« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月29日 (木)

♪「月巡りの歌」より12月(...Jumelles de Noël)

 来る12月2日、BDT(=Bouquet des Tons)によるクリスマスコンサートで高橋喜治作曲のピアノ組曲「月巡りの歌」から12月(...Jumelles de Noël)が、猿渡紀子さんのチェンバロ独奏で発表されると、ご連絡頂きました。
 この小品は2002年に女優の山口由里子さんとフルートの齊藤佐智江さんのお二人による朗読コンサートユニットのテーマ曲として作曲したものです。山口さんが好きなオルゴールのイメージで作曲しましたが、チェンバロでは途中でリュートストップに切り替える時のギーッとかいう音が一層オルゴールの機械仕掛の感じを醸し出すようです。

12月(...Jumelles de Noël)
 □楽譜  ♪試聴♪

| | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

◇mixi始めました

 

mixi始めました。当面はこの風の耳と連動していきます。

| | トラックバック (0)

♪CHRISTMAS CONCERT〜エアリー・フルート・カルテット

 フルートの齊藤佐智江さんのフルートアンサンブルエアリー・フルート・カルテットのクリスマスコンサートで山の子供[3Fl,Fl.cont]が発表されます。

 山の子供は元は詩人で作家の寮美千子さんの詩に曲を付けたものですが、既にソプラノとピアノ ヴォーカルとピアノ Bouquet des Tonsのために書いたフルートとヴァイオリンとピアノのトリオ(♪試聴♪)のスコアがあります。まるで「風の音楽」とも言えるようなフルートアンサンブルの独特なサウンドで、また違った趣で聴くことができるでしょう。

 ぜひお聴きにお出かけください。

▼時 2007年12月9日(日) 2回公演 (1)13時半開演 (2)16時開演
▼所 アコルデ喫茶室 西武池袋線 東久留米駅下車
▼入場料 2500円(ケーキ、お茶付き)
▼お問合せ アコルデ:0424-73-4496(岸)
 主催 アコルデ

プログラム

スメタナ  モルダウ
バッハ   G線上のアリア
ベルトミユ 猫
高橋喜治  山の子供
鉛の兵隊
さんぽ
大きな古時計
風の丘
サンタが町にやってくる
クリスマスメドレー


| | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

♪「風と花のコンサート」に奈良英子さん特別出演

 来年5月31日の北絵三子さん主催の“風と花のコンサート”(記事参照)には北さんご自身の他ピアノの西佳奈子さんとソプラノの北崎雅子さん(後註)がご出演されることは既にお伝えしていましたが、この方々の他になんと特別出演として、奈良英子さんをお招きされるということです。奈良英子さんには先日のお月さまのかおで発表された<月巡りの歌>から6月(...風のおしえ)と、それに献呈作品である9月(...猿田彦の夢)をリクエストくださるそうです。


後註:出演予定だった北崎雅子さんは小野直子さんに変更になりました(08.4.29の記事)。

| | トラックバック (0)

☆YAISAMANENA version 22 完成

 ピアニスト(兼チェンバリスト)の北絵三子さんの依頼による YAISAMANENA version 22 (飯島星/作詞)が昨日完成しました。来年5月31日の北絵三子さん主催のコンサート(記事参照)で初演される予定です。曲は出演者全員(ソプラノ/北崎雅子さん、ピアノ連弾/北絵三子さん・西佳奈子さん)※ のための編成のものです。


※後註:この皆さんの他に奈良英子さんの特別出演が予定されています(記事参照)

| | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

♪Bouquet des Tons の クリスマスコンサートと長野ツアー

 高橋喜治作曲の“花の子供”“雪の子供”、それに作/編曲の<クリスマス組曲>が発表されるお馴染のBouquet des Tonsによるクリスマスコンサートが来月2日(日)に茂原であります。それに葦笛舎室内楽シリーズの日本の歌の編曲の幾つかが今月10日〜12日の長野ツアーで演奏されます。詳しくはこちら

♪フルート、ヴァイオリン、チェンバロによるクリスマスコンサート

 ▼時 2007年12月2日(日)14:00開演
 ▼所 茂原昇天教会(JR茂原駅より徒歩10分)
 ▼入場料 2300円(高校生以下1300円)
      前売り2000円 高校生以下1000円
      友の会会員1800円
      お問合せE-MailBouquet des Tons


  

| | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »