« ピアノと笛と... | トップページ | 「海の夢」、または、新しい世界の新しい芸術への航海 »

2011年12月31日 (土)

欠けた星形の護符

「政府の行いによる惨禍」は続く のつづき、且つ 今年の纏めです。

以下、引用。

メフィストフェレス 寝入ったな。出かしたぞ、身軽できしゃな小僧ど
 も、精を出して子守唄を歌ってくれた甲斐があった。
 今度のことは恩に着るぜ。
 先生、あんたにはまだ悪魔を縛っておくだけの腕はないのさ。
 こいつの心を色っぽい幻の姿でたぶらかせ。
 虚像の海の中へ沈めてしまえ。
 さてこの敷居の上に描かれたまじないを破るには、
 鼠の歯が要る。
 奴らを呼び出すのに手間はかからない。
 もうそこで一匹がさこそやっている、早速そいつに申しつけよう。

 
 鼠、小鼠、蠅、蛙、
 南京虫にしらみの王の命令だ、
 ここへ出てこい、
 そして、この敷居をかじれ。
 こうしてちょいと灯油を塗ってやると ――
 そうら、出てきたな。
 すぐに仕事にかかれ、己に邪魔なのは、
 そのまじないの印の一番手前のとがったところだ。
 もう一息だ、よし、よし、それでいい ――
 さて、先生、どうぞごゆるりと。またお目にかかりましょう。       
ファウスト(目をさまして) またしてもやられたか。
 霊どもの群がり集まった芝居の幕は、
 夢に悪魔を見せられて尨犬に逃げられた
 というだけのことだったか。

メフィストフェレス わたしは、最初すべてであったものの一部、
 つまり、あの光を生んだ闇の一部なのです。
 心のおごった子供の光は、母親である闇と、
 古い王位を争っているのですが、
 まず光に勝算はありませんな、どう焦ろうと、
 なにせ光は物体にへばりついているのですからね。
 光というやつは物体から流れ出て、それを美しく見せますが、
 光の行く手は物体に阻まれるのです。
 だからして、光などというものは、
 遠からずして物体と一緒に滅んでしまうだろうと思われるのです。
ファウスト なるほど、君の立派な任務はわかった。
 君は大がかりにものを破滅させることができないので、
 小刻みにやり始めたというわけだな。
メフィストフェレス むろん小刻みにやったところが、大した仕事はできないのですよ。
 無に対抗しているもの、
 この鈍重な世界というやつですね。
 これまでわたしもいろいろやっては見たのですが、
 こいつにはほとほと手を焼きましたな。
 津波、嵐、地震、火事 ――
 いろいろな手で攻めてはみるのですが、あとには依然として海と陸が残るのです。
 それにあのいまいましい、けだものだの人間だのときた日には、
 全く手のつけようがないのですな。
 これまでどのくらい葬ったことか。
 それでもあとからあとから新しい生命が芽吹くのですからなあ。
 そんな有様なものですから、こっちはもう気が狂いそうなので。
 空気からも水からも、地面からも、
 乾いたところにも湿ったところにも、暖かいところにも寒いところにも、
 無数の芽が出るものですから。
 これでもし炎という武器を自分のものにしておかなかったとしたら、
 わたしは素手でいなければならなかなったところなのです。
ファウスト そうだ、君はそうやって、
 永遠に活動して生命を創り出す力に向って
 冷たい悪魔の拳を振挙げているがいい。
 悪魔の拳は、陰険に固められても、何一つしでかすことはできないのだ。
 混沌の奇怪な息子よ、
 何かほかのことをやってみてはどうなのだ。
メフィストフェレス いや全く仰せの通りですな。
 ではまた次の機会にもっといろいろ承りましょう。
 さて、お暇させていただいてよろしいでしょうか。
ファウスト なぜそう改まるのだ。
 これで己も君と近づきになったのだから、
 きたい時にいつでも訪ねてくるがいい。
 窓はそこにある。扉もあすこにある。
 煙突も君には自由自在な出入口だろう。
メフィストフェレス 実はですね、ちょいとした差障りがありましてね。
 この部屋から出て行きにくいのです。
 あれですよ、そこの閾の上に描いてある星形の魔除け、あれが困るのです ――
ファウスト あの魔除けの星形が邪魔だというのか。
 あれが邪魔で部屋を出ていかれないのなら、
 一体君はどうしてここへ入ってこられたのだ。
 どうやってあの護符の目をくらましたのだ。
メフィストフェレス よくごらんになってください。線の合っていないところがあるでしょう。
 外の方へ向いている角のひとつが、
 ほら、ちょっと開いているではありませんか。
ファウスト ほほう、これは偶然の儲けものだ。
 君は己のとりこになってしまったというわけだ。
 これは大きなまぐれ当りだ。
メフィストフェレス 尨犬に化けてここへ飛び込んできた時には気がつきませんでしたが、
 わたしが正体を現した今となっては、ちょっと勝手がちがってくるのです。
 悪魔はこの家の外へは出られないのです。
ファウスト 窓からでも出て行けばいいではないか。
メフィストフェレス 忍び込んだところから出て行くというのが、 
 悪魔や化物のきつい掟でしてね。
 入る時はどこから入ろうと勝手なのですが、その入ったところから出て行かなければならないので。
ファウスト ほう、地獄にも掟があるのか。
 それは好都合だ、そんなら君ら地獄の眷族とも
 契約が結べるというわけだな、しかも確実な契約が。
メフィストフェレス お約束したことは、お約束通りにきちんとしますよ。
 ちびったり、渋ったりすることはありません。
 けれども契約なんてものは、そう簡単にはできません。
 ま、次の機会に御相談申上げることにしましょう。
 今回は、どうぞお願いですから、
 これで御放免いただきたいので。
ファウスト それにしても、まあもう少しここにいて、
 何か面白い話でもきかせてくれたらどうだ。
メフィストフェレス だめ、だめ、だめです、また参りますよ。
 その折りにはなんなりとお気の済むようにお尋ね下さい。
    〜ゲーテ『ファウスト』(高橋義孝訳 新潮文庫)より
引用、以上。

来年につづく

|

« ピアノと笛と... | トップページ | 「海の夢」、または、新しい世界の新しい芸術への航海 »

歎き」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31162/53621075

この記事へのトラックバック一覧です: 欠けた星形の護符:

« ピアノと笛と... | トップページ | 「海の夢」、または、新しい世界の新しい芸術への航海 »