« 「光の道筋」(後註追加) | トップページ | 母子殺しの政府 »

2011年10月21日 (金)

♪南部合唱団音楽会 自由になるために(後註追加)

南部合唱団の音楽会のお報せです。
昨年今年に依頼を受け編曲をさせて頂きましたが、その発表のある音楽会です。

南部合唱団は、うたごえ運動の波から生まれた合唱団です。とてもパワフルな皆さんです。
Ongakukai1101 プログラムには、JAL不当解雇支援の曲や原爆の曲や憲法の曲など、社会的メッセージの強い作品が並びます。チラシにはありませんが、終盤は、外山雄三先生作曲の「日本国憲法第九条」、きたがわてつさん にしむらよしあきさん 鈴木泉さん作曲、私の編曲による「日本国憲法前文」の後、昨年依頼を受け私が編曲した「原爆を許すまじ」、そして「IMAGINE」と続くのだそうです。

超有名な「IMAGINE」は、編曲は外山雄三先生、そして訳詞が、なんと、林光先生によるもので、加山明美さんのお話によりますと、かなり昔になりますが、オノ・ヨーコさんとは別に、ジョン・レノンの原詩から直接 林先生が訳されたものであるのだそうです。

また、「また君に恋してる」は当合唱団の指揮者安達陽一先生による編曲。ピアニストは中瀬千央さん。中瀬さんもまた、ご自分の弾かれるピアノパートをご自身で書かれることがあるそうで、「原爆を許すまじ」、今回の私の編曲以前に南部合唱団の歌ったヴァージョンの録音(『生きる』とか...)で、それを聴くことができます。

先日(10.2)のオリジナルコンサートでは、団員の若い作曲家による沖縄を題材としたなかなか意識の高い作品を聴かされたのでしたが、前述の「パワフルな皆さん」とは、指揮者・ピアニスト・メンバー共そのような芸達者な中身(後註参照)から感じた上で出た言葉でした。

南部合唱団のホームページはこちらです。

後註:大事な人を書き忘れてはなりませんでした。ヴォイストレーナーの鶴岡恵さんです。鶴岡さんは、1995年の合唱曲“YAISAMANENA”(作詞/飯島星)初演の時にソプラノのソロを受持ってくださった方。そのすぐ後に、YAISAMANENAの ソプラノとテノール(ピアノ付)デュエットのヴァージョンを依頼くださり、今の「ももたらう」の中のお二人により発表くださいました。その後、テラノホールの企画コンサート「火曜コンサート」での「ステラ五重奏団」のコンサートのアンコールで、急遽、私が編曲したアイヌ民謡の“イヨハイオチ”と坂村真民さんの詩「宇宙のまなざし」に作曲した“天空の星〜宇宙のまなざし〜”を歌ってくださったという、私の音楽史にとってはとても重要な方でした。その透明感溢れる歌声に魅了される方はけっして少なくないでしょう。

|

« 「光の道筋」(後註追加) | トップページ | 母子殺しの政府 »

☆編曲」カテゴリの記事

♪演奏会案内」カテゴリの記事

♪発表」カテゴリの記事

南部合唱団」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31162/53051294

この記事へのトラックバック一覧です: ♪南部合唱団音楽会 自由になるために(後註追加):

« 「光の道筋」(後註追加) | トップページ | 母子殺しの政府 »