« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月28日 (日)

☆『ラヴェルの墓』〜伝達可能な音楽への希求〜

「伝達可能な音楽」とはメシアンの語法で、それはカトリシズムにおける神学的言語の音楽化と言えるでしょう。
 大学時代にベートーヴェンのピアノソナタのアナリーゼで「音楽における表意性」とご講義されたのは間宮芳生先生でした。音楽が意味を伝達し得る。先生曰く、「ベートーヴェンの音楽 イコール イデオロギー」でした。

 私はカトリック信者でもベートーヴェンでもないし、音楽=イデオロギー と 頑なに思っているわけではありません(音楽の遊びの要素も大事という意味で)。しかし作曲家の仕事とは、生涯をかけて独自の言語体系を創り上げること、それに近いことなのではないかと思っています。まだまだ私はそれを成し遂げてはいません。しかし、それを目指してこれからも生きて行きたいと思います。
 それに、シャーマンが活躍していた先住民の時代から、音楽は演劇や舞踊と未分化なかたちで、意味を伝達し得ていたと思います。今、音楽を考えるときに、そのような根源的な意義を、音楽それ自体の中に蘇らせたい、と思っているのです。ただの懐古ではなく、現代にその意義を活き活きとしたかたちで蘇生させ、社会的なインパクトになるような「美」としたいのです。

 平和について考えます。
「平和」とは、「戦争のない世界」でなければ、それは自己中心的な偽善でしょう。
「自由と正義のために」武力で侵略し、殺戮 破壊を行うことが、決して平和に繋がり得ない。それはイラク戦争によって証明され、同盟国として加担してしまったこの国 日本によってもまた証明されることになるのではないでしょうか。

 国として殺戮に加担してしまったのであり、確実にイラクの民間の子供たちも親たちも「殺されてしまった」のであり、「取返しのつかないこと」を国は既にしてしまったのです。亡くなった人は還りません。

 一方国内では医療費が払えないお年寄りが病で亡くなられたり、自殺されたり(国内の自殺者数は年間3万人以上と言われています)、また、犯罪によっていのちを狙われたり、戦争に協力してしまったがために、「現代のワシントンの大首長」のように、ただ「同じ国だから」というだけで報復の対象とされたり、倒産やリストラで職を失う人が溢れ返りそうですし、やはり深刻な生存の危機に見舞われています。

 対外的な罪に加え、国内では国民が生存を脅かされるといった二重悪を犯している。結局、何一つとして良いことのない政治で、おかしいとは思いませんか? 

 未だにその政治責任も果たさず深い反省もないままの小泉政権(今もその延長に変わりない)も、その時に出された奇妙な裁判員制度も、決して許してはいけないと思うのです(アフガニスタンについても、それがたとえ給油だけだと言われていても)。これは別に偉くもなんともない極当たり前な極ふつうの人としての良心の問題だと思うのですが。

 権力の暴走と侵略への護符であった憲法をないがしろにしてしまった政治の罪は極めて重いと思います。

 しかし私がこのような意識に至ったのには、2003年の沼田鈴子さん、それに1997-98年の今は亡き鷲谷サトさんとの出会いが、強く影響しています。憲法の意義や大切さも、それまでは今ほどに解っていなかったでしょう。

 沼田鈴子さんについてのおすすめ本:「ヒロシマ 花一輪物語

 鷲谷サトさんについてのおすすめ本:「沖縄戦とアイヌ兵士

 関連既載記事:「三冊の本

 作曲進行中の『ラヴェルの墓』は、2006年7月に第一楽章“天国の鳥”が初演されました。もうすぐ完成する第二楽章“陽溜りの中で微笑む天使”が来年3月7日 ラヴェルの誕生日に初演が予定されています。

 標題付の多楽章の交響曲或いは交響詩の一楽章づつを発表しているような感覚ですが、編成はBouquet des Tonsのみなさんによるアルトフルート(第一楽章ではフルートでした) ヴァイオリン チェロ チェンバロによる四重奏です。

 曲は、上記の鷲谷サトさんのことが書かれている数少ない貴重な本「沖縄戦とアイヌ兵士」(橋本進氏編)をベースに、戦争と平和の過去 現在 未来を内的に把(とら)え、五つの楽章ごとに象徴される「意味」から、いのちの「祈り」へと至ること、「御水取り」の中心意義としての「悔過」に音楽で少しでも近づくことです。重いテーマですが、これこそ今、一音楽家が人としてやらなければならないテーマであると思います。aynu neno an aynu

 どうか完成をお守りください。

| | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

□新 月巡りの歌 その9 12月(...海と私〜挿話IV〜)

 毎月高橋喜治作曲の新作をPDFで無料配信するコーナー「新 月巡りの歌」の9回目。今回もピアノ独奏のための組曲「月巡りの歌」の最新作で、12月(...海と私〜挿話IV〜)です。

□新 月巡りの歌□のページはこちらです。
ダウンロード自由期間は来年1月25日までの予定です。

後記:これまで配信してまいりました□新 月巡りの歌□の曲すべてを含めてのことですが、もし発表をお考えくださる場合は、制限事項がありますので、必ずご連絡くださいますようお願い申上げます。

□新 月巡りの歌 その10

□新 月巡りの歌 その8

| | トラックバック (0)

☆小さな挿絵 II のプラン

 今月はじめに、季節外れの“春の雨”という生徒のための連弾曲を、来年の春休みの発表会のために書きました。これは<小さな挿絵>II(第2巻)のプランの一曲です。同じテーマによる幾通りかのヴァリアントを頭の中でですが既に考えています。
 <小さな挿絵>は既に全12曲が完成されていて、12曲を4つに分けてその内(1)=1〜4 (2)=5〜7 (4)=10〜12を□Amakane出版より販売しています((3)=8,9だけ訳あって未刊です)。この組曲はバラエティに富んではいますが、それもPrimoが生徒でSecondoが先生か、生徒でも上級の生徒のためを想定して書かれていますが、今度のプランの<小さな挿絵>II は、なるべく同レベルの生徒どおしで出来る曲を組みたいと考えています。
 第一巻同様に、日常の一瞬をとらえた挿絵のようなものを考えています。

| | トラックバック (0)

☆故郷の島

 アルトフルートは数ある楽器の中でももっともその音色が好きな楽器かも知れません。
 その音色はやさしいぬくもりのようで、人の声にもっとも近いのではないでしょうか。
 フルート奏者の内谷貴志さんのご依頼でフルート四重奏のための組曲《THE FLUTY TIME TRAVEL》を作曲中でしたが、mixiから「もうすぐお誕生日です」というお報せを頂き、アルトフルートデビュをなさったことと、淡路島ご出身ということを知って、何故か前々から燻っていた音楽へのある感情(ふるさと衝動ともいえるでしょうか?)が堰を切ったように溢れ出し、アルトフルートとギターのための「故郷の島」に成り、少し遅ればせながらの内谷さんへのお誕生プレゼントとさせて頂きました。
 第一楽章は、やわらかな中にも躍動感があり、鳴門の渦潮のような神秘的な激しさもある曲。
 第二楽章は、「ふるさとのモチーフ」とも言えるモチーフによる牧歌的な優しい曲で、合唱曲「父は空 母は大地」にその断片を、箏合奏曲「三つの影像第二集」第三曲“星めぐりの歌”にその変容を聴くことができるものです。
 第三楽章は、軽快な曲にしたいと思っています(実はこの楽章だけは未完成で、他の作曲との優先順位から完成は来年に持越です)。

| | トラックバック (0)

◎DVD:蓬瀛交響樂音樂會 ハートフルコンサートin台湾

 去る8月にピアニストの北絵三子さんが、高橋喜治作曲の組曲「月巡りの歌」より3月(...海の雪)を台湾各地で演奏してくださいましたが、そのコンサート(8.14の記事参照)の全容を収めたDVD(4枚組!)を2週間程前に送ってくださいました、ありがとうございました。
 北さんの演奏もさることながら子供たちの皆上手なこと! 希望の星たちの楽しい演奏、それに台湾の方々の演奏との心暖まる交流。こうした音楽による交流が平和の実現に繋がっていくことを期待してやみません。
 3月(...海の雪)とは、私がアイヌモシリを訪れて実際に観た白老の雪降る海の印象を基に作曲した作品ですが、アイヌ民族の歴史的悲劇に対する言いようのない気持ちを、そのとてつもなく美しい風景に重ね合わせて曲にしたのでした。この曲を選んでくださったことを光栄に思います。

| | トラックバック (0)

メリークリスマス!

 皆さんにとって良いクリスマスでありますように。

12月(...ツリーを飾ろう!)♪ 〜「月巡りの歌」より

小さな木〜Tinkle Tree〜♪ 〜「ノエル組曲」より

雪の子供

| | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

♪ふたつのクリスマスコンサート

今週末に催されるふたつのクリスマスコンサートのご案内です。

♪くるみ割り人形

20081213_4 ▼日時 2008年12月13日(土) 14時開演
▼会場 カメリアプラザ 亀戸文化センター カメリアホール
▼チケット ティアラ友の会¥1800
           一般¥2000
         小中学生¥1000
 チケット取扱い・お問合せ:亀戸文化センター03-5626-2125
▼出演 エアリーフルートカルテット
    山口 由里子/朗読
    北野 誠人/構成・演奏
    他

詳細→こちらをご覧ください。



こどもとおとなのためのあしたの国 クリスマスコンサート
20081214_2 ▼日時 2008年12月14日(日) 13時半開演(12時半〜クリスマスミニバザー)
▼会場 ユートピア笠森 Tel:0475-46-2381
▼チケット 前売り ¥1800(一般) ¥1500(NPO会員) ¥800(子供)
       当日 ¥2000(一般) ¥1500(NPO会員) ¥1000(子供)

▼主催・お問合せ NPO法人あしたの国まちづくりの会

▼出演 Bouquet des Tons関連サイト

詳細はこちらをご参照ください。

| | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »