« 2010年2月24日の《ポール・クローデルの『百扇帖』による二重奏詩》 | トップページ | ♪第17会柏フレンドリーコンサート 初夏を彩る音の花束 明日! »

2010年5月17日 (月)

愛と芸術が平和を守る

武力で平和は守れない。
イラク戦争の悲惨を想い起こして欲しい。その意味することが解らない方は綿井健陽氏のドキュメンタリー映画『Little Birds -イラク戦火の家族たち-』をぜひ観て欲しい。そして墓標に刻まれたことば「おとうさん泣かないで、わたしたちは天国の鳥になりました」を忘れないで欲しい。
人を殺すことは重罪だ。
戦争という殺人、死刑制度による死刑という殺人もまた。そして自殺も...。
生命としての人間は「自分」を遥かに超越しているのだ。人は生命としての自分自身について何もかも知り尽くしていると言えるのか?
動物は生存のためのプログラムが十全なので本能にしたがって生きていけるけれど、人間は元々本能が毀れているので文化を必要とする。プログラムが十全ではないので人間が存続するためには文化という共同幻想を必要とする。そんな人類に人間間での弱肉強食や淘汰説などは本質的に成立しがたいのだ。

戦争に依存した旧体制は自己崩壊を免れない体制だった。
私たちは今その崩壊に立会っている。

|

« 2010年2月24日の《ポール・クローデルの『百扇帖』による二重奏詩》 | トップページ | ♪第17会柏フレンドリーコンサート 初夏を彩る音の花束 明日! »

◦monologue intérieur」カテゴリの記事

おすすめ映画」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31162/49993304

この記事へのトラックバック一覧です: 愛と芸術が平和を守る:

« 2010年2月24日の《ポール・クローデルの『百扇帖』による二重奏詩》 | トップページ | ♪第17会柏フレンドリーコンサート 初夏を彩る音の花束 明日! »