好きな詩

2012年10月 3日 (水)

「幽明の深い合一のうちに」・・・

好きな詩。

「自然」はひとつの宮殿、そこに生ある柱、
    時おり、捉えにくい言葉をかたり、
    行く人は踏み分ける象徴の森、
    森の親しげな眼差しに送られながら。

    長いこだまの遠くから溶け合うよう、
    幽明の深い合体のうちに
    涯(はてし)もなく、夜のように光明のように、
    幽明の深い合一のうちに
    匂と色と響きとは、かたみに歌う。

    この匂たち、少年の肌に似て爽かに、
    牧笛のように涼しく、牧場のように緑に、
    ―その他に、腐敗した、豊かな、勝ちほこる

    匂にも、無限のものの静かなひろがり、
    龍涎、麝香、沈、薫香にくゆり、
    精神と感覚との熱狂をかなでる。

  ~ボードレール「万物照応」(福永武彦訳)

近く姉の会社のサイトでエッセイの連載を始めます。その中でこの詩が登場します。

| | トラックバック (0)

2004年12月25日 (土)

★Merry Christmas

★Merry Christmas

 ・・・

 つかのまの 命

 だから人は 人を愛す

            ~寮 美千子“Merry Christmas”から

 寮美千子さんの掲示板「Cafe Lumiere」にて掲載中です。Love and Peace !!

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bouquet des Tons | Ensemble l'Étoile | etc. | Haruan shop | YAISAMANENA | YouTube | □新 月巡りの歌□ | □楽譜 | ◇お報せ | ◎CD | ◦monologue intérieur | ★作曲 | ★編曲 | ☆作曲 | ☆編曲 | ♪演奏会案内 | ♪演奏会記録 | ♪演奏会随想 | ♪発表 | ♪試聴♪ | 〈YAISAMANENA〉 | 〈大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある〉 | 〈父は空 母は大地〉 | 《Bouquet des Tons》 | 《Nostalgia》 | 《Spring ephemeral》 | 《YUKAR fragments》 | 《お月さまのかお》 | 《ポール・クローデルの『百扇帖』による二重奏詩》 | 《ラヴェルの墓》 | 《三つの影像》 | 《季節の子供》 | 《小さな挿絵》 | 《星の音楽》 | 《月巡りの歌》 | 《柔らかく澄んだ時の旅》 | 《油屋お紺》 | 《雨》 | おすすめCD | おすすめYouTube | おすすめサイト | おすすめツイキャス | おすすめブログ | おすすめ映画 | おすすめ本 | おすすめ音楽 | ご挨拶 | ご案内 | はるあんノート - 作品 - | ぼっくすおふぃす(神品正子) | アンサンブル室町 | ドビュッシー | ドビュッシー:《ペレアスとメリザンド》 | ニュース | ポエトリー・リーディング | ラヴェル | ラヴェル:《子どもと魔法》 | ローラン・テシュネ | 予告 | 人類滅亡への道 | 写真展案内 | 写真展随想 | 勉強会案内 | 募集 | 南部合唱団 | 原発震災 | 叫び | 合唱団ルミル | 問答 | 基地問題 | 大坂寛 | 好きな詩 | 寮 美千子 | 平和への歩み または 揺籃 | 心に響くことば | 思考メモ | 意見 | 放射能対策参考情報 | 旅 随想 | 早島万紀子 | 映画上映案内 | 朗読サロン案内 | 朗読サロン随想 | 柳町正隆 | 歎き | 演劇案内 | 物理学 | 独りデモ | 生徒募集 | 絹の会 | 署名 | 美術 | 美術展随想 | | 論考 | 講演会案内 | 随想 | 音楽 | 響きあう詩