« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005年1月20日 (木)

ラシエット・ポエトリー・リーディング No.7

 相模大野の料理のとても美味しいカフェレストラン“ラシエット”で開かれているポエトリー・リーディングの紹介です。
 今日で7回目を数えるこの詩の朗読会は、ラシエットのママさんとママさんと親しい詩人で作家の寮美千子さんとが中心となって始めた会であるらしいのです が、オープンマイクで誰でも参加出来ます。僕は寮さんの詩に作曲させて頂いている関係から寮さんからお誘いがあり、これまでに即興ピアノで寮さんの詩や小 説のリーディングと共演したり、参加者のリクエストに応えてやはり即興ピアノで合わせたりと、そんなとてもスリリングな体験をしたり、自らもリーディング で参加したりもしています。毎回いろんな出会いと発見がある会です。
 モンゴルは詩の大国です。誰もが子供のときから詩を嗜み、ラヴレターに 何かのお祝いに 何かへの批判に 誰かへの感謝に.....と、詩が誰にとっても日常的に身近な国であるそうなのですが、この日本もまんざらではないのでは。僕の身の回りでも詩を書いてい る人は結構いる。友人にもいるし僕の姉も隠れ詩人である。このラシエットのポエトリーリーディングへも毎回いろんな方がやってくるようです。サラリーマン 詩人 アナウンサー ピアニスト 本屋さん 通りすがりの人 酔っぱらい などなど.... 
 作曲が聴こえない 音なき音 を聴き それを楽譜に定着させることであるならば、詩はやはり聴こえない 声なき声 を聴き それを言葉に定着させることであるかもしれない と僕は考えている。作曲も作詩もその根源は同じで、極めて人間的な契機に基づく行為であり、そしてそこはボーダレスの世界だ。
 誰でも参加出来る。そういえば以前、病で外出出来ない方のお友達に依頼しての「遠隔参加」もありました。
 詩的欲求を抱いている皆さん、あるいは何かが生まれる瞬間に立ち会いたい方、是非ラシエットへ足をお運びください。

▼ラシエット ポエトリー・リーディング No.7

 日時:1月20日(木) 19:00〜22:00 (今夜です!!)
 場所:カフェレストラン「ラシエット」 (小田急線相模大野 徒歩3分)
    神奈川県相模原市相模大野 3-5-3 電話 042-746-3737
 料金:参加費:1ドリンクつき1000円
 主催:ラシエット  メール info@lassiette.jp

後記:この回(No.7)は終了しましたが、この後も引き続き毎月第3木曜日の19時から開かれています

| | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »