« 私のウェブサイトの今後 | トップページ | 嵐の中での絹の会 & 演奏会のご案内 »

2012年6月10日 (日)

〈三つの影像〉について ♪箏合奏団絹の会 第32回演奏会 19日(火)

来週の火曜日(19日)に箏合奏団絹の会の演奏会があります。詳しくはこぼれおちる月にアップしてありますのでご参照ください。

今回は、1999年に三重県の現代邦楽グループ真珠(あらたま)の委嘱により作曲した〈三つの影像〉第一集が再演されます。この作品は絹の会の皆さんによって取上げられた最初の作品で、この後、宮澤賢治の童話を題材とした第二集と、作曲者の夢を題材とした第三集が、絹の会の委嘱によって作曲され発表されました。つまり〈三つの影像〉はシリーズとして全三集九曲あるのです。第二第三は二面の箏と十七絃の三奏者のためのものですが、この第一集のみ、それに尺八を加えた四奏者のための作品です。

以下に、〈三つの影像〉の全貌を記します。

〈三つの影像〉第一集 [尺八,2箏,十七] 現代邦楽グループ真珠 委嘱
  一、海の子供
  二、uekap(ウエカ または ウエカブ)
  三、踊り

〈三つの影像〉第二集 〜宮澤賢治の童話による〜 [2箏,十七] 箏合奏団絹の会  委嘱
  一、双子の星
  二、銀河鉄道の夜
  三、星めぐりの歌

〈三つの影像〉第三集 〜箏夢〜 [2箏,十七] 箏合奏団絹の会  委嘱
  一、繭の中で
  二、綾取
  三、海の夢

第一集は作曲者の私的思いでに基づく作品で、第一曲“海の子供”は幼い時に父の会社の同僚の方のその時の私と同年くらいの女の子と海で遊んだ時の思いでと、中学生になった時に、その女の子が、夏に花火で遊んでいたら着物に引火してしまい、それが元で亡くなられてしまったという話を父から聞いた時のショックから着想された作品。後に作家で詩人の寮美千子さんにイメージにぴったりの素敵な詩を付けて頂いて歌曲にもなり、また、お馴染のBouquet des Tonsのファーストアルバム〈Anthologie〉にもBouquet des Tonsの編成(Fl,Vn,Pno)のための編曲のヴァージョンが収められています。
第二曲“uekap”は、1997年に親しいボランティアの方々とテラノホールで「アイヌジョイント展」を開催した折の 故 杉村満エカシとフサフチ(ご夫妻)との交流の思いでに拠る作品。その時同時併催の「上川アイヌコタン写真展」の写真をお持ちでいらした畑野さんのお父さん=昔、旭川のアイヌコタンの方々とと親交のあった故 松実政勝氏撮影による写真の中の美しい姉妹=杉村京子さんとフサさんのuekapと、フサさんより直接伺ったお話の思いでです。
第三曲“踊り”は、青春時代の心象風景のようなもので、Memento Mori という言葉に象徴されるような「生」の束の間の体現としての「踊り」です。

第二集は宮澤賢治の先立たれた妹トシに関連した童話に基づく作品ですが、賢治が、当時話題になっていた相対性理論や量子力学を拠所に、死者の世界とのコンタクトを本気で考えていたという寮美千子さんの論考からもヒントを得て、発想されています。

そして第三集は作曲者の実際に見た夢を題材に、さらなる意識(心)の深層への旅を試みました。

今回、絹の会の皆さんによって再演される第一集は、以上のように、「若書き」の作で、本当はもっともっと若い時に書かれて然るべき作品であった、と言えそうです。


絹の会の皆さんは、その名の「絹」をイメージさせる独特な柔らかさしなやかさを持った音色で、ジャンルを超えた親しみやすい箏アンサンブルの音楽を探求され、続々とCDもリリースされています。検索→Amazon

今回は、東日本大震災復興支援コンサートで、前半に上野哲生氏の〈三つの舞〉、飯島俊成氏の〈琉球の風〉、私の〈三つの影像〉、そして後半に菊田郁氏の追悼詩集『沈黙の海』の朗読と伴に、島津秀雄氏編曲による〈祈り〉が演奏されます。
会場はいつもの日本橋劇場。開演は19(午後7)時。全自由席3千円。
こぼれおちる月

|

« 私のウェブサイトの今後 | トップページ | 嵐の中での絹の会 & 演奏会のご案内 »

★作曲」カテゴリの記事

♪演奏会案内」カテゴリの記事

《三つの影像》」カテゴリの記事

おすすめCD」カテゴリの記事

絹の会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31162/54924032

この記事へのトラックバック一覧です: 〈三つの影像〉について ♪箏合奏団絹の会 第32回演奏会 19日(火):

« 私のウェブサイトの今後 | トップページ | 嵐の中での絹の会 & 演奏会のご案内 »