《Bouquet des Tons》

2013年4月 6日 (土)

♪Bouquet des Tons @藻原寺 花まつり 2013 明日

Sougenjihanamatsuri2013 お馴染のBouquet des Tonsの皆さんによる藻原寺花まつりコンサートも今年で3回目となります。第1回の時は東日本大震災の直後でその開催が危ぶまれた中での実現で、いろいろな意味で忘れられないコンサートとなりましたが、その次の年の時は運良く丁度桜の見ごろの時と重なりました。茂原公園も花盛り...。今年は開花が早かったのでしたが、桜散りぬ風情もまた味わい深いものでしょう。

..............................................................................................................................................

♫プログラム♫

ヴィヴァルディ 《四季》より
モーツァルト  ディヴェルティメント 第1楽章
ピアソラ    リベルタンゴ
フォーレ    パヴァーヌ
高橋喜治   《Bouqoet des Tons》より 桜、菜の花
                       日本のうた

出演 音の花束アンサンブル (Bouquest des Tons)

  フルート/齊藤佐智江
  ヴァイオリン/飯島多恵
  チェロ/中田 有
  チェンバロ/猿渡紀子

日時▶ 2013年4月7日(日) 午後1時開演
会場▶ 藻原寺
入場▶ 無料(先着200名様にコーヒーサービスあり)
お問合せは、0475-22-3153まで

 

| | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

神様に見守られた演奏会 〜Bouquet des Tons 結成20周年記念コンサート〜

Vin_pour_bouquetdestons写真は小布施の合唱団ANDANTEの皆さんからのお祝いのワイン。そのお裾分けです。(参照→Bouquet des Tons
まるで神様への祈りが通じたような本番でした。神様と全ての人へありがとう...。

当日プログラム内容など演奏会記録は後ほどこぼれおちる月に投稿します。

| | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

♪Bouquet des Tons Vol.25〜結成20周年記念コンサート〜

演奏会のご案内です。

Bouquet des Tons
音の花束コンサート Vol.25 〜結成20周年記念コンサート〜
2012tori2

日時▶2012年7月20日(金)
    開演19時 開場18時半
会場▶すみだトリフォニー小ホール
  JR,東京メトロ錦糸町駅より徒歩3分(→アクセス
入場料▶全自由席 一般¥3500(3000)
         学生¥2500(2000)
            ( )内は前売料金
主催・お問合せ▶Bouquet des Tons

今年結成20周年を迎える室内アンサンブルBouquet des Tonsの定期公演です。

記念のお祝いに私はアンサンブルと同名の曲集を作曲。
〈Bouquet des Tons〉
  ☆桜
  ☆菜の花
  ☆曼珠沙華
作曲に当たってアンサンブルのメンバーからタイトルをリクエスト戴きました。今回はその中から“桜”と“菜の花”、それに“曼珠沙華”の3曲。
リクエストに上った花は以上の他に、“紫陽花”、“花水木”、“薔薇”.....。これらは今後書足されていきます。

結成20年を迎え油の乗切ったBouquet des Tonsの世界を是非ご堪能ください。

こぼれおちる月

◎Bouquet des TonsのCD

| | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

Bouquet des Tons à Bouquet des Tons

久々の新作完成記事になります。
お馴染の室内アンサンブルBouquet des Tons結成20周年のお祝いの作品〈Bouquet des Tons〉(編成はフルート、ヴァイオリン、チェンバロ)。その名のように花の名前を持った小品による連作です。来る7月20日(金)すみだトリフォニー小ホールで開かれる同アンサンブルの「音の花束コンサート」第25回にて初演予定です。
Bdtsougenji2012  Sougenjisanmon
↑去る4月8日藻原寺「花まつりコンサート」にて
右は
境内側から撮った藻原寺山門。→

.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-..-.-.-.-.-.-.-.

◎Bouquet des Tons の CD 好評発売中!

□Bouquet des Tons の オリジナル作曲・編曲の楽譜 好評発売中!

| | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

「海の夢」、または、新しい世界の新しい芸術への航海

寒中お見舞い申し上げます。
喪中につき例年の新年のご挨拶は控えさせて頂きました。

昨年は実に多くの方々が恐ろしく悲しい出来事に見舞われました。
私も散々な目に遇いましたが、そこから新しい発見や認識もありました。

私自身はとっくに(少なくとも2010年2月24日に初演された“ポール・クローデルの『百扇帖』による二重奏詩”の作曲と同時に、意識の上では)旧世界と決別したのでしたが、古い皮を脱ぎ捨てたら、その皮が追いかけてきて、また、皮が包囲してきた、というような悪夢を見ているような2年でした。

まだその残夢は暫く続くようですが、与えられた運命とは裏腹に、今年は新しい世界にむけての芸術的飛躍を遂げたいと思います。

作曲の今のところの予定としては、7月20日(金)、すみだトリフォニー小ホールで開かれる Bouquet des Tons Vol.25 のための、20周年記念のお祝いの新作、その名も《Bouquet des Tons》の初演(連作の抜粋)と、初演日程は未定ですが(今年暮れ)、ギタリスト柳町正隆さんのリサイタルのための、尺八とギターのための小品の作曲。長年自主的に進められているピアノのための《月巡りの歌》の新作。幾つかのオーケストラ旧作品の改訂。それに、「オペラ」があります。(合唱作品《YUKAR》もBouquet des Tonsのための《ラヴェルの墓》も勿論忘れてはいませんが、多分今年その機会はないでしょう。)

昨年より訃報が相次ぎました。
驚いたのは、昨年12月の奈良英子さんのピアノと笛のコンサートの打上の席で、西川浩平さんから伺った、三木稔先生の訃報と、帰り道に奈良さんから伺った、林光先生の重態の知らせでしたが、林先生は今年5日にお亡くなりになられました。偉大な作曲家の死です。
林先生の《原爆小景》について僭越ながら私はこのブログ上で「20世紀が生んだ最重要作品だ」と言ったことがありましたが、林先生は、これから更に、燦然と輝く巨星で在り続けることでしょう。

年が明けて、奈良さんが、昨年11月13日の東京いずみ幼稚園ホールでの《月巡りの歌》より“1月(...海の夢)”の初演と、西川さんとの《星の音楽》全曲とアンコールでの“月の記憶”のDVDを送ってくださったのですが、“1月(...海の夢)”は、先ほどの「悪夢」とは正反対の意味で、幸先の良い「初夢」となりました。...(最大限に)感謝します!

まだまだ(或いは一層)多難な時代ですが、お陰様で、どうにか新しい航海は始まりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bouquet des Tons | Ensemble l'Étoile | etc. | Fluty Creation(内谷貴志) | Haruan shop | YAISAMANENA | YouTube | □新 月巡りの歌□ | □楽譜 | ◇お報せ | ◎CD | ◦monologue intérieur | ★作曲 | ★編曲 | ☆作曲 | ☆編曲 | ♪演奏会案内 | ♪演奏会記録 | ♪演奏会随想 | ♪発表 | ♪試聴♪ | 〈YAISAMANENA〉 | 〈大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある〉 | 〈父は空 母は大地〉 | 《Bouquet des Tons》 | 《Nostalgia》 | 《Spring ephemeral》 | 《YUKAR fragments》 | 《お月さまのかお》 | 《ポール・クローデルの『百扇帖』による二重奏詩》 | 《ラヴェルの墓》 | 《三つの影像》 | 《季節の子供》 | 《小さな挿絵》 | 《星の音楽》 | 《月巡りの歌》 | 《柔らかく澄んだ時の旅》 | 《油屋お紺》 | 《雨》 | おすすめCD | おすすめYouTube | おすすめサイト | おすすめツイキャス | おすすめブログ | おすすめ映画 | おすすめ本 | おすすめ音楽 | ご挨拶 | ご案内 | はるあんノート - 作品 - | ぼっくすおふぃす(神品正子) | アンサンブル室町 | ツイス五重奏団 | ドビュッシー | ドビュッシー:《ペレアスとメリザンド》 | ニュース | ポエトリー・リーディング | メシアン | ラヴェル | ラヴェル:《子どもと魔法》 | ローラン・テシュネ | 予告 | 人類滅亡への道 | 写真展案内 | 写真展随想 | 勉強会案内 | 募集 | 北絵三子 | 南部合唱団 | 原発震災 | 叫び | 合唱団ルミル | 問答 | 基地問題 | 大坂寛 | 奈良英子 | 好きな詩 | 学会案内 | 寮 美千子 | 平和への歩み または 揺籃 | 心に響くことば | 思考メモ | 意見 | 放射能対策参考情報 | 旅 随想 | 早島万紀子 | 映画上映案内 | 朗読サロン案内 | 朗読サロン随想 | 望月裕央 | 柳町正隆 | 歎き | 演劇案内 | 物理学 | 独りデモ | 現代邦楽グループ真珠 | 生徒募集 | 絹の会 | 署名 | 美術 | 美術展随想 | 西川浩平 | | 説明 | 論考 | 講演会案内 | 辻井甫山 | 随想 | 音楽 | 響きあう詩 | 飛永悠佑輝 | 飛永美保子 | 飯島 星 | 鶴岡恵