 | 早島万紀子 | 映画上映案内 | 朗読サロン案内 | 朗読サロン随想 | 望月裕央 | 柳町正隆 | 歎き | 演劇案内 | 物理学 | 独りデモ | 現代邦楽グループ真珠 | 生徒募集 | 絹の会 | 署名 | 美術 | 美術展随想 | 西川浩平 | | 説明 | 論考 | 講演会案内 | 辻井甫山 | 随想 | 音楽 | 響きあう詩 | 飛永悠佑輝 | 飛永美保子 | 飯島 星 | 鶴岡恵 | 齊藤佐智江