« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月29日 (火)

♪風と花のコンサート

 以前お伝えした演奏者と曲目に変更が生じましたのでお知らせします。
 出演予定だった北崎雅子さんは小野直子さんに代わり、プログラムに予定されていた寮美千子さん作詞の季節の子供シリーズと編曲作品であるアイヌ民謡集の発表はなしになりました。

 チラシが到着しましたので内容を発表します。尚、詳細はこちらをご参照ください。

 このコンサートでは、企画・構成・主催をしてくださったピアニストの北絵三子さんによりプログラムの第2部に高橋喜治の作品集が大々的に組まれ、今までコンサートで発表されることのなかった連弾組曲の「小さな挿絵」の中の“ミンク”や“遠くの雉”や“プップー、パッパーまたは都市の喧騒の中に彷徨い現れたヒポロロ”などが西佳奈子さんとの連弾で発表される予定です。また、当コンサートのために委嘱を受け同名の自作を編曲した“YAISAMANENA”(version 22) の初演が予定されています。それに、特別出演としてピアニストの奈良英子さんによる“6月(...風のおしえ)”他の再演のコーナーもあります。

★出演 小野 直子/Sop 西 佳奈子/Pno 北 絵三子/Pno

★特別出演 奈良 英子/Pno

▼日時 2008年5月31日(土) 15時開演
▼会場 果樹農園 森の風「森の集会場」
▼入場料 2000円(全自由席)
▼主催 「風と花のコンサート」実行委員会
▼協力 森の風 未来工房 Music Joy なかつ

 チケットお申し込み 080-5606-1590(事務局) 0979-72-1563(森の風)

| | トラックバック (0)

☆編曲 バッハ:Ricercare 完成

 今頃は長野の高野辰之館での演奏会を終えてくつろいでいる頃であろうBouquet des Tons のための バッハのRicercare の編曲が完成しました。7月25日すみだトリフォニー小ホールで当アンサンブルによって初演が予定されています(コンサート案内)。

| | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

♪Bouquet des Tons 長野演奏旅行 4.28〜5.4

 バロック音楽から現代音楽まで幅広いレパートリーを持つ室内アンサンブルBouquet des Tonsの長野演奏旅行、今年は明後日28日から5月4日まで。高橋喜治作曲“森と海と子供たちの未来への前奏曲”(トリオ版)が29日高野辰之記念館で発表される他、「季節の歌」(日本の歌などの編曲)シリーズが取り上げられる。詳細はBouquet des Tonsのコンサート案内のページをご参照ください。

| | トラックバック (0)

□新 月巡りの歌 その1 2月(...春の嵐)

 

作曲家高橋喜治のホームページ開設4周年(一昨日)に当っての新コーナー「新 月巡りの歌」その一はピアノ組曲「月巡りの歌」より“2月”(...春の嵐)です。

 



 2008年5月25日延長:6月28日までダウンロード自由。終了しました

□新 月巡りの歌 その2と3

| | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

☆Barocco 20回記念を迎えるBouquet des Tonsの演奏会

 2000年の正月にヴァイオリンの飯島多恵さんから「春の小川」(♪試聴♪)の編曲を依頼されて以来、もうかれこれ7年以上のお付合いになる室内アンサンブル Bouquet des Tons の演奏会が、来る7月25日で20回を迎える。20回記念委嘱新作の正式タイトルを今日主催者に告げた。Barocco。

 混迷する現代とバロック音楽の原初的有り様とがリンクした時、その激しい共振、或いは不協和からの激しいうねりのようなものを同時に感じながら新しい音楽を発想している。

 他にバッハのリチェルカーレの編曲も頼まれている。

 そしてこの20回記念では、2004年に発表された「オーヴェルニュの歌」の再演も予定されている。「オーヴェルニュの歌」はカントルーブの作品の魅力に加え、Bouquet des Tonsの演奏家の魅力も十二分に発揮される編曲であると自負している。

 Bouquet des Tons のページ

| | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »