朗読サロン案内

2011年8月19日 (金)

「ぼっくすおふぃす・朗読さろん Vol.6 神品友子没後10年〜ドイツ現代童話を聴く夕べ」

日が迫ってのご案内で恐縮ですが、明日開催の劇作家・演出家の神品正子さん主宰の朗読さろんのご案内です。
今年はドイツ文学者であられました神品正子さんのお母様=神品友子先生の没後10年ということで、朗読に「お月さまのかお」「ねこのアイウエオ」が取上げられ、お父様の神品芳夫先生によりますお話(作品解説)も併せございます。
私は、2007年のぼっくすおふぃす・朗読さろんVol.5(風の耳 こぼれおちる月 参照)にて、「お月さまのかお」の音楽を担当させて頂いたこともあり、絵本の独特な色彩の絵と共に魅了された「お月さまのかお」の愛読者の一人です。また、その折に神品さんより頂いた「ねこのアイウエオ」も愛読していました(本のご購入は下記リンクより可能です)。
今回は、神品正子さんの妹さんの油井ユリ江さんのヴァイオリン演奏付ということで、アットホームな雰囲気でドイツ現代童話の魅力を味わうことの出来る貴重な機会ではないかと期待されます。

ぼっくすおふぃす・朗読さろん Vol.6
神品友子没後10年〜ドイツ現代童話を聴く夕べ


▶日時 2011年8月20日(土) 開場/16:30 開演/17:30
▶会場 自由学園明日館 講堂
     Tel 03-3971-7535
▶入場料金 2500円(全自由席)
▶お問合せ ぼっくすおふぃす


♪プログラム

お月さまのかお Das Mondgesicht
 ゲルダ・マリー・シャイドル 作
 神品友子 訳(ほるぷ出版刊)

 朗読/三好 美智子

ねこのアイウエオ Zupp
 ハンス・マグヌス・エンツェンスベルガー 作
 神品友子 訳(晶文社刊)

 朗読/青木 勇二  越前屋 加代  佐々木 優子


  構成・演出     神品 正子
  お話         神品 芳夫
  ヴァイオリン演奏 油井 ユリ江


おすすめ本の購入:Amazonへのリンク

お月さまのかお

ねこのアイウエオ

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bouquet des Tons | Ensemble l'Étoile | etc. | Haruan shop | YAISAMANENA | YouTube | □新 月巡りの歌□ | □楽譜 | ◇お報せ | ◎CD | ◦monologue intérieur | ★作曲 | ★編曲 | ☆作曲 | ☆編曲 | ♪演奏会案内 | ♪演奏会記録 | ♪演奏会随想 | ♪発表 | ♪試聴♪ | 〈YAISAMANENA〉 | 〈大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある〉 | 〈父は空 母は大地〉 | 《Bouquet des Tons》 | 《Nostalgia》 | 《Spring ephemeral》 | 《YUKAR fragments》 | 《お月さまのかお》 | 《ポール・クローデルの『百扇帖』による二重奏詩》 | 《ラヴェルの墓》 | 《三つの影像》 | 《季節の子供》 | 《小さな挿絵》 | 《星の音楽》 | 《月巡りの歌》 | 《柔らかく澄んだ時の旅》 | 《油屋お紺》 | 《雨》 | おすすめCD | おすすめYouTube | おすすめサイト | おすすめツイキャス | おすすめブログ | おすすめ映画 | おすすめ本 | おすすめ音楽 | ご挨拶 | ご案内 | はるあんノート - 作品 - | ぼっくすおふぃす(神品正子) | アンサンブル室町 | ドビュッシー | ドビュッシー:《ペレアスとメリザンド》 | ニュース | ポエトリー・リーディング | ラヴェル | ラヴェル:《子どもと魔法》 | ローラン・テシュネ | 予告 | 人類滅亡への道 | 写真展案内 | 写真展随想 | 勉強会案内 | 募集 | 南部合唱団 | 原発震災 | 叫び | 合唱団ルミル | 問答 | 基地問題 | 大坂寛 | 好きな詩 | 寮 美千子 | 平和への歩み または 揺籃 | 心に響くことば | 思考メモ | 意見 | 放射能対策参考情報 | 旅 随想 | 早島万紀子 | 映画上映案内 | 朗読サロン案内 | 朗読サロン随想 | 柳町正隆 | 歎き | 演劇案内 | 物理学 | 独りデモ | 生徒募集 | 絹の会 | 署名 | 美術 | 美術展随想 | | 論考 | 講演会案内 | 随想 | 音楽 | 響きあう詩