« 《ペレアスとメリザンド》その2 | トップページ | 受難 »

2015年2月27日 (金)

《ペレアスとメリザンド》その2 - つづき(その1) -

《ペレアスとメリザンド》その2 のつづき。



《ペレアスとメリザンド》の舞台


●登場人物

  1 ペレアス:王アルケルの孫。ゴローの異父弟。
  2 メリザンド:海から森に迷い込んだ謎の女性。ゴローに拾われ後妻となる。
  3 ゴロー:アルモンド(架空の国)の崩壊途上にある王家の王子。先妻に先発たれている。その二人の子に幼いイニョルドがいる。
  4 アルケル:アルモンドの老いた盲目の国王。城主。
  5 ジュヌヴィエーヴ:ゴローとペレアスの母。
  6 イニョルド:ゴローの先発たれた先妻との間の幼い息子。
  7 侍医:終幕でメリザンドを診る医者。
  8 男の召使いたち(台詞はなく登場するだけ)
  9 女の召使いたち(台詞はなく登場するだけ)
10 三人の老貧者(台詞はなく舞台上に横たわっているだけ)
11 水夫たちの声(海から聴こえてくる声だけで登場はしない。舞台裏に配置された合唱によって表される) 
12 羊飼い
13 羊の群(むれ)
14 数羽の鳩:メリザンドが飼っていたと想われる鳩。
以下は実際には登場せず登場人物の言葉の中に現れる人物
15 馬:実際には登場せずゴローの話の中に出てくるゴローの馬。
16 ウルスラ姫:アルケルがゴローとの政略結婚を考えていたと想われる他国の王女。
17 ペレアスの病床の親友マルセリュス(ペレアスの台詞の中に出てくる)
18 ペレアスの病床の実父(アルケルの台詞の中に出てくる)


●場所

  1 城を取囲む深い森(その森の中に自然の泉がある)
  2 城の広間
  3 城の前(海が見渡せる)
  4 城の一室(寝台がある。ゴローの寝室)
  5 城の一室(メリザンドが臨終を迎える寝室。大窓を開けると海が見渡せる。もしかしたら4と同じ部屋なのかも...)
  6 城の塔(最上階にメリザンドのものと想われる寝室がある。ひょっとしたら元はジュヌヴィエーヴの部屋で、それをメリザンドに譲ったのかも...)
  7 城の地下窟(死臭漂う恐ろしげな底なしの底と岩肌の壁)
  8 城の地下窟の出口のテラス(そこから城の塔と海岸とが見える)
  9 城外の庭園(「盲人の泉」と呼ばれる深い泉がある)
10 城外の築山(大きな石があり、森が見える)
11 海辺の洞窟(「青の洞窟」っぽい)の前
この他にジュヌヴィエーヴが読上げる手紙の中に出てくる二つの場所として
12 海に面した城の塔
13 船橋

つづく

|

« 《ペレアスとメリザンド》その2 | トップページ | 受難 »

ドビュッシー」カテゴリの記事

ドビュッシー:《ペレアスとメリザンド》」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31162/61203645

この記事へのトラックバック一覧です: 《ペレアスとメリザンド》その2 - つづき(その1) -:

« 《ペレアスとメリザンド》その2 | トップページ | 受難 »