演劇案内

2004年5月 4日 (火)

シーフレンズ公演「話してくれ、雨のように・・・・・・」

 5月7日(金)〜9(日) 法政大学学生会館 アトリエ11
 テネシー・ウィリアムズ/作 鳴海四郎/訳 白峰ゆり子/演出 石田久美子/振付
 カンパ代 ¥2000  
 予約・お問い合わせ シーフレンズ E-Mail:Marigoldsdesu@aol.com
 シーフレンズ ホームページからも予約可。http://www11.ocn.ne.jp/~sh-frnds/

「この作品は、男女の愛についての2人芝居であり、2人の関係は場所や時代を超えて現代にも通じるものがある。男女のすれ違い。どちらが良い悪いでは無く、ただ違うが故のすれ違い。しかし都会で暮らす孤独な2人は理屈抜きにお互いを求め合う。She-friends<シーフレンズ>は、この作品の根底にある男女の違いと愛を、動きによりコラージュ的に表現して観客の想像力を刺激した後、芝居に繋げていく。影像と違い舞台はライブであり、同じ空間に居る者しかその瞬間を共有出来ない。今ここで、パフォーマーの中で何が起きているのかを大切にした作品作りをしてきたShe-friends<シーフレンズ>が、毎回生きた瞬間の連続になる公演を行う。」(シーフレンズのパンフレットより)

 昨年一昨年と「マン・イン・ザ・ムーン・マリーゴールドにおけるガンマ線の効果」で音楽を担当させて頂いた演出家 白峰ゆり子さんとシーフレンズの公演です。今回僕はノータッチですが、白峰さんの演出ならきっとよいと思います。白峰さんの舞台やその作り方からはいろいろ学んだことも多く話せば長くなるし、これから観て頂くものに先入観を持って欲しくないので、パンフレットの紹介に止めておきます。ともかく皆さんご覧あれ。

終了しました

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bouquet des Tons | Ensemble l'Étoile | etc. | Haruan shop | YAISAMANENA | YouTube | □新 月巡りの歌□ | □楽譜 | ◇お報せ | ◎CD | ◦monologue intérieur | ★作曲 | ★編曲 | ☆作曲 | ☆編曲 | ♪演奏会案内 | ♪演奏会記録 | ♪演奏会随想 | ♪発表 | ♪試聴♪ | 〈YAISAMANENA〉 | 〈大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある〉 | 〈父は空 母は大地〉 | 《Bouquet des Tons》 | 《Nostalgia》 | 《Spring ephemeral》 | 《YUKAR fragments》 | 《お月さまのかお》 | 《ポール・クローデルの『百扇帖』による二重奏詩》 | 《ラヴェルの墓》 | 《三つの影像》 | 《季節の子供》 | 《小さな挿絵》 | 《星の音楽》 | 《月巡りの歌》 | 《柔らかく澄んだ時の旅》 | 《油屋お紺》 | 《雨》 | おすすめCD | おすすめYouTube | おすすめサイト | おすすめツイキャス | おすすめブログ | おすすめ映画 | おすすめ本 | おすすめ音楽 | ご挨拶 | ご案内 | はるあんノート - 作品 - | ぼっくすおふぃす(神品正子) | アンサンブル室町 | ドビュッシー | ドビュッシー:《ペレアスとメリザンド》 | ニュース | ポエトリー・リーディング | ラヴェル | ラヴェル:《子どもと魔法》 | ローラン・テシュネ | 予告 | 人類滅亡への道 | 写真展案内 | 写真展随想 | 勉強会案内 | 募集 | 南部合唱団 | 原発震災 | 叫び | 合唱団ルミル | 問答 | 基地問題 | 大坂寛 | 好きな詩 | 寮 美千子 | 平和への歩み または 揺籃 | 心に響くことば | 思考メモ | 意見 | 放射能対策参考情報 | 旅 随想 | 早島万紀子 | 映画上映案内 | 朗読サロン案内 | 朗読サロン随想 | 柳町正隆 | 歎き | 演劇案内 | 物理学 | 独りデモ | 生徒募集 | 絹の会 | 署名 | 美術 | 美術展随想 | | 論考 | 講演会案内 | 随想 | 音楽 | 響きあう詩