« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月24日 (土)

タイム・トラヴェル

二ヶ月ほど前、香港の物理学研究チームにより、「タイムトラヴェルは不可能である」ことが証明されたばかりでしたが(「タイムトラベルは不可能」と証明、香港物理学者 〜AFP BBNews)、昨夜、最近になって大変興味深く読ませて頂いている井口博士のブログ(Kazumoto Iguchi’s blog:光より速いニュートリノ登場!?:相対性理論の終焉か!?)経由で、ジュネーブ郊外にあるCERN=ヨーロッパ合同原子核研究機関など、各国の研究機関で作る国際共同研究グループが行った実験(その名もなんと「OPERA実験」!)によりニュートリノの速度が光よりも速いという結果が齎されたことを知りました(根底崩れた?相対論…光より速いニュートリノ〜YOMIURI ONLINE)

本ブログ「風の耳」の前の記事で、「このタイムトラヴェルのシリーズ、今度は未来へ旅立ちたいと思っています。(是非、書かせて欲しい!)」と締括りましたが、私の場合は内面的な心の「時」を扱っていますので、元々その「時」とは、「感受性における幻想」により、因果律さえ壊すものであるのです。
それでも、心の領域のことではあっても、音楽においては、物理学的な「時」との照応において表現が実現されるということは言えるので、全く無関係とは言えないし、こうした話題に無関心ではいられない...。

以下、転載。

根底崩れた?相対論…光より速いニュートリノ

 名古屋大などの国際研究グループは23日、物質を構成する素粒子の一種であるニュートリノが、光の速度より速く飛んでいるとする観測結果を発表した。

 現代物理学の基礎であるアインシュタインの特殊相対性理論では、宇宙で最も速いのは光だとしている。今回の結果は同理論と矛盾しており、観測結果が事実なら物理学を根底から揺るがす可能性がある。

 この観測結果が得られたのは、スイス・ジュネーブ郊外にある欧州合同原子核研究機関(CERN)の「OPERA実験」。ニュートリノ(ミュー型)を加速器という装置で打ち出し、約730キロ・メートル離れたイタリアのグランサッソー地下研究所へ地中を通して飛ばした。201109233866041n

 光はこの距離を0・0024秒で飛ぶが、今回の観測によって、ニュートリノは光より1億分の6秒早く到達していることが分かった。これは、光の速度より0・0025%だけ速く飛んだことを示している。

 ニュートリノの飛行速度を巡っては、2007年に米国の研究チームが論文を発表している。しかし、この時は誤差と区別がつかなかったため、「光速と差がない」と結論づけられた。今回は原子時計を備えた全地球測位システム(GPS)と光学測量を組み合わせ、3年間かけて約1万5000個分の飛行速度を精緻に測定した。その結果、誤差を考慮しても、光速を超えていることが判明した。

 この観測結果は現代物理学では説明できない。観測に参加した名古屋大の中村光廣准教授は「物理学全体への影響が大きいため、解釈は加えないと研究グループ内で合意している」と述べ、他グループの実験による検証を求めるために発表に踏み切ったとしている。

 ◆ニュートリノ=電気的に中性で、物質を透過する。「電子型」「ミュー型」「タウ型」の3種類があり、飛行中にそれぞれ別の種類に変化するニュートリノ振動という現象を起こす。以前は質量がゼロと考えられていたが、故・戸塚洋二東京大特別栄誉教授らによる観測で、質量があることが明らかになった。
(2011年9月23日21時28分  読売新聞)

転載、以上。
もうひとつ、同じことのNHKのニュース。以下、転載。

ニュートリノ 検証協力呼びかけ

国際研究グループによる実験で、素粒子の1つ「ニュートリノ」の速度が光より速いという結果が発表され、これがアインシュタインの相対性理論と矛盾することから、研究グループでは、世界の科学者に実験結果の検証への協力を呼びかけています。

この実験は、ジュネーブ郊外にあるCERN=ヨーロッパ合同原子核研究機関など、各国の研究機関で作る国際共同研究グループが行ったもので、実験結果は、23日、正式に発表されました。実験では、素粒子の1つ「ニュートリノ」をCERNの研究所から発射し、730キロ離れたイタリア中部の研究所で観測して速度を測定したところ、光よりも1億分の6秒=60ナノ秒だけ早く到着したということです。これは「質量のある物質は光より速く移動することはできない」としたアインシュタインの特殊相対性理論と矛盾するものです。研究結果が発表された会場では、測定の方法を巡ってさまざまな質問や疑問が出され、研究チーム側も実験結果を検証するため、世界の科学者や研究機関に協力してほしいと呼びかけました。CERNの広報責任者は、NHKの取材に対して「日本はニュートリノの研究で世界的にも優れた業績があり、素晴らしい実験施設もある」と述べ、日本からの協力に期待を示しました。
(2011年9月24日 9時37分 NHKニュース)

転載、以上。

もうひとつおまけに、タイムトラヴェルが否定された二ヶ月前のニュースもメモしておきます。以下、転載。

「タイムトラベルは不可能と証明」、香港物理学者

「どんな物体も光の速度を超えることはできない」との理論物理学者アルバート・アインシュタイン(Albert Einstein)の理論に、光の粒子である「光子1個」が従っていることを証明したと、香港の物理学者たちが発表した。つまり、SFの物語外では、タイムトラベルが不可能であることが示されたことになる。

 

Du Shengwang氏率いる香港科技大学(Hong Kong University of Science and Technology)の研究チームは、光子1個が「宇宙の移動の法則に従っている」ことを証明したと発表した。

 香港科技大学のウェブサイトに掲載されたプレスリリースは、「アインシュタインは光速が宇宙の移動の法則であること、単純にいえば、どんな物体も光速を 超えることはできないことを主張した」「Du教授の研究は、光の量子である光子1個が、電磁波と同様に、宇宙の移動の法則に従うことを証明した」と述べて いる。

 タイムトラベルの可能性は、10年ほど前に科学者らが、光速を超える「超光速」の光パルスの伝播を特定の媒体で発見したことで持ち上がった。その後、そ の現象はたんなる視覚効果であったことが分かったものの、研究者たちは光子1個が光速を超える可能性があるかもしれないと考えてきた。

 だが、Du氏は、アインシュタインが正しかったと考え、議論に決着をつけるために、史上初めて光子1個の最高速度を測定することにしたという。

 プレスリリースによると、研究の結果、「光子1個は光速を超えることはできなかった。アインシュタインの因果律、すなわち結果は原因なくして起こりえないとする主張が正しかったことが確認された」という。

 研究は、米国の科学査読論文誌「Physical Review Letters」に発表された。(c)AFP

2011年07月25日 08:42 発信地:香港 〜AFP BBNews

転載、以上。

| | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

いのちの息吹のアンサンブル〜随想 FARBENSPIEL CONCERT 2011〜

去る6月11日、東京オペラシティ近江楽堂で催された演奏会、FARBENSPIEL CONCERT 2011の随想です。当日プログラムは→こちら

この日は、私の THE FLUTY TIME TRAVEL 〜柔らかく澄んだ時の旅〜 (既掲載記事参照)の演奏があり、招待を受けでかけましたが、フルートアンサンブルの編曲では草分的存在とも言える高下二郎さん、お馴染のBouquet des Tonsのフルーティスト=齊藤佐智江さん、お二人と席を並べることになりました。高下さんは元新交響楽団のフルート奏者でしたが、その後齊藤さんと共にエアリー・フルート・カルテットやレヴリなどのアンサンブルのメンバーとしてもご活躍されています。また、高下さんの編曲の数々は㈲みゆずメゾンムラマツフルート山野楽器紀伊国屋書店、他より販売されています。

プログラム前半のススマン(Heinrich Soussmann)は19世紀の作曲家ですが、初めて聴く作品のそのアンサンブルのサウンド設計には現代に通じるものを感じました。また、高下二郎さん編曲によるチャイコフスキーの〈白鳥の湖〉(抜粋)は、オリジナルのオーケストラ編成からの縮小であっても音楽として全く本質的に遜色のない楽しさがあり、改めてその名曲性を思い知りました。

私の作品では、Farbenspielの皆さん(大見幸司さん/1stFl. 佐々木寿弘さん/2ndFl. 河合沙樹さん/3rdFl.&AltoFl. 福田徳子さん/4thFl.&BassFl.)、本当に表情豊かに演奏してくださり、懐しさとともに、(これは震災のショックのせいもあったと思われるのですが)生きていてよかった! と感じずにはいられませんでした。

フルートは一番好きな楽器でもあるのですが、この日は特に、フルートカルテットが、根源的ないのちの息吹のアンサンブルとして感じられ、震災に打ちのめされた魂にいのちの風が吹込まれて細胞が活性化されていくような、そんな感覚を覚えました。
後日、私は、メンバーの佐々木さんにTHE FLUTY TIME TRAVEL II 〜北斎〜 をお送り差上げました。

このタイムトラヴェルのシリーズ、今度は未来へ旅立ちたいと思っています。(是非、書かせて欲しい!)

...............................................................................

楽譜:高橋喜治作曲:THE FLUTY TIME TRAVEL 〜柔らかく澄んだ時の旅〜 購入サイト

 Fluty Creation  ムラマツフルート  山野楽器

 

| | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

国家犯罪という巨悪

元々、国策として始まった原発。恐ろしい人権侵害の上に推進されてきたことは既掲載のごとく。この後に及んで原発推進とは狂気の沙汰以外のなにものでもないであろう。 でもしちゃうんだよね、政府は。 いったい、どこまで、犠牲者を出したら気が済むのでしょう?  罪に罪を重ねていったその先に待ちかまえているのは何だろう?

| | トラックバック (0)

放射線と言葉

放射線がDNAを切断するように、言葉にもまた切取る性質がある。
言葉は時に取返しのつかない暴力と化す。

(この演劇を知らない人には間接的すぎて恐らく誤解を招くだけかもしれませんが、それを怖れず)、♪試聴♪→★演劇「マン・イン・ザ・ムーン・マリーゴールドに於けるガンマ線の効果」の音楽より“ティリー”II(第1幕第2場)

 

 

| | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

「【緊急国際署名】 日本政府は原発輸出推進政策を即刻止め 世界の脱原発をリードしてください」

以下、原子力資料情報室ページより転載。

一般 : 【緊急国際署名】日本政府は原発輸出推進政策を即刻止め世界の脱原発をリードしてください
 
    投稿者: 原子力資料情報室 投稿日時: 2011/9/1 13:22:23 (4475 ヒット)  
         

====================================================================
【緊急国際署名】

日本政府は原発輸出推進政策を即刻止め
世界の脱原発をリードしてください

   日本語:http://www.foejapan.org/energy/news/110831.html
   英語:http://www.foejapan.org/en/news/110831.html
====================================================================
2011年8月31日

●要請●
私たちは日本政府に以下を要請します。
1. 原発輸出推進政策を即刻止めること
2. 現在ある原発輸出計画を白紙にすること
3. 世界の脱原発の実現のためのリーダーシップを発揮すること

●趣旨●
  2011年3月11日に発生した東北太平洋沖大地震とそれに伴う津波によって、東京電力福島第一原子力発電所は大量の放射能を環境中に放出する大事故を引き起こしました。 現在もその収束の目処は立たず、福島や東北・関東の広範囲にわたる地域を、また世界の海洋環境をも汚染し続けています。

  私たちは、スリーマイル島原子力発電所事故、チェルノブイリ原子力発電所事故を経てもなお福島第一原子力発電所事故を防ぐことができませんでした。放射能は微量であっても遺伝子を傷つけ、特に子どもや妊婦など、次世代を担う人たちを最も危険にさらします。 もはや、原発が人類と共存できないことは明らかです。事故により、福島の方々をはじめ多くの方々が苦しみの中にいる今、私たちは国を超えて、福島原発事故の被害者の方々に寄り添い、支援の和を拡げるとともに、未来の世代のために、世界の脱原発を目指すべきだと考えます。

 日本政府はこれまで日本の高い技術力を誇ってきましたが、今回の福島原発事故は、技術で過酷事故を防ぐことはできないことを証明しました。菅直人前首相は、事故後、脱原発を打ち出し、日本政府は、「事故の原因について徹底的な検証を行いつつ、原子力発電所の新増設を含む今後のエネルギー政策の在り方について、国民各層の御意見を踏まえて検討を進めたい(7月1日閣議決定)」として、国内の原発政策について見直す方針を示しています。

 ところが原発輸出に関して、日本政府は8月5日、「原発の安全確保は一義的には各国の責任」とし、「諸外国が我が国の原子力技術を活用したいと希望する場合には、我が国としては、相手国の意向を踏まえつつ、世界最高水準の 安全性を有するものを提供していくべきであると考える」として、引き続き原発輸出を継続する方針を閣議決定しました。事故の検証も終わらず、日本国内です ら国民的議論も十分行われていない中、海外への原発輸出を推進することは明らかにダブルスタンダードであり、誤りです。また、未だに事故を収束できず、多くの国民が苦難の中に暮らし、十分な救済が図られていない中で、日本政府が海外への原発輸出を継続することは、被害の拡大・拡散を推進することにつながりかねず、倫理的にも許されるものではありません。

 また、今回のような事故処理費を加えるまでもなく、原発にかかるコストは膨大であることが明確となっています。輸出をすれば、その負担を当該国の人々に負わせることにもなります。日本には、ビジネスあるいは国際協力という観点からも、原発よりも省エネ及び再生可能エネルギーの関連技術の推進が期待されます。

 私たちは、広島、長崎の原爆を経験し、さらに福島原発事故による核の被害を経験した日本の政府が、これ以上人類が原発による惨禍を繰り返さないように、世界の脱原発をリードし、原発に頼らない持続可能で平和な社会を築く手本を示されることを切に願います。

以上

●呼びかけ団体●
国際環境NGO FoE Japan
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
インドネシア民主化支援ネットワーク
高木仁三郎市民科学基金
メコン・ウォッチ
原子力資料情報室
グリーン・アクション

●第一次締切●
2011年9月9日

●日本語オンライン署名、紙版のダウンロードはこちらから●
http://www.foejapan.org/energy/news/110831.html

●英語版オンライン署名はこちらから●
http://www.foejapan.org/en/news/110831.html

●お問い合わせ●
国際環境NGO FoE Japan
Tel: 03-6907-7217(平日のみ) Fax: 03-6907-7219
E-mail: finance●foejapan.org ●を@に変えて送信してください

転載、以上。

皆さん、子供たちに原発のない世界を遺しましょう! ご賛同の方は署名にご協力を。

...................................................................................................

追記:以下、署名に際し書送った私の政府へのメッセージ

原子力発電所は、一度事故を起こせば、この母なる大地と生きとし生けるものすべてに、幾世代にも亙る災いを齎します。また、被曝労働者に対する、恐ろしい人権侵害の上に立脚しているので、とても許せるものではありません。これ以上、悲劇を拡大して行ってはなりません。 ですから、政府は即刻、原発輸出推進政策を止め、世界の脱原発をリードする方向に転じてください。

| | トラックバック (0)

聖なる光差す一宮の午後

Bouquet des Tons 西日本ツアー最終日、去る8月30日に開かれた一宮聖光幼稚園主催の「音の花束コンサート」の随想です(既掲載記事参照)
Img_6646 夕闇に包まれ行く一宮聖光教会(終演後)

私の中では3.11の大災害(今年2011年3月11日に起きた東日本大震災)はまだ終わっていません。そうした中でのこうした心暖まる演奏会は空からの恩寵のように感じられました。音楽は、日記のようなものでもあり、それを書いた時のことをありありと甦らせてくれます。だから、大切な人やことごとなど忘れようもありません。Bouquet

演奏会半ば、私がブーケ・デ・トンの飯島多恵さんから聴衆の皆さんに紹介されると、その後、隣にお母さんと一緒に座っていた小さな女の子に握手を求められました。打上の後、駅までお見送りくださった松本牧師の奥様とも握手を交わしました。その優しいぬくもりを私は忘れないでしょう。

Bdtichinomiya01_2 Bdtichinomiya02_2

138tower_3 演奏会までのちょっとの時間、138タワーパークに立寄りました。

138tower4_2

138tower3_3                                                      遠く伊勢湾が霞んでいます。

◎Bouquet des Tons の CD:Anthologie 好評発売中!
 

| | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »