« 永遠の響き〜追悼 金田真一 | トップページ | Amicizia ジョイント・コンサート〜深まりゆく秋とともに〜 »

2004年7月23日 (金)

オーヴェルニュの歌(1)

 先日(7月11日 墨田トリフォニー小ホール)室内アンサンブルのBouquet des tons の委嘱で編曲したカントルーブの「オーヴェルニュの歌」が初演された。これは作曲家のカントルーブが郷里のオーヴェルニュ地方の民謡を採取したものをソプラノと管弦楽のために編曲したものに基づくもので、つまり編曲の編曲ということになる。ただし、「編曲」と称される分野にはいろいろあって、このカントルーブの場合、これはもうカントルーブという作曲家の作品であると言える次元のものであるだろう。今回の僕の「編曲」とは、あくまでもそのカントルーブの内容に沿ったもので、ほぼ、異なる編成のためだけの編曲であると言える。つまり別の「編曲」の可能性として、カントルーブは無視して、同じ民謡のメロディーに全く異なる編曲を施すこともあり得たのである。例えばベリオによってなされているキャシー・バーベリアンのための「フォーク・ソングス」の中でのように。それは楽器編成のみならず和声付けも異る「ベリオの作品」となっている。でも今回そのようなことはしなかった。
 僕がそのような「編曲」をしなかったのは、依頼主のBouquet des tons(以下BDTと略記)からそうした求めがなかったことにもよるが、僕自身もそれはしたくなかった。全5巻27曲すべてを、(いや、それに留まらず、カントルーブはこのオーヴェルニュ地方の民謡の他にバスク地方の民謡も採取編曲しているのだが、それらも含めて)やらせてください、と無理を承知で言ったほど僕はこのカントルーブの作品をかなり愛しているのだ(バスク地方のも含めてと言ったのには別の理由もあるが、それについてはラヴェルについてのエッセイの時に譲る)。
 ともかく、編曲の参考のために、あらためて何度も何度も「オーヴェルニュの歌」を聴く時間が持てた。かなり幸せな仕事だった。前から思っていたことだが、全曲を通して聴いていると、これは羊飼いたちのオペラなのではないか、という気がしてくる。
 真っ先に編曲したいと思った歌がある。でも、すぐに断念した。「バイレロ」。
 この音楽(カントルーブのオーケストレーション)からは、山々の間から草原に差す明るい陽光や川のせせらぎや羊飼いの笛なんかが聴こえてくる。BDTの編成では全く別世界になってしまうだろう。
「羊飼いさん、野は花盛り。こっちへ来ない?」
「川が二人を隔てて渡れない」
 川を挟んでの問答歌だ。
「バイレロ」を聴くと、歌とは瞬間の永遠化なのだと思えてくる。(つづく) 

 

|

« 永遠の響き〜追悼 金田真一 | トップページ | Amicizia ジョイント・コンサート〜深まりゆく秋とともに〜 »

Bouquet des Tons」カテゴリの記事

★編曲」カテゴリの記事

はるあんノート - 作品 -」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31162/58665148

この記事へのトラックバック一覧です: オーヴェルニュの歌(1):

« 永遠の響き〜追悼 金田真一 | トップページ | Amicizia ジョイント・コンサート〜深まりゆく秋とともに〜 »