« 放射線と言葉 | トップページ | いのちの息吹のアンサンブル〜随想 FARBENSPIEL CONCERT 2011〜 »

2011年9月 6日 (火)

国家犯罪という巨悪

元々、国策として始まった原発。恐ろしい人権侵害の上に推進されてきたことは既掲載のごとく。この後に及んで原発推進とは狂気の沙汰以外のなにものでもないであろう。 でもしちゃうんだよね、政府は。 いったい、どこまで、犠牲者を出したら気が済むのでしょう?  罪に罪を重ねていったその先に待ちかまえているのは何だろう?

|

« 放射線と言葉 | トップページ | いのちの息吹のアンサンブル〜随想 FARBENSPIEL CONCERT 2011〜 »

原発震災」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31162/53001479

この記事へのトラックバック一覧です: 国家犯罪という巨悪:

« 放射線と言葉 | トップページ | いのちの息吹のアンサンブル〜随想 FARBENSPIEL CONCERT 2011〜 »