随想

2015年2月22日 (日)

【追悼】アルド・チッコリーニ氏

【追悼】アルド・チッコリーニ氏

Images 前世紀70年代後半だったか私にとってエリック・サティピアノ曲全集のレコードで決定的な意中のピアニストとなったアルド・チッコリーニ氏が今月2月1日にパリ郊外のご自宅で永眠されたということでした。ニュース記事⇨サティ・ブームの火付け役! フランスの世界的ピアニスト、アルド・チッコリーニ氏が死去
この全集には、チッコリーニ氏が指揮棒を振っての《メデューサの罠》というサティの不条理劇が特典として丸ごと収められていて、その何とも言えない可笑しさが忘れられません。
ピアノ曲にも、そんな可笑しい作品があるかと思えば、まるでステンドグラスの様な色彩の和音の連なりから成る〈『天国の英雄的な門』への前奏曲〉に代表されるサティが謂わば座付音楽家として関わっていた「薔薇十字団」に纏る秘教めいた作品や、《スポーツと気晴し》のような日常の様々なワンシーンワンシーンにさり気なく思わず微笑みを誘うような短い言葉と洒落た動画を付けたような作品から、〈犬のためのぶよぶよした前奏曲〉といった奇妙な題名の曲(ドビュッシーの〈牧神の午後への前奏曲〉への風刺か?)や、「壁掛の音楽」とか、永遠にリピートし続ける不思議な音楽(〈ヴェクザシオン〉)まで、いろいろありましたが、そのどれもがチッコリーニ氏の手にかかると、薫高い芸術へと昇華されるのでした。 この全集の写真掲載の参考サイト⇨こちら
当のサティと言えば、晩年はシュルレアリストたちとの交流からシュールな映画にも登場し、そのエキセントリックなキャラクターを披露してくれてました。懐しい! このルネ・クレール監督の映画『幕間』についての参考サイト⇨こちら

サティのみならずドビュッシー作品の演奏も私は好きで、いつまでも思い出せば聴きたくなる本当に素晴らしい演奏の記録の数々を遺してくださいました。感謝申上げます。(ああ、懐しい、懐しい...)

 

| | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

秋の随想 その1(追記あり)

メインのホームページが震災のあった年2011年の11月でストップしていましたが、漸く復活しました。と言ってもまだまだ未完成です。

風の足跡などは旧ページと新に作り直してるページとが併存した状態ですが徐々に新たな方へと直して行きます。

楽譜や試聴ページがあった.macの音楽工房Amakaneのページは、昨年6月一杯でのMobilMeの終了と同時に消滅してしまいましたが、バックアップはちゃんととってあり、装いを変えて新に作り直しています。が、今度は音楽工房Amakaneのページではなく、高橋喜治のホームページ内に作ります。

そんな訳で、まだ暫くお見苦しい点あるかと思いますが、どうかご容赦ください。

世界中に異常な空気が流れていて秋の情緒に浸っている余裕もなかなかなく落着かない日々が続いていますが、ここで少し振返ってみようと思います、時の過去るのを惜しむかのように...。


♪2013年11月3日(日) 大倉山記念館第四集会室
 アンサンブル大倉山 in 大倉山 秋の芸術祭2013
  アカペラコーラスによる歌の集い

アンサンブル大倉山の皆さんとは、嘗て委嘱を受けて組曲を書かせて頂いていた飛永悠佑輝さん指揮する女声合唱団Asukaの皆さんが2006年の11月にかなっくホールで寮美千子さんの詩による〈雨月夜〉と〈月への翼〉を初演くださった時の伴奏ピアニストがいつもの飛永さんの奥さん 美保子さんではなくアンサンブル大倉山のリーダー成光勝さんの奥さん 直子さんだったのでしたが、その折にご主人がアカペラのコーラスを為さっているというお話を伺い、それなら曲を提供いたしましょう ということで、それ以来のご縁なのですが、今回は、飯島星(実姉)と実家の母と義姉を誘って大倉山公園を散策しながら会場へと向いました

   (写真右の歩道の先に会場がある) Okurayamapark_2

大倉山記念館にはピアノが常設されている礼拝堂のようなホールもあるのですが、アンサンブル大倉山の皆さんの会場は第四集会室という、黒板のある小振の学校の教室のような部屋でした。ところが、これが流石に古代ギリシャ以前のプレヘレニック様式と東洋の様式とを融合させた古典主義建築の第一人者 長野宇平治(1867-1937)の設計による建築の為か、天井も高く、コーラスにとってはとても響きが良い。特に人の声の響きの波動は直に聴手の心に届き魂を共振させるようです。公式ページの施設概要ご参照ください。)

Okurayamakinenkan当日プログラム・ノートによると、アンサンブルの皆さんはこれまで外国の作品を手掛けることが多かった所為か、メンバーに「日本語禁断症状」が現れてしまわれたそうで、そのため今回は邦人作品に拘ったプログラミングになったということでした。

まず最初に坂本龍一さんの“CANTUS OMNIBUS UNUS”。
ラテン語のタイトルの意味は「歌は人々を結ぶ」で、歌詞もこの言葉のみの反復で成立っていたようです。言葉は旋律に乗って優しい呪文のように繰返され、美しいハーモニーがその言葉の意味通りに聴手の心をも結びつけ会場を神聖で平和に充ちた幸せな空気に変えてしまいました。
冒頭にこの曲をもって来たのはなかなか心憎いプログラミングだと思いました。

2番目は三善晃先生の子供の詩に曲を付けられた《小さな目》より “せんせい” “かめ” “先生のネックレス” “ひろちゃん” “みそしる” “やけど” “ピアノ” の7曲。
三善先生の合唱曲はひばり児童合唱団による《オデコのこいつ》をはじめとして子供の時から驚きをもって聴いていましたが、ここでもまた歌われている内容のその場の情景がありありと浮かび、楽しく、またちょっぴり切なくなるような、なんともいえない心地になりました。
こうした作品のみならず、実に多様な作品を書かれた大作曲家でした。
…先月お亡くなりになられたことがまだ信じられないでいます。

3番目はプーランクの《悔悟の時のための四つのモテット》より第四曲を欠いた3曲。第四曲はこの日のメンバーの人数によるためだということでした。それにしても難曲で、よくチャレンジされたものだと感心しましたが、これを聞くのは今回で2回目でした。

以下に、成光さんのプログラムノートからちょっと引用させ戴きます。

 1曲目は、罪ある人間が救いから見放され闇の中に放置されてしまった時に、神を頼みとしてひたすら祈り、神は逃れ場であり、助けであり、もし神の名を呼び続けていれば、心乱れることはない、という神への信頼を語っています。
 2曲目はキリストが人類を救うためにこの世に来たにもかかわらず、人々はキリストを十字架につけた。キリストは人類のために垣根を作り、石を取り除き、守りの塔を建てたにもかかわらず、人々はキリストを十字架につけた。この文章は、キリストの大いなる苦悩であり、悲しみであるでしょう。そして、人類はそのような悲しみを、人類を救ってくださった人に対して与えてしまったことに対する、大きな、まさに「悔悟」があるように思います。
 3曲目はキリストの最後の場面です。「私の神よ、私の神よ、どうして私を見捨てられたのか」と。そして、「父よ、私の魂を御手にゆだねます」が最後の言葉です。この死があって、そこに人類の救済が成就するわけです。聖金曜日のクライマックスとなるこのレスポンソリウムがあり、ミサでも福音書の受難のテキストが読まれ、キリストの死が完全なる「闇」となって象徴化されます。しかし、それだけでなく、その次に来る「復活」こそが、キリスト教の根幹をなす理念なのです。

引用、以上。

プーランクと言えば生粋のパリジャンで、洒落っ気と奔放さのイメージがあるかと思えば、こうした敬虔なクリスチャンとしての側面も強い(特に晩年は...)作曲家なのです。
20131103okurayama

4番目は信長貴富さんの 《季節が僕を連れ去ったあとに》で、同名の寺山修司の短歌集の中の十首を8曲に纏めた小曲集。
短い言葉に付けられた音の構成・その彩が本当に面白く、私にはそれが言葉を超えているように思えました。まだ何度も聴いてみないと何とも言難いですが、ひょっとしたら別の言葉であったとしても素晴らしく聴けるのではないかとも...ちょっと思いました。
信長貴富さんと言えばとても著名な方なのですが、実は昔から、お名前を見るにつけどちらが姓でどちらが名なのかと一瞬考え込んでしまう私なのでした。すみません...

さてプログラム最後は私の三つの作品でしたが、曲の説明は別の機会に譲ります(今ホームページで作品リストを作り始めていますので、完成しましたらそちらをご参照くだされば幸です※後註)。〈YAISAMANENA〉の作詞者である姉の飯島星はこの日のすべてに感動してたようです。
〈花の子供〉は、作家で詩人の寮美千子さんに詞を付けて頂いた歌曲をアカペラ用に作りかえたものでしたが、きっと寮さんがこの場にいらっしゃったら、やはり涙を流して感動されたことでしょう。


いつもプログラムが素晴らしく、なかなか得難い内容に果敢に(?)或いは楽しくチャレンジされてるアカペラ・コーラス アンサンブル大倉山では、メンバーを募集されています! 本拠とされてる会場もとても素敵な場所です!
ご興味ある方は、是非、既載記事:♪アカペラ・コーラス アンサンブル大倉山 in 大倉山秋の芸術祭2013のチラシ内の成光さんのお問合せ先に、ご連絡とられてください。

.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.〜.

この「秋の随想」は時を遡るようにほんのもう少しだけ続けます。

つづく

【追記】※後註:取合えず〈YAISAMANENA〉の作曲の経緯などについてはこちらの既掲載記事をご参照下さい。〈花の子供〉についてはこちらを...。

| | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

祭のあと〜母の日に振返る〜

(ラ・フォル・ジュルネの)祭のあとの淡い侘しさに浸っていたのも束の間、時は矢のように過去っていきます。

先月28日びわ湖ホールでの《子どもと魔法》の本番を終えてから旧友の小杉夫妻との再会も果すことができました。
私が《子どもと魔法》の編曲をすることになった大元のチャンスメーカーこそ旧友で作曲家の小杉卓也君に他ならないのです。久しぶりの再会に話ははずみました。

生憎、3日の金沢公演は行かれなかったのですが、本番15分ほど前には、近所の行きつけの神社で成功を祈願しました。「この上演がどうか聴いてくださった人達に幸せを齎しますように!」と。

4日は同窓生の野瀬百合子さんの前々からのお誘いで東京でのムジカ・ニゲラ公演に出かけました。
根本雄伯さんの編曲・指揮による《カルメン》(ハイライト)は、特別な衣装も舞台セットもない正真正銘の演奏会形式で、アンサンブルの編成もフルート、クラリネット(サックス持替)、トランペット、トロンボーン、打楽器、ボタン式アコーディオン、ギター(アンプリファイ)、ヴァイオリン、コントラバス という9人編成の伴奏に、カルメン:エレオノール・パンクラツィ(メゾ・ソプラノ)、ホセ:ジャン=ジャック・ラントン(テノール)、ミカエラ:ジェニファー・ヴェネン(ソプラノ)、エスカミーリョ:ヴィクラント・スブラマニアン(バリトン)という皆さんの配役により、狭い舞台の上に濃密なドラマを繰広げていました。と言っても、歌手の皆さんは舞台を動き回るというようなことは一切なく、上記の器楽アンサンブルの前に4箇所バランス良く配置された椅子に座り、ソロの時は立ち上がり、ある箇所では座ったままコーラスに回り、という形。下手な本格的大舞台よりも余程ドラマの本質が伝わってきましたが、ひとりひとりの存在感の大きさも去ることながら、人物間に交わされる干渉波のようなものが時にスリリングでさえあり、まさに上質な大人のオペラで、オリジナルと編成は随分と異なるのにも関わらず、まさにオペラ作家(ドラマ・メーカー)としてのビゼーの天才性を十二分に感じさせる演奏でした。

《子どもと魔法》は、最初は「演奏会形式」と聞いていたのにも関わらず、岩田達宗さんの明快でセンシティブな演出によって衣装もアクションも付いた現代的メッセージ溢れる「コンサート・オペラ」として私を驚かせたのでしたが、こちらの《カルメン》は、正攻法の「演奏会形式」で作品の深みを一層認識させられたのでした。どちらが良い悪いで言っているのではありません。どちらの体験も私には得難い幸運でした。

終演後、野瀬さんは私に根本さんに引き合わせてくださって野瀬さんがラヴェルのピアノコンチェルト第2楽章に詞を付けられ私が編曲した〈思い出〉のスコアと《子どもと魔法》のスコアの一部を差上げることができました。
この〈思い出〉は、びわ湖ホールでの《子どもと魔法》上演に併せて演奏できないか?と昨年びわ湖ホールさんに送ったものなのでしたが、この二つの全く別々の作品に私は通底するものを感じています。

丁度同じ日に、アンサンブル大倉山(アカペラコーラスグループ)の成光勝さん直子さんご夫妻から寮美千子さんが私のメロディに詞を付けてくださった混声三部版〈花の子供〉の試演音源が届きました。
何故かこの〈花の子供〉もあるモチーフを軸にして〈思い出〉と《子どもと魔法》と響きあうようです。
そこで、びわ湖ホール声楽アンサンブルの皆さんへこの〈花の子供〉の楽譜を(添付メールで)感謝のプレゼント。

そして今日は「母の日」でした。

お母さんありがとう...。
皆さんありがとう...。

| | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

感動と教示の日々

昨夜(11月21日)は、芸大第2ホールで行われた、来日中のパリ管弦楽団のクラリネット奏者パスカル・モラゲス氏の公開レッスンに出かけました。曲はブラームスとモーツァルトのクラリネット五重奏曲で、受講者はそれぞれ別々の学生メンバーでした。

特に印象に残ったことは、どちらの作品も民俗音楽或いは舞曲の影響が強いのですが、その演奏の仕方についてのレッスンでした。
ブラームスにおいては、ジプシーのツィンバロンの演奏のような即興性をクラリネットの特徴的なある楽句に反映させること。一方モーツァルトでは、メヌエットの楽章の第1ヴァイオリン奏者による開始の合図の仕方(弓での拍のカウントを他の奏者にわかりやすくやや大きな振りで...)から始まり、演奏を聴きながら踊れるほどに、舞曲本来のフィーリングを活かすこと。モラゲス氏は実演を交えながら、明快にそれを伝えていましたが、生徒が譜面にメモしようとすると、「書かないで! 先生に見られたら怒られるかもしれないから」と、断りながらの熱いレッスン...。
また、モーツァルトの冒頭2小節のフレーズ。2小節目の頭に重きを持たせること。ここの和音はV7(5度七)であって、決して倚音(または倚和音)ではないのですが、そのような感じで把(とら)える、ということなど、・・・深い!

通訳はお馴染のBouquet des Tonsのフルーティスト 齊藤佐智江さんでした。実に解りやすく素晴らしい通訳でした。


その前日(11月20日)は京葉銀行文化プラザで『日本のうたごえ祭典inちば』の三日目。全国合唱発表会職場の部の審査をしました。
こちらも感動...。その水準の高さに驚きました。

| | トラックバック (0)

2004年7月10日 (土)

永遠の響き〜追悼 金田真一

 5月17日に打楽器奏者で作曲家の金田真一君が亡くなってから七七日が過ぎた。お通夜でお別れしたにも関わらず、まだ僕の中では、ドアを叩けば声が聴こえてきそうな、そんな気がしてならない。
 彼とはピアノとの即興演奏の共演の経験がある。Enigmaというタイトルで公開で2度、個人宅の私的音楽会で1度。Enigma I〜IIIがあるのだ。その1度目の頃、確か打ち合わせの時だったと思うが、彼から1巻のデモテープをもらった。その場で早速ラジカセで聴き始めた。1曲目は「南の島の歌」という彼お手製のサントゥールとリコーダーによるデュオの小品。それはタイトル通りの雰囲気と明るい開放感に充ちた素敵な楽しい演奏だった。好感を持って、さて次の曲はと期待に胸を膨らませて2曲目を待った時、彼は「次の曲は後で一人で聴いた方がいいです」と言って再生を止めてしまった。言われた通りその日の夜にそれを聴いた。彼の言った意味がなんとなく解ったが、マリンバとコンピューターによる静謐ながら極めてハイテンションの曲である。後で彼から聞いた話での「適当に楽器並べて多重録音して応募したら通っちゃった」という、それがフランスの国際作曲コンクールに入選した作品であったと僕は記憶している。僕は彼の音楽の神髄は彼の即興演奏の中に在ると思っているが、常に新しい自分の音楽「That's Next」を追求し、共演者が変われば音楽も変わったが、彼の即興演奏自体は本質的に一貫して変わらなかったと思う。このマリンバとコンピューターによる音楽からお通夜で弔問の皆さんに配布された「波紋」に至るまで。より純度が増し、優しさが加わったかもしれないけれど。
 打楽器を使う作曲の度に彼が念頭にあったと思う。奏法上の技術的アドバイスも幾度となく受けたこともあった。それにオペラ談義もした。10年以上も前のことだが、僕が環境問題から端を発して構想していたオペラが座礁してしまっていた頃だ。オペラのテーマとしてのその問題について意見を聞いたが、その時は結局終末論に終わってしまった。釈然としないままそれから話すこともしばらくなかったが、その後彼はオペラ「地球にやさしい子供」を発表した。それがどんな作品かまだ僕は知らない。きっと彼一流の内容なのだろう。
 友人から聴いた話では、看護婦さんに「僕の音楽は一度聴いたら永遠に忘れることができない」と彼は言っていたらしい。「波紋」は正にそんな音楽だ。だから、一度聴いたらなかなかもう一度聴くことができないでいる。それは天の川を何度も観れない心境に似ていて、言葉にできない。
 これからの作曲を考えるにつけ、いかに彼を頼りにしていたかが判るのである。でも、もう彼に演奏を依頼することも、アドバイスを求めることも、お酒を酌み交わしながらオペラ談義をすることも出来ないのだ。
 でも、また会えたら会おう。今度は天の川の彼方で。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bouquet des Tons | Ensemble l'Étoile | etc. | Haruan shop | YAISAMANENA | YouTube | □新 月巡りの歌□ | □楽譜 | ◇お報せ | ◎CD | ◦monologue intérieur | ★作曲 | ★編曲 | ☆作曲 | ☆編曲 | ♪演奏会案内 | ♪演奏会記録 | ♪演奏会随想 | ♪発表 | ♪試聴♪ | 〈YAISAMANENA〉 | 〈大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある〉 | 〈父は空 母は大地〉 | 《Bouquet des Tons》 | 《Nostalgia》 | 《Spring ephemeral》 | 《YUKAR fragments》 | 《お月さまのかお》 | 《ポール・クローデルの『百扇帖』による二重奏詩》 | 《ラヴェルの墓》 | 《三つの影像》 | 《季節の子供》 | 《小さな挿絵》 | 《星の音楽》 | 《月巡りの歌》 | 《柔らかく澄んだ時の旅》 | 《油屋お紺》 | 《雨》 | おすすめCD | おすすめYouTube | おすすめサイト | おすすめツイキャス | おすすめブログ | おすすめ映画 | おすすめ本 | おすすめ音楽 | ご挨拶 | ご案内 | はるあんノート - 作品 - | ぼっくすおふぃす(神品正子) | アンサンブル室町 | ドビュッシー | ドビュッシー:《ペレアスとメリザンド》 | ニュース | ポエトリー・リーディング | ラヴェル | ラヴェル:《子どもと魔法》 | ローラン・テシュネ | 予告 | 人類滅亡への道 | 写真展案内 | 写真展随想 | 勉強会案内 | 募集 | 南部合唱団 | 原発震災 | 叫び | 合唱団ルミル | 問答 | 基地問題 | 大坂寛 | 好きな詩 | 寮 美千子 | 平和への歩み または 揺籃 | 心に響くことば | 思考メモ | 意見 | 放射能対策参考情報 | 旅 随想 | 早島万紀子 | 映画上映案内 | 朗読サロン案内 | 朗読サロン随想 | 柳町正隆 | 歎き | 演劇案内 | 物理学 | 独りデモ | 生徒募集 | 絹の会 | 署名 | 美術 | 美術展随想 | | 論考 | 講演会案内 | 随想 | 音楽 | 響きあう詩