« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月20日 (月)

〜真夏の夜のコンサート〜『語りと音楽の夕べ』今日

日本橋三井タワー アトリウムコンサート
〜真夏の夜のコンサート〜『語りと音楽の夕べ』

映画「戦場のピアニスト」の原作に基づく朗読と音楽による無料コンサートであるそうです。出演者は知る人ぞ知る私の尊敬するお馴染の最強メンバーです(下記)。

▼時 今日=2007年8月20日(月)18:30〜
▼所 日本橋三井タワー 1階 アトリウム
▼お問合せ 中央オフィス 03-3246-3450

出演

 語り:稲垣 隆(劇団民藝)
 ピアノ:奈良 英子(ピアニスト)
 フルート・篠笛:西川 浩平(日本音楽集団・元大阪フィル首席)
 チェロ:金木 博幸(東京フィル首席)

| | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

♪ぼっくすおふぃす・朗読さろん Vol.5 お月さまのかお

Otsukisamanokao 構成・演出 神品 正子
音楽    高橋 喜治

出演    多希 まゆ美/朗読
      奈良 英子/ピアノ
      齊藤 佐智江/フルート

第一部 フルートとピアノが奏でるお月さま
      高橋喜治作曲 ピアノ組曲「月巡りの歌」より
             フルートとピアノのための「星の音楽」
             他

第二部 音楽と朗読によるお月さま
      ゲルダ・マリー・シャイドル作 神品友子訳「お月さまのかお」


▼時 2007年10月12日(金)
▼所 代々木上原 ムジカーザ
▼入場料金 2500円(全自由席)
▼お問合せ ぼっくすおふぃす
      Fax 03-3423-7075(24時間受付)
      E-Mail info@boxoffice

チラシPDFをダウンロード

 

| | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

「長崎平和宣言」

今日(長崎原爆の日)田上富久長崎市長により発表された長崎平和宣言を「長崎平和宣言」のホームページより全文を引用させて頂きます。


 「この子どもたちに何の罪があるのでしょうか」
 原子爆弾の炎で黒焦げになった少年の写真を掲げ、12年前、就任まもない伊藤一長前長崎市長は、国際司法裁判所で訴えました。本年4月、その伊藤前市長が暴漢の凶弾にたおれました。「核兵器と人類は共存できない」と、被爆者とともに訴えてきた前市長の核兵器廃絶の願いを、私たちは受け継いでいきます。

 1945年8月9日、午前11時2分、米軍爆撃機から投下された1発の原子爆弾が、地上500メートルで炸裂しました。
猛烈な熱線や爆風、大量の放射線。
 7万4千人の生命が奪われ、7万5千人の方々が深い傷を負い、廃墟となった大地も、川も、亡骸で埋まりました。平和公園の丘に建つ納骨堂には、9千もの名も知れない遺骨が、今なお、ひっそりと眠っています。

 「核兵器による威嚇と使用は一般的に国際法に違反する」という、1996年の国際司法裁判所の勧告的意見は、人類への大いなる警鐘でした。2000年の核不拡散条約(NPT)再検討会議では、核保有国は、全面的核廃絶を明確に約束したはずです。
 しかしながら、核軍縮は進まないばかりか、核不拡散体制そのものが崩壊の危機に直面しています。米国、ロシア、英国、フランス、中国の核保有5か国に加え、インド、パキスタン、北朝鮮も自国を守ることを口実に、新たに核兵器を保有しました。中東では、事実上の核保有国と見なされているイスラエルや、イランの核開発疑惑も、核不拡散体制をゆるがしています。
 新たな核保有国の出現は、核兵器使用の危険性を一層高め、核関連技術が流出の危険にさらされています。米国による核兵器の更新計画は、核軍拡競争を再びまねく恐れがあります。
 米国をはじめとして、すべての核保有国は、核の不拡散を主張するだけではなく、まず自らが保有する核兵器の廃絶に誠実に取り組んでいくべきです。科学者や技術者が核開発への協力を拒むことも、核兵器廃絶への大きな力となるはずです。

 日本政府は、被爆国の政府として、日本国憲法の平和と不戦の理念にもとづき、国際社会において、核兵器廃絶に向けて、強いリーダーシップを発揮してください。
 すでに非核兵器地帯となっているカザフスタンなどの中央アジア諸国や、モンゴルに連なる「北東アジア非核兵器地帯構想」の実現を目指すとともに、北朝鮮の核廃棄に向けて、6か国協議の場で粘り強い努力を続けてください。
 今日、被爆国のわが国においてさえも、原爆投下への誤った認識や核兵器保有の可能性が語られるなか、単に非核三原則を国是とするだけではなく、その法制化こそが必要です。
 長年にわたり放射線障害や心の不安に苦しんでいる国内外の被爆者の実情に目を向け、援護施策のさらなる充実に早急に取り組んでください。被爆者の体験を核兵器廃絶の原点として、その非人道性と残虐性を世界に伝え、核兵器の使用はいかなる理由があっても許されないことを訴えてください。

 爆心地に近い山王神社では、2本のクスノキが緑の枝葉を大きく空にひろげています。62年前、この2本の木も黒焦げの無残な姿を原子野にさらしていました。それでもクスノキはよみがえりました。被爆2世となるその苗は、平和を願う子どもたちの手で配られ、今、全国の学校やまちで、すくすくと育っています。時が経ち、世代が代わろうとも、たとえ逆風が吹き荒れようとも、私たちは核兵器のない未来を、決して諦めません。

 被爆62周年の原爆犠牲者慰霊平和祈念式典にあたり、原子爆弾の犠牲になられた方々の御霊の平安をお祈りし、広島市とともに、核兵器の廃絶と恒久平和の実現に力を尽くしていくことを宣言します。

                  2007年(平成19年)8月9日 
                     長崎市長 田 上 富 久


続きを読む "「長崎平和宣言」"

| | トラックバック (0)

松村禎三先生死去

6日、広島原爆記念日に、作曲家の松村禎三先生がお亡くなりになりました。
私が先生の音楽を最後に聴いたのは、黒木和雄監督の映画「父と暮せば」の映画音楽ででした〘映画が上映された岩波ホールでお見受けした黒木和雄監督もその上映から間もなくしてお亡くなりになられたことを後で知りました(去年の4月12日)〙。
これは全く個人的な思いですが、何か不思議な符合を感じます。けっして忘れることのないご命日になってしまいました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

| | トラックバック (0)

「平和宣言」2007.8.6

 秋葉忠利広島市長による「平和宣言」を広島市のホームページから全文を以下に引用させて頂きます。(8月6日 広島市 平和記念式典)

平 和 宣 言

 

運命の夏、8時15分。朝凪(あさなぎ)を破るB-29の爆音。青空に開く「落下傘」。そして閃光(せんこう)、轟音(ごうおん)——静寂——阿鼻(あび)叫喚(きょうかん)。

落下傘を見た少女たちの 眼(まなこ)は焼かれ顔は爛(ただ)れ、助けを求める人々の皮膚は爪から垂れ下がり、髪は天を衝(つ)き、衣服は原形を止めぬほどでした。爆風により潰 (つぶ)れた家の下敷になり焼け死んだ人、目の玉や内臓まで飛び出し息絶えた人——辛うじて生き永らえた人々も、死者を羨(うらや)むほどの「地獄」でし た。

14万人もの方々が年内に亡くなり、死を免れた人々もその後、白血病、甲状腺癌(こうじょうせんがん)等、様々な疾病に襲われ、今なお苦しんでいます。

それだけではありません。ケロイドを疎まれ、仕事や結婚で差別され、深い心の傷はなおのこと理解されず、悩み苦しみ、生きる意味を問う日々が続きました。

しかし、その中から生れたメッセージは、現在も人類の行く手を照らす一筋の光です。「こんな思いは他の誰にもさせてはならぬ」と、忘れてしまいたい体験を語り続け、三度目の核兵器使用を防いだ被爆者の功績を未来(みらい)永劫(えいごう)忘れてはなりません。

こうした被爆者の努力に もかかわらず、核即応態勢はそのままに膨大な量の核兵器が備蓄・配備され、核拡散も加速する等、人類は今なお滅亡の危機に瀕(ひん)しています。時代に遅 れた少数の指導者たちが、未だに、力の支配を奉ずる20世紀前半の世界観にしがみつき、地球規模の民主主義を否定するだけでなく、被爆の実相や被爆者の メッセージに背を向けているからです。

しかし21世紀は、市民 の力で問題を解決できる時代です。かつての植民地は独立し、民主的な政治が世界に定着しました。さらに人類は、歴史からの教訓を汲んで、非戦闘員への攻撃 や非人道的兵器の使用を禁ずる国際ルールを築き、国連を国際紛争解決の手段として育ててきました。そして今や、市民と共に歩み、悲しみや痛みを共有してき た都市が立ち上がり、人類の叡智(えいち)を基に、市民の声で国際政治を動かそうとしています。

世界の1698都市が加盟する平和市長会議は、「戦争で最大の被害を受けるのは都市だ」という事実を元に、2020年までの核兵器廃絶を目指して積極的に活動しています。

我がヒロシマは、全米 101都市での原爆展開催や世界の大学での「広島・長崎講座」普及など、被爆体験を世界と共有するための努力を続けています。アメリカの市長たちは「都市 を攻撃目標にするな」プロジェクトの先頭に立ち、チェコの市長たちはミサイル防衛に反対しています。ゲルニカ市長は国際政治への倫理の再登場を呼び掛け、 イーペル市長は平和市長会議の国際事務局を提供し、ベルギーの市長たちが資金を集める等、世界中の市長たちが市民と共に先導的な取組を展開しています。今 年10月には、地球人口の過半数を擁する自治体組織、「都市・自治体連合」総会で、私たちは、人類の意志として核兵器廃絶を呼び掛けます。

唯一の被爆国である日本 国政府には、まず謙虚に被爆の実相と被爆者の哲学を学び、それを世界に広める責任があります。同時に、国際法により核兵器廃絶のため誠実に努力する義務を 負う日本国政府は、世界に誇るべき平和憲法をあるがままに遵守し、米国の時代遅れで誤った政策にははっきり「ノー」と言うべきです。また、「黒い雨降雨地 域」や海外の被爆者も含め、平均年齢が74歳を超えた被爆者の実態に即した温かい援護策の充実を求めます。

被爆62周年の今日、私たちは原爆犠牲者、そして核兵器廃絶の道半ばで凶弾に倒れた伊藤前長崎市長の御霊(みたま)に心から哀悼の誠を捧(ささ)げ、核兵器のない地球を未来の世代に残すため行動することをここに誓います。

2007年(平成19年)8月6日
                    広島市長 秋 葉 忠 利


続きを読む "「平和宣言」2007.8.6"

| | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »