人類滅亡への道

2014年8月 7日 (木)

大量殺戮・大量破壊・一大人体実験としての広島・長崎・第五福竜丸 そして 福島

現在、ホームページの「高橋喜治作品 楽譜PDF無料配信」のページで〈大人は手遅れかもしれないが子供たちに伝えなければならないことがある〉と〈8月の雨〉の楽譜PDFを配信中です。

今、市民活動家の山崎康彦さんの詩に作曲した〈大人は手遅れかもしれないが子供たちに伝えなければならないことがある〉ヴァージョン6のCD制作が進められています。この作曲は山崎さんがこの詩に託された内容の拡散が第一義であるのですが、その内容とは今もっとも切実な世界の問題であり地球上の生命の運命に関わる重大問題でもあるのです。

姉の飯島星の詩に拠る〈8月の雨〉は原爆に拠る「黒い雨」をテーマとした作品。

原爆(或いは原発)は、実は、世界支配者にとっての主要な支配ツールなので、両者は通底する まさに「黒い絆」に拠って つながっているのです。(この辺りのことはサブブログ Refrets dans l'eau に書いて行くつもりです)



極少数の世界支配者は実質テロリストでもあるわけなのですが、昨日8月6日と来る8月9日と3月1日 そして3月11日は、そうした一大テロリズムの禍々しい記念日として刻印付けられた日付として未来永劫語り継がれて行くべきでしょう。

1945年8月6日(月) 広島への原爆投下
1945年8月9日(木) 長崎への原爆投下
1954年3月1日(月) ビキニ環礁での水爆実験・第五福竜丸
2011年3月11日(金) 東日本大震災に拠る福島第一原子力発電所事故


多くの犠牲者の方々のご冥福をお祈り申上げます。

| | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

(リンク設定追加&さらに訂正あり)憲法解釈変更による集団的自衛権行使容認の先に何が待っているか?

憲法解釈変更による集団的自衛権行使容認の先に何が待っているか?

「抑止力」という言葉を聞くと、古代のカタコンベから立現れたゾンビを見る思いがする。3.11が起こってしまった後だけに、どうにも意味を成さない単語。

安倍政権による憲法解釈変更による集団的自衛権行使容認
とは何なのか?

それは核武装を唱える暴走老人やウヨクにウインクしながらオバマ(その背後にひかえしはユダヤ金融マフィアでござい...)の命令に隷従するということだ。結局のところ対米隷属の強化=国民の奴隷化を一層推進めて行くことに他ならないだろう。

「政治」とは実は「売国」という歴(れっき)とした犯罪のことだったのか!

 政治=犯罪 なのか?!

 本来そうではなかった筈だ。

実は日本国憲法とは、まさに安倍政権のような者たちを排除するために存在する。

「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し」と前文にある。また「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。」(ボールド表記は筆者による)

311とはまさに「政府の行為による惨禍」なのであり、元々戦略目的で造られた原発であることから「原発=原爆」と言ってもよい、だからそれは「戦争の惨禍」とほとんど同義であると言ってよいし、憲法解釈変更とは「人類普遍の原理」への冒涜に他ならない。安倍氏は人類を敵に回している悪いエイリアンか?!

首相就任時から途中秘密保護法強行採決を経てそしてついにこの憲法解釈変更に至るその大暴走の実態は「憲法破壊クーデター」と言ってよく、危険極まりないこの憲法違反者安倍晋三とそのその一味は即刻罷免の上逮捕収監されなければならない。

何故、こんな罪人どもが放置されているのか?!

それは終審裁判所としての最高裁判所の判事たちが為すべき公務を放棄しているからだ(憲法81条違反)。検察・警察も見て見ぬ振をしてしまっている。

拠って、最高裁判官もろとも罷免されなくてはならない。

誰がそれを実行するのか?

国民が、憲法第15条「罷免権」を行使して為すのだ。
当然の権利を行使するまでである。

もしそれが実現できなかったらどうなってしまうのか?

対米隷属の強化=国民の奴隷化

「この国を守る決意」(著:安倍晋三・岡崎久彦 2004年 扶桑社)において安倍晋三はこう明言している。

以下、引用。

言うまでもなく軍事同盟というのは“血の同盟”です。日本がもし外敵から攻撃を受ければアメリカの若者が血を流します。しかし今の憲法解釈のもとでは、日本の自衛隊は、少なくともアメリカが攻撃されたときに血を流すことはないわけです。実際にそういう事態にになる可能性は極めて小さいのですが。しかし完全なイコールパートナーと言えるでしょうか。

引用、以上。

【追記】この書のタイトル「この国を守る決意」も偽善語に他ならない。「偽善語」についてはこちらを参照されたし。

安倍晋三は、日本の若者に米兵と「イコールパートナー」になって欲しい、つまりアメリカが攻撃された時に日本の若者にも一緒に戦って血を流して欲しいと考えているのだ。

今まで憲法九条によって堅持されてきた「戦争で誰も殺さず殺されずに来れたこと」がついに覆されてしまうのだ。若者は人殺しになることを強制されてしまうのだ。

「戦闘に就くことにならないよう限定項目を設ける」なんていう甘〜い言葉に騙されてはならない。戦闘状態になったらそんなこと言っていられなくなるだろうから。戦争とは狂気狂乱巨悪でしかない。広島 長崎 福島を見よ! 沖縄戦を見よ! 大空襲を見よ! その凄惨さの前ではそんな言葉は空しい「きれいごと」でしかない。

そして秘密保護法&日本版NSCに拠って、政府に(>つまりは米国に>つまりは軍産複合体>つまりはユダヤ金融マフィアに)不都合な情報はすべて隠蔽されてしまうだろうし、不都合な人間も消されてしまうだろう。闇から闇に葬り去られ行く人々・事々。

今までの被曝労働者の実態を見よ!
(それ以上の隠蔽が行われるということだ)

そして、「ビッグブラザー」による全体主義の超高度管理社会が実現されてしまうだろう。



911

311

TPP  ←秘密保護法・日本版NSC・共謀罪
    ↖
     マイナンバー制

そして

the end

最早家畜同然の国民たち.....
(安倍晋三を「血塗られた死神の遣い」と呼ぶ由縁である。)

そんな世界にしないために起上がる(たちあがる)のは今しかない!

ではどうすればよいのか?

前述の「憲法違反者全員罷免」を実現するには、最早実力行使に拠る安倍政権打倒しかない。(安倍氏には公証人でさえ無効のように思える)

打倒後実施することは、まず安保条約の破棄・憲法裁判所の創設。そして自民党が掲げている戦前回帰的な戦争肯定的「憲法改正案」とは真逆の意味での、平和憲法遵守のための憲法改正を行い、憲法違反者に対する罰則規定を新たに設け、独立検察官制度を設け、これまでのような司法・検察・警察の腐敗を払拭する。

日本は戦争を拒否する完全なる永世中立平和国家となる。

そして原発撤廃・フリーエネルギーをはじめとしたこれまで封印されていた新技術の数々を推進し、傷ついた自然環境と生命を救済し、芸術文化の開花を止揚する。新しいルネッサンスの始まりだ。

わたくし的にはドビュッシーやラヴェルが活躍したパリ以上に、華々しい芸術の国になったらいいなー と、夢見る...。

| | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

集団的自衛権容認とは他国への人殺しと破壊行為を合法化することに他ならない!

誰もが宮澤賢治の読者だったら戦争など絶対に興らないだろうし、戦争を志向したりすることもあり得ないと思うのですが、安倍晋三という心ないファシストによって集団的自衛権「容認」の方向になってしまいそうです。
今行われている政治とは実は「政治」などではなく、「売国」という犯罪行為でしかありません。だいたい憲法もろくに知らないとんでもない厚顔無恥の輩で、総理大臣などになってはいけない人が不正の上に成り上がっているだけですので、これ以上の被曝者や避難被災者の方々や経済困窮者などの被害者が出ないよう一刻も早くこの犯罪者たちを逮捕・収監して罪を贖って頂かなければ大変なことになってしまいます。

おすすめツイキャスです↓

<ライブ履歴 (1,247) » Japan:国民は憲法の基本理念を全面否定し解釈変更で第九条の戦争放棄規定を無効にして戦争する国に暴走する安倍晋三ファシストをどんな手段を使っても打倒し【憲法破壊】【国民反逆罪】の犯罪人として逮捕・起訴し全財産没収の上刑務所に送り込まなければならない! 山崎康彦さんのYYNews

関連記事↓
Reflets dans l'eau 棺桶に片足どころか全身漬って首だけ出してる状態の日本 〜「血の同盟」〜 (2014/05/16)

| | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

人類の叡知を信じるということ...(またさらに追記あり)

皆さん、余寒お見舞い申し上げます。

訳があってこのブログ、更新していませんでしたが、超おすすめ映画をお知らせします。

THRIVE
http://player.thrivemovement.com/simple_player/2?user_token=57520222lz21hs&lang=ja&lang=ja

取急ぎお知らせまで...

............................................

追記:THRIVE(日本語版)→こちら から無料ダウンロード可!(飄さんのブログです)

   おすすめYouTube(併せご覧下さい!)こちら

さらに追記:THRIVE MOVEMENT(スライブ ムーブメント) IN JAPAN
       
http://www.thrivejapan.com/
       4月5日より正式無料に!!

      悲劇的現状と希望の光(Reflets dans L'eau)

| | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

南部合唱団との熱き一夜(註に追記あり)

先日(2011年11月2日)、大井町のきゅりあん大ホールで催された「南部合唱団音楽会 自由になるために」の随想を書きたいと思います。

最初に、一言で言って、素晴らしい会でした。打上の席では「南部合唱団は永遠だ!(「不滅だ!」であったかも...)」という言葉も聞かれましたが、私もそれを心から祈ります。

本題の随想に入るその前に、今現在のことに少し触れさせてほしい...。何故なら、南部合唱団の音楽会で今回プログラムされた曲目内容と深い関連のあることだからです。(つまり、「ことの発端」からその「今現在」に連なる時の流れの中で、先日2日に催された「南部合唱団音楽会 自由になるために」を私がどのように受止めたかを書きたいと思ったからなのですが...。勿論私はこの会においては、「原爆を許すまじ」と「日本国憲法前文」の二つの作品に於ける、一介の編曲者でしかありません。つまりは編曲者としての私個人の思いを書くだけのことなのです...。

●「プルートの罠」

さて、TPPの交渉のテーブルに野田首相がついてしまうかどうか、来る12日、運命の日。勿論、主権者国民としては、絶対につかせてはならないと思います。何故なら、このTPPとは、今、崩壊の一途を辿っている、戦争に依存する世界的な旧体制勢力による、一貫した同一の大きなシナリオに基づく「破壊工作」のひとつであると思えたからです。首相がテーブルについてしまったら最後です。

おすすめYouTube→1/2 国を滅ぼすTPP 推進者の巧妙な手口・ダマしの数々 , 2/2 国を滅ぼすTPP 推進者の巧妙な手口・ダマしの数々 【中野剛志】

おすすめブログ→Kazumoto Iguchi's blog: 『アジェンダ21』:「TPP」の奥底にあるアジェンダさ!

おすすめブログ→TPP交渉参加ならポチ3号は即刻退陣させるべし, 日本の基本構造を示す東電救済・増税・TPP, 本当は危機に直面していない日本財政, 房総半島出身野田佳彦氏の暴走が止まらない : 植草一秀の『知られざる真実』

 

林光先生の作品に『ネズミたちの伝説』という合唱作品があります。安部公房の『プルートのわな』を基に佐藤信さんが作詞された「合唱物語」です。オルフェウスの伝説に準えての鼠と猫の政治的攻防が物語となっていましたが、今、何故か、それを思い出しています。

さて、本題の随想です。

その前にもうひとつ、南部合唱団発行の機関誌「なんぶ」2011年9月号への私の寄稿記事を、依頼時、字数の制約もあって所々端的な表現になっている箇所に註を入れて、さらに具体的に詳しくして紹介したいと思います。実際の新聞記事の方では編集者の方が、沼田さんや 4号機や 「あたらしい憲法のはなし」の中の例のお釜のカットの写真を掲載してくださって、より読みやすくなっています。興味ある方は下記のリンク先のページより購読をお申込ください。既にご承知の方はスルーしてください。

以下、新聞生原稿(本ブログ用後註付)。機関誌「なんぶ」ホームページはこちらです。

 

「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないように...」  
                                  作曲家 高橋 喜治

3.11の大災害以後、世界は一変してしまいました。

東北を襲った津波被害も甚大でしたが、その上さらに福島第一原発事故により漏れだした核生成物は食物連鎖に侵入し濃縮を重ねていることでしょう。また気まぐれな風によって、また潮流によって、どこにでも運ばれていることでしょう。 どのみち、政府はまるで無策でしたので、私たちは内部被曝を余儀なくされてしまったのです。食べて飲んで息をする限りその危険性から遁れることは、もうできません。(※1)

それでも、子供や若い人たちの将来になんとか光の道筋をつけたいものです。それ以前に放射能の心配のない安全な場所に逃げればよいのですが、安全な場所はどこでしょう? 少なくともこの日本には完全に安全と言いきれる場所などもはやないのではないでしょうか。 (※2)

私は以前、 広島で被爆され、片脚を失い、婚約者も失った、沼田鈴子さんの生涯を元にした朗読劇の音楽を担当したことがありました(※3)。沼田さんを絶望の淵から救ったのは青桐の木でした。(その後、沼田さんは教員になられ、退職後は自らの被爆体験を語る語り部に。そして、世界を巡り巡る反核反戦の平和運動家となられる。)(※4)

沼田さんはある日、被曝の傷も生々しい青桐の幹から伸びている細い枝から、可愛らしい青桐の葉が出ていたのをみつけたのです。私は沼田さんご自身のお話からも、声優の山口由里子さんの朗読によっても、何度も何度もその時のことを聴いているし、そのシーンの音楽を書いたこともあって、記憶の中で、まるでそこに自分が居合わせていたかのような気持を抱いているのです。そして、夏の陽射しの中で柔らかく微笑む花の子供たち...。青桐のいのちの鼓動とともに、それをみつけた時の胸のときめきまでもが 、まるで夢のように、心に甦るのです。そのようにして、私は、束の間の安らぎを感じることができます。

しかし、福島の事故は未だ現在進行中です。広島原爆の百数十個分もの放射能は漏れ続けていますし(※5)、4号機は倒壊しそうで、もし倒壊したらこれまで以上の大惨事になるようですし(※6)、既に人類史上前代未聞の最悪事故になってしまいました。しかも大地震が起きる危険性も未だ去ってはいないのです。そして、この期に及んで、政府は原発推進を止められません。

「広島」「長崎」「第五福竜丸」そして「福島」に通底するものがあります。「戦争」です。

広島と長崎はマンハッタン計画であり、第五福竜丸は米ソ冷戦時代の水爆実験であり 、福島は、第五福竜丸事件から盛上った日本の反核運動への米国と日本の売国奴たちとの共謀による「毒をもって毒を制す」の心理誘導作戦による原発推進のなれの果てです。(※7)

密約あり(※8)、騙しあり(※9)、買収あり(※10)の、国家犯罪というこの巨悪よ! 憲法理念はいったいどこへやら...

私たちの憲法は先進的な平和憲法であり、その前文の中には「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する」とあります。 (※11)
この憲法施行後間もなくして、学校の教科書の副読本として作られた「あたらしい憲法のはなし」は、戦争の全面否定が絵入りで解りやすく説かれていて、学生のみならず多くの国民に希望を与えたはずです。(※12)

原発推進は国策でしたが、被曝労働者への人権侵害なくしては成立って来なかった(※13)( そして今、事故処理に当たっている労働者も被曝している(※14))という致命的欠陥があるのです。明らかに憲法違反であり、とても許させるものではありません。そしてついに、政府の行為による惨禍は起きてしまいました。私たちはこのような原発推進の政府を決して許してはいけません。

ふたつの合唱編曲「原爆を許すまじ」(※15)と「日本国憲法前文」(※11)に込めた私の思い、団の皆さんに期待することなど が、原稿の依頼内容でしたが、合唱団の皆さんについては 、指揮者の安達陽一先生を全面的に信頼していますので、特に申上げることはありません。「込めた思い」については、以上の文面からその幾許かを汲取って頂けましたら幸です。また、私の編曲が、作詞・作曲された方々、乃ち「原爆を許すまじ」の浅田石二 木下航二 両氏(※16) 、「日本国憲法前文」のきたがわてつ にしむらよしあき 鈴木泉 各氏(※17)の魂を、決して汚すことなく、快く響きあうことを、切に祈っています。

...............................................................................................................................................................

※1:既掲載記事「あらゆるものがつながっている」参照。

※2:風や潮流などの自然現象の他、鉄道・航空による人や物の移動、それに、国が進めている汚染瓦礫の拡散・焼却・埋立などによって、汚染は広がるばかりであるから。また、各地に設置されている原子力発電所の存在。地震の危険性を考えれば、私たちは周囲を原爆に取囲まれて暮しているようなものだから。

※3:初演関連ハイパーリンク→こちらと再演→こちら

※4:関連おすすめサイト→語り伝えることの大切さ

※5:これは政府の発表。海への流出も入れれば「広島原爆の400個分」という小出裕章先生のご発言が昨日あったらしい。(詳細解り次第追記します)

※6:おすすめブログ→4号機は倒壊しかかっている カナダの物理学者:「今すぐに4号機プールの補修工事を!」 〜カレイドスコープ

※7:おすすめYouTube:(1),(2),(3)

※8:西山太吉著「沖縄密約」参照。

※9:所謂「原子力村」が垂流す「安全神話」や、事故後、政府と東電が発表している、危険性が過小評価された発表の数々を見よ。

※10:(一例)おすすめブログ→「日々坦々」資料ブログ

※11:既掲載記事「☆“日本国憲法前文”の合唱編曲 per 南部合唱団」参照。

※12:あたらしい憲法のはなし 文部省 参照。

※13:おすすめYouTube→隠された被曝労働(1),(2),(3)

※14:福島第一原発労働者が被曝の杜撰な管理を告白

※15:既掲載記事「合唱曲“原爆を許すまじ”編曲と“YAISAMANENA”version24」参照。

※16:うたごえネットワーク - 原爆を許すまじ

※17:うたごえネットワーク - 日本国憲法前文

 

新聞原稿(本ブログ用後註付)、以上。

私はこの中で「そしてついに、政府の行為による惨禍は起きてしまいました」と書きました。原発導入は元々国策であり、「安全神話」を捏造して国民を騙し、「沖縄密約」によって、国民を騙しつつ核の持込みも許して来た、そして日本の核武装をも考えてきた。明らかなる憲法違反であり、言わば、国民の財産を横領しつつ成遂げてきた正真正銘の国家犯罪に端を発しているのですから、誰がどう考えても「政府の行為による惨禍」以外の何ものでもない訳なのです。だから、政治家・官僚・関連大企業のトップたち、それにアカデミズム(則ち「原子力村」)の何事もなかったような取澄ました表情の影には恐ろしく深い闇が広がっているのです。関連おすすめブログ→武田邦彦:ハッキリしてきたこと(1) 東電と1年1ミリ

しかし今、私は、原発事故のことのみならず、3.11の大災害とは、地震も津波も含めて、原発導入時からTPPにかけての壮大なシナリオに基づいた行為による惨禍ではないか、という考えに至っています。それは、前述おすすめの井口先生のブログの他、ベンジャミン・フルフォード氏が発信している情報などからなのですが、私のブログ上で、このことに触れることには、これまで随分躊躇いがありました。既にお気付きの方もいらっしゃるとは思います。それは、「人工地震」(または「地震兵器」)のことです。それが事実だとしたら余りにも恐ろしく、触れたくないことでしたので今まで書けませんでした。

しかし、ネット上では、国際的にも、既に、常識のようでした。
しかも、ネット以前に、なんと1953(昭和28)年の日本の新聞記事にも既になっていたのでした。

地震・津波・原発事故は予め計画された3点セットの計画で、来るTPPとは、まさに、日本侵略計画の最終段階...?!

つづく

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bouquet des Tons | etc. | Haruan shop | YAISAMANENA | YouTube | □新 月巡りの歌□ | □楽譜 | ◇お報せ | ◎CD | ◦monologue intérieur | ★作曲 | ★編曲 | ☆作曲 | ☆編曲 | ♪演奏会案内 | ♪演奏会記録 | ♪演奏会随想 | ♪発表 | ♪試聴♪ | 〈YAISAMANENA〉 | 〈大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある〉 | 〈父は空 母は大地〉 | 《Bouquet des Tons》 | 《Nostalgia》 | 《Spring ephemeral》 | 《YUKAR fragments》 | 《お月さまのかお》 | 《ポール・クローデルの『百扇帖』による二重奏詩》 | 《ラヴェルの墓》 | 《三つの影像》 | 《季節の子供》 | 《小さな挿絵》 | 《星の音楽》 | 《月巡りの歌》 | 《柔らかく澄んだ時の旅》 | 《油屋お紺》 | 《雨》 | おすすめCD | おすすめYouTube | おすすめサイト | おすすめツイキャス | おすすめブログ | おすすめ映画 | おすすめ本 | おすすめ音楽 | ご挨拶 | ご案内 | はるあんノート - 作品 - | ぼっくすおふぃす(神品正子) | アンサンブル・レトワール | ドビュッシー | ドビュッシー:《ペレアスとメリザンド》 | ニュース | フリー・エネルギー | ポエトリー・リーディング | ラヴェル | ラヴェル:《子どもと魔法》 | 予告 | 人類滅亡への道 | 写真展案内 | 写真展随想 | 勉強会案内 | 募集 | 南部合唱団 | 原発震災 | 叫び | 合唱団ルミル | 問答 | 基地問題 | 好きな詩 | 寮 美千子 | 平和への歩み または 揺籃 | 心に響くことば | 思考メモ | 意見 | 放射能対策参考情報 | 旅 随想 | 映画上映案内 | 朗読サロン案内 | 朗読サロン随想 | 歎き | 演劇案内 | 物理学 | 独りデモ | 生徒募集 | 署名 | 美術 | 美術展随想 | | 論考 | 講演会案内 | 随想 | 音楽 | 響きあう詩