« 「政府の行いによる惨禍」は続く | トップページ | ♪藝大定期第344回(藝大フィルハーモニア定期) »

2011年12月 9日 (金)

♪柳町正隆ギターリサイタル

去る3日、船橋市民文化創造館「きららホール」で催された『柳町正隆ギターリサイタル』に招待を受けでかけました。

20111203_3

会場に入ると何やら聴き覚えのある音楽が流れていると思ったら、Bouquet des Tonsのファーストアルバム〈Anthologie〉発売中が開演前のBGMでかけられていました。
ゲスト出演されたお馴染の室内アンサンブルBouquet des Tonsのフルート奏者齊藤佐智江さんに紹介されたのですが、ギタリスト柳町正隆さんは『エチュード・ギター研究所』主宰で多くのお弟子さんを持ち、ご自身の演奏活動も頻繁に続けられていらっしゃいますが、その長年の多様な音楽体験を活かされた緻密な編曲には脱帽!

20111203prog_5 20111203program_6    

また、もう一方のゲストの尺八の金野鈴道(こんの れいどう)さんとの共演も素晴らしく、お二人は『弦竹』(いとたけ)という名のユニットで共演を続けられてるとのこと。五孔尺八の奥深いソウルフルな調べとギターとの高次元融合世界に魂が浄化されました。

終演後、私は、柳町さんからの来年のコンサートのこのお二人ための小品の作曲の依頼をお受けしました。アルトフルートとギターのための〈NOSTALGIA〉〜故郷の島〜発売中も取上げてくださるということで、光栄の至りです。来年、乞うご期待!

エチュード・ギター研究所

『弦竹』については→こちら
後註:リンクが変更されたようで無効になってましたので設定を外しました。

|

« 「政府の行いによる惨禍」は続く | トップページ | ♪藝大定期第344回(藝大フィルハーモニア定期) »

♪演奏会随想」カテゴリの記事

柳町正隆」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31162/53439990

この記事へのトラックバック一覧です: ♪柳町正隆ギターリサイタル:

« 「政府の行いによる惨禍」は続く | トップページ | ♪藝大定期第344回(藝大フィルハーモニア定期) »