« ☆8月4日の希望の五芒星 | トップページ | ★《月巡りの歌》より “3月”(...非可逆的瞑想)♪初演♪ »

2018年8月26日 (日)

★8月4日の希望の五芒星


今月8月4日に札幌で開催された演奏会 ♪コンチェルト デッラ スペランツァ Vol.4 で発表された私 髙橋喜治のピアノ曲集《月巡りの歌》(曲集全体としては未完)より 初演作 改訂初演作 を含む全5作を発表してくださった新進ピアニスト
長澤依子さんの演奏のライヴ、その記録動画の一部を明日より公開させて戴きます。後註:9月1日よりオーディオファイルに換えています

この動画は、本番当日、札幌市の岩城マドカさんが撮影くださいました。
岩木マドカさん、ありがとうございました。そして、この機会を与えてくださった
長澤依子さんをはじめコンサートのメンバーとスタッフの皆さんにこの場にて心より感謝申し上げます。

長澤さんは奈良英子さんのCDで私の作品を知り、昨年(2017年)11月に、ご自身のリサイタルやジョイントコンサートなどでのレパートリーにしたい と 楽譜を求めてメールをくださったのでしたが、今回の札幌での本番の日程も決まってからは、長澤さんからはご自身のレッスン室での自録りのピアノ演奏の動画ファイルを添付メールで送ってくださり、それに対して私からアドヴァイスを返信する という数回に亙る“遠隔レッスン”の遣り取りと、その間2回の横浜のピアノスタジオでのリハーサル立会いを経て今年8月4日の本番を迎えるまでの日々を得たのでしたが、そうした長澤さんの実に熱心な作品への取組の成果が、この動画に刻まれているわけです。


*「希望の五芒星」とは?
8月4日の本番前の風の耳記事で「☆8月4日の希望の五芒星」というタイトルにしたのには、求めに応じ5曲の曲順を決めるに当たって、各曲が視えない糸で繋がり合って五芒星を形作り、より大きなひとつの意味を形成し得る ということを私が発見したからでした。
このことはその「☆8月4日の希望の五芒星」で端的に示唆的に表されています。

現代とは危機の時代であること。

それはひとえに生命の存続の危機であって、至近のその判りやすい具体例を挙げるならば、それは福島原発事故であって、更にそれ以降明らかにされて来たそれを成り立たせてしまっている社会の仕組みと人々の意識の在り方こそが、禍を齎してしまう重大な根本原因ということなのです。
その具体的なことは既に書いてきましたので、ここでは省略させて戴き、結論から言えば…

生命を育む海は母であり恋人


現代とは、この最も重大なことが蹂躙され穢されてしまう!という悲惨極まりない時代なのです。そして、そこで見出される希望とは何か?を考えた時に見えて来るものこそが、恋人であり母である海 それを守ること。おしなべて生命を育む自然を守ること。地球を守ること、この生命の存続が守られる平和の宇宙を守ること。
そうした想いで、5曲それぞれが繋がり合って五芒星を形作っているのです。
長澤依子さんの感性によって産声を挙げた初演の“3月”(...非可逆的瞑想)、改訂初演の“8月”(...海の予感)、それに長澤さんの演奏に私が最も感動した“1月”(...海の夢)。その3曲を含む全5曲の演奏の一端を明日より公開いたします。


*視聴プログラム
明後日以降 改訂初演曲 “8月”(...海の予感)
更にこれ以降、残り3曲のハイライト(その1 その2)を 本ブログ上でお届けします。
(以上、投稿毎にリンク設定します)



このページのトップ

|

« ☆8月4日の希望の五芒星 | トップページ | ★《月巡りの歌》より “3月”(...非可逆的瞑想)♪初演♪ »

◇お報せ」カテゴリの記事

★作曲」カテゴリの記事

♪演奏会随想」カテゴリの記事

《月巡りの歌》」カテゴリの記事

長澤依子」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31162/67098421

この記事へのトラックバック一覧です: ★8月4日の希望の五芒星:

« ☆8月4日の希望の五芒星 | トップページ | ★《月巡りの歌》より “3月”(...非可逆的瞑想)♪初演♪ »